【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「特定まであと少し…」長野県の恐怖体験談

投稿者:ケロリン さん(20代/女性/ライター/長野県在住)
体験場所:長野県松本市の自宅

あれは7年ほど前の出来事です。
当時、私は長野県松本市の自宅から、インターネットでライブ配信することを趣味としていました。
内容は、ギターの弾き語りです。

引き語りライブ配信
image photo

毎日こまめに配信していたかいもあって、少しずつですがファンも増えてきました。

その中の1人とは音楽の趣味が合い、配信中もお互いにおすすめの音楽を教え合っていました。
その人のことを仮にAさんとします。

特に親しいファンのAさん
image photo

ある日のこと、配信に来てくれたAさんに、
「この前勧めてくれたバンド、よかったよ」
と話しました。

Aさんはそのバンドのライブにも行ったことがあり、限定のCDも持っているとのことだったので、私は何気なく「いいなあ」と言ったんです。

ここからが恐怖の始まりでした。

恐怖の始まり
image photo

私は配信の他にSNSもやっていたのですが、そのSNSにAさんから個別メッセージが届きました。
なんだろうと見てみると、
「この前言ってたバンドのCD、送っておいたから」
とのメッセージが・・・

私は配信ではもちろん、SNSでも絶対に住んでいる場所は言っていませんでしたから、Aさんのメッセージの意味が分かりませんでした。

詳しく聞くと、私のアカウントIDから別のプライベート用SNSアカウントを特定して、そこから私の妹にたどり着いたとのこと。
私の妹はネットに対する意識が甘く、住んでいる市町村まで公開していたんです。

その妹のアカウントから、私の本名や住んでいる市町村、当時付き合っていた彼の名前、さらには両親のSNSアカウントまで特定されてしまったんです。
私自身はネット上に個人情報を全く載せていなかったのにです…

その情報を元に、Aさんは私宛に郵便局留めでCDを送ってきたんです。

CDを郵便局留め
image photo

私は一度は窓口で受け取ったものの、怖くなって直ぐに送り返しました。
「情報が間違っていて受け取れなかった」
と、Aさんには嘘のメッセージを送っておきました。

それ以来、Aさんの私への好意は悪意に変わった気がします。

好意から悪意へ
image photo

私の個人情報を特定して以降も、それまでAさんは、
「悪用されるかもしれないから気を付けたほうがいいよ」
と、あくまで私のことを思って注意を促してくれていました。

しかしCDを送り返して以来、Aさんは明らかに私に対して嫌がらせをするようになったんです。

例えば、私の個人情報が記載されたアカウント名を大量に作って、私のアカウントをフォローしてくるんです。
仮に私の誕生日が1月1日だったら、「〇〇(私の名前)0101」というような感じのアカウント名を大量に作り、私のアカウントをフォローするんです。
他にも、私の住んでいる場所付近のお店などについて呟いたりなどもしていました。

直接的に危害を加えてくる発言はなかったものの、監視されているという恐怖に毎日怯えていました。

監視される日々に怯える
image photo

そしてついに、恐れていたことが起きたんです。

ある時、Aさんが自分のアカウントで、
「ゼンリン(地図)と電話帳を全部取り寄せた。あと少し」
と呟いていたんです。

たったそれだけだったのですが、私はすぐにAさんが私の住所を特定しようとしている事に気付きました。

今までは住んでいる市までは特定されていたものの、家までは知られていないはずだったので少なからず安心していました。

しかし、家の場所まで特定されてしまったら…
私だけじゃなく家族にも危害が及んでしまうかもしれません。

実家は一戸建てだったので、簡単に引っ越すこともできません。
私の家族全員の名前と住んでいる市まで知っているのであれば、すぐにも家を特定されてしまうと思いました。

それからの私は、Aさんのアカウントを毎日のように確認する日々でした。
住所が特定されないことを祈りながら…

Aさんのアカウントを毎日確認
image photo

ですが、そんな希望も虚しく、Aさんはすぐに私の住所に近づいたんです。

私がプライベート用のSNSに載せていた、祖父母の家付近の田んぼの写真から、祖父母の家を特定されてしまったんです。本当にほとんど田んぼしか映っていない写真だったのにです。
Googlemapやゼンリンを駆使して地域を特定し、同じ名字の人の家をしらみつぶしに当たっているようでした。

これ以上は耐え切れなくなり、私は警察に相談しました。

警察に相談
image photo

CDが送られてきた時にAさんの住所が記載されていたので、警察から直接注意することもできると言われたのですが、逆上されると怖いのでお断りしました。
代わりに警察の方の指導の下、Aさんに「もうやめて下さい。警察に相談しています」というメッセージを送りました。

するとAさんからは
「なんのこと?」
との返信が。

その後すぐに、私をフォローしていた大量のアカウントが次々と消えていき、いつの間にか住所を特定するような呟きも消えていました。

次々と消えるアカウント
image photo

それ以来、今のところAさんから特に何か被害を受けたことはありません。

ですが数年たった今も、Aさんのアカウントを確認してしまう癖が抜けません。
毎日のように見ていたこともあり、IDもすっかり記憶してしまっていました。

そして私はネットでのライブ配信が出来なくなりました。
怖いんです。
SNSも全て退会しました。
初めてインターネットの恐ろしさを感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました