【怖い話】実話怪談|長編「城跡公園の夜桜」千葉県の不思議体験談

投稿者:ゆきお さん(20代/女性/主婦/東京都在住)
体験場所:千葉県S市 某公園

これは、私が中学2年生になった春の話です。

春になると毎年、家族4人で花見に行っていました。

当時私が住んでいた千葉県のS市には、城跡を公園にした有名な花見スポットがあります。

広い公園にたくさんの桜が植っていて、花見の季節には本当に綺麗で、朝から晩まで人が溢れ、屋台なども出て賑わっています。

公園に隣接している広い駐車場にも車が停められないくらいの人が訪れるので、近くのスーパーに車を停めて、わざわざ数十分も歩いて行く人も珍しくありませんでした。

有名花見スポット
image photo

その日はちょうど良いポカポカ陽気でした。

家族で買い物に出かけた際に、目に入った公園の桜が満開で、あまりに綺麗だったので私は思わず父と母に「今日花見をしよう!」と提案していました。

その提案はすんなり受け入れられ、買い物後に一旦家に戻り、買い物の荷物を降ろしてから再び公園に花見に向かうことになりました。

しかし、父の買い物が思った以上に時間がかかり、家路に着くころには日も暮れかけた夕方になってしまいました。

買い物後、家に向かう車内で「花見は延期しよう。」と父から言われ、私はとてもガッカリしました。

その時、後部座席にいた小学高高学年になった弟が「夜に行けば良いんじゃない?」と言いました。

我家では、父が夜の外出を固く禁じていたため、どうせ無理だろうと思っていましたが、意外なことに、あっけらかんと「そうするか。」と父が言うのです。

(え?いつもなら我慢しろって怒るのに…)と思いましたが、今思えば、父は昼の花見の混雑に巻き込まれるのが嫌だったのかもしれません。

「夜だと屋台はないけど、いいのか?」「大丈夫!」という父と弟のやりとりを聞きながら、車の後部座席から外を見ると、辺りはすっかり日が沈んでいました。

一度家に帰り荷物を置き、再び公園へ向け出発。

有名な桜のスポットですから、夜とは言え沢山の人出だろうと思っていましたが、駐車場には車はまばらで全く混雑した様子はありません。

「今日来てラッキーね」と言う母の言葉と共に駐車場に車を止め、公園につながる大通りを家族で歩き始めました。

公園に入ると視界はより暗くなり、街灯がないと足下が見えないくらいです。

肝心の夜桜はと言うと、ところどころに立っている街灯の、光が当たる部分だけがほんのり桜色に照らされ、他は全て真っ暗という、何とも綺麗とは言い難い景色でした。

「夜桜どころか道も見えないな。」と父が言い始め、母も「なんか思ってたのと違うわね。」と二人してブツブツと文句を垂れ流しながら、私たちは一番大きな桜がある場所を目指して歩きました。

「お、ここは綺麗だな。」

と、父がその公園で一番大きな桜の木がある場所を見つけ言いました。

一番大きな桜の木
image photo

そこは広く開けた場所で、大きな桜の木が一本そびえ立っていて、夜桜用のライトアップがされていました。

屋台がないので本当に桜を見るだけでしたが、私は人生で初めての夜桜体験に興奮して、パシャパシャと携帯で写真を撮りまくりました。

「そろそろ帰るか。」の父の声で、私たちはその場を後にし、駐車場へ向かって歩き始めました。

帰り道は来た道を戻れば良かったのですが、夜の公園にはあまり来たこともなかったので、少し探検しながら帰ることになりました。

言い出しっぺの父を先頭に、私・母と弟の順で、街灯の少ない暗い道を歩きます。

しばらくして目が暗闇に慣れてくると、私も不思議と楽しくなってきてペチャクチャと父と喋りながら歩きました。

しかし、しばらく歩いても全く駐車場に着きません。

疲れてみんなの口数も次第に減り出した頃、私たちはだんだんと不安になってきました。

案の定、私たちは道に迷っていました。

とても広い公園で、ましてや慣れない夜道でしたので、しょうがないことだったのかもしれません。

すると、ちょうど公園に設置されている地図を発見しました。

「良かった~」と私は安心し、父に帰り道のルート検索を任せて、父の後を追うようにまた歩き始めました。

意外と今いる場所から駐車場までは近いようで、「5分くらいでつくんじゃないかな、大通りじゃない道だけど。」と言う父の言葉を励みに、母と私と弟は疲れた足を一生懸命動かしました。

しかし、父は公園のメインの道から少し外れた細い小道にどんどん入っていくので、(また道迷ってるんじゃ?)と不安に思っていると、一本の赤い小さな橋が見えてきました。

赤い小さな橋
image photo

和風で小ぶりな橋で、落ちないか少し心配になるくらい頼りない橋です。

橋の先は突き当たって左に曲がる道でした。

突き当たったスペースには、公園によくあるような大きなゴミ箱があります。

その横には、ゴミ箱と同じくらいの大きさの、青白い光がぼや~と光っていて、その場所だけクッキリと見えたのです。

ゴミ箱横の青い光
image photo

(小さい街灯かな?でも設置場所おかしくね?)

そんなことを思いながら突き当りを曲がると、ようやく駐車場がありました。

直ぐに車に乗り込んで、私たちはやっとの思いで帰路につきました。

疲れのせいもあってか、帰りの車内はシ~ンと静まり返っています。

父が「いや~ずいぶん歩いて疲れたな。やっぱ昼間の方がいいね。」と言い、

私も「たしかに。ちょっと疲れたよね。」と言うと、

弟が「僕、もう夜に桜みたくない。」と言い出しました。

「どうして?疲れたけど、結構綺麗だったじゃない。」との母の言葉に、

「だって、女の人がこっち見て笑うんだもん。気持ち悪いよ。」

と弟が言うです。

「だれだよ女の人ってw 誰ともすれ違ってないじゃん。」

と私が思わず口にすると、

「橋を渡ったところにいたよ。僕たちを見てた。」

弟の話をよく聞くと、橋を渡ったところのゴミ箱の横に、着物を着た髪の長い女の人がしゃがんだ状態でこちらを見ていた、と弟は言うのです。

ゴミ箱横の着物の女性
image photo

私はゴミ箱の横にぼんやりと光っていた何かを思い出し、「もしかして、あれが着物の女の人?」と聞くと、

父が「ゴミ箱はあったけど、その横になんて何もなかったぞ。それに光ってもいなかったし」と言い放つのです。

私が見た青い光は、父には見えてなく、弟には髪の長い着物の女がニタニタ笑った姿に見えていたのです。

車内のムードは暗くなり、どことなく薄気味悪い空気が淀んでいました。

その後も弟は、真剣に「絶対に見た。目があった。」と言い続けましたが、私たちは気味が悪く、誰も弟の話を取り合いませんでした。

翌日のことです。

私は、前日の公園での体験が妙に気になり、その公園近くに住む友人に話してみたんです。

すると、

「何年もあそこで遊んでるけど、そんな橋なんて見たことないよ。嘘ついてる?」

と言われてしまいました。

私は驚きました。

確かに、私たち家族はあの小道の先の赤い橋を渡って駐車場にたどり着いたんです。

でも公園をよく知る友人は、そんな橋はないと言う。

もしかしたら、弟が髪の長い着物の女性に見えたと言うあの青い光だけじゃなく、その手前の赤く小さな橋までもが幽霊だったのでしょうか?

よく考えてみると、夜とは言え桜が満開の時期にあそこまで人が少ない公園もおかしいような気もします。

もしかしたら、もっと前から私たち家族は幻の中を歩いていたのでしょうか?

しかもその友人が言うには、そこはかつての処刑台の跡とか池に幽霊が出るという不気味な噂もあり、心霊スポットとしても割と有名な場所らしい。

よくよく考えたらそこは城跡。

(昔はここで、何人も人が死んでるのかもしれないな~)と思うと、何だか不気味で、それ以来その公園には足を運んでいません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました