【怖い話】実話怪談|短編「狐の祟り」茨城県の心霊体験談

投稿者:とくちゃ さん(26歳・男性・会社員・神奈川県在住)
体験場所:茨城県 某市役所

これは母から聞いた話です。

母は茨城県某市の市役所で受付として働いています。
ある日いつものように受付で待機していると、70代くらいのおじいさんが役所にやって来たんだそうです。
おじいさんは役所での用事を終えると、帰り際に母のもとに来て、ある話しを聞いて欲しいと声をかけてきたそうです。

話を聞いて欲しい
image photo

母はいきなり声を掛けてきたおじいさんを不審に思いつつも、
「…少しなら」
と、話しを聞いてみることにしたそうなんですが…
どうやらおじいさんは、近頃体験した不思議な話をどうしても誰かに聞いて欲しかったようなのです。

(ここからはおじいさんの話し)

話し始めるおじいさん
image photo

おじいさんの自宅は山の麓にあり、先祖代々の大きな畑を持っているということでした。
普段は農家として作物を育てて生計を立てており、息子や奥さん、それと親せきと一緒に畑を共有して耕しているとの事です。

農家を営む
image photo

ある夏の日の早朝、親せきのAさんが畑を見に行くと、大切に育てた作物が食い荒らされていました。無事な作物も少なからずあったものの、ひどい有様です。

食い荒らされた畑
image photo

「きっと山から降りてきた動物に畑は荒らされてしまったんだ…」
と、原因が分かったところで畑が元に戻るわけではなく、一同ガックリと肩を落としたそうです。

その後も動物に畑を荒らされる日々が続きました。

ある日、ついにAさんが
「動物用の罠を仕掛けて捕まえてしまおう」
と言い出しました。

罠を仕掛けて捕えてしまおう
image photo

おじいさんや息子は少しかわいそうだと思いつつも、
(畑を守るためには仕方ない…)
と思い直し、そのアイデアを受け入れました。

早速その日のうちに畑に罠を仕掛けました。

翌朝、畑に向かうと、罠に一匹の狐がかかっていました。

罠に掛かった狐
image photo

「狐の仕業だったのか!!」と、怒気をはらんだ声を出したAさんは、「この野郎!」と鍬を振り回し、罠にかかった狐を殺してしまったのです。

その痛め付け方はあまりに酷く、残虐なその光景は見ていられない程でした。

鍬を振り下ろす
image photo

(何もそこまでしなくても…)
おじいさんはそう思いましたが、激昂するAさんを止めることはできず、ただ見ていることしかできなかったそうです。

その翌朝…
おじいさんが畑仕事に出ると、いつもは一番初めに来ているはずのAさんがその日はまだ来ていません。

おかしいなと不審に思いAさんに電話をかけてみるのですが繋がりません。
心配に思ったおじいさんは、Aさんの自宅に行ってみることにしました。

Aさんの家に到着しておじいさんは驚きました。
家の周りには、おびただしい数の動物の足跡が残っているんです。

動物の足跡
image photo

驚いたおじいさんは急いで母屋へ向かうと、玄関にAさんが苦しそうに倒れ込んでいました。

Aさんはうなされながら、
「きつねが。きつねが・・・」
と呻き声をあげています。

A「きつねが…」
image photo

「これはいかん!」
おじいさんはすぐに救急車を呼び、Aさんは病院に運ばれ早急に治療が施されました。
その結果、Aさんはどうにか九死に一生を得たのだそうです。

人心地ついたおじいさんは、昨日のAさんの行為も鑑みて、
(これは狐の祟りではないか?)
と考えた末、その地域にまつわる歴史まで調べ始めました。

するとやっぱりその昔、その地域では狐を神様として祀る習慣があり、狐を虐めると祟りが起こると噂された頃もあったそうです。

神様として祀られる狐
image photo

(このままだとAさんだけではなく、自分達の命も危ない)
そう思ったおじいさんは、狐の怨念を鎮めるために、その地域で狐を祀っている神社に毎日のように足を運び、農作物のお供え物をすることを日課としました。

すると不思議なことに、重体と思われていたAさんも少しずつ体調が回復。
予定よりも大分早く退院することができました。
そればかりか、おじいさん達の畑が食い荒らされることもその後はめっきり無くなったのだそうです

ですが、狐の仕返しを恐れているおじいさん達は、今でも息子やAさんと一緒にその神社に通っているそうです。

狐の神社を参拝する
image photo

(ここまでがおじいさんの話しです)

そんな話しをおじいさんから聞いた、と、驚き顔で語る母。

でも正直私は「狐の祟りって…」てな感じで半信半疑。
そもそも見ず知らずの母にそんな話をするおじいさんって、少しボケちゃってんじゃないの?なんて思ってたのですが・・・

「コンッ」

話し終えた母が突然、目を細めてそんな声を出すんです。

きつね顔
image photo

流石に冗談だとは思うんですけど、母の目が妙に切れ長に見えて・・・
ちょっと背筋がゾクリとしたんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました