【怖い話】心霊実話|短編「騒がしい病院」兵庫県の恐怖怪談

投稿者:藤田 さん(19歳/女性/学生/兵庫県在住)
体験場所:兵庫県K市の某病院
兵庫県:騒がしい病院

これは、私の姉が兵庫県神戸市の某病院で体験した話です。

当時、私の三つ上の姉は看護師をしていて、呼吸器病棟に勤務していました。

今は辞めてしまっているのですが、その原因の一つが今から話す体験にあります。

姉の勤める病院では、看護師は月に数回、夜勤の日がありました。

昼過ぎに出勤して次の日の朝に帰って来るというのが、夜勤における姉の勤務形態でした。

夜勤の場合は勤務時間も長くなるので、一応休憩時間が設けられていて、他の看護師と交代で仮眠を取るのだそうです。

ある夜勤日のことです。

その日、姉は少し苦手な先輩看護師と一緒に夜勤を担当することになり、少し憂鬱な気持ちで仕事に向かいました。

その先輩看護師というのは、別に意地悪というわけではないのですが、口数が少なく会話が続かないのだそうです。

だからその日もほとんど会話せずに、ほぼ無言で仕事をこなしていたそうです。

会話と言うのは誰かと一緒にいるということを強く分からせてくれるので、夜勤のような少し怖く感じる日なんかには特に重要なことだと姉は言います。

ですが、その日の夜勤はほぼ無言。
時間も経つにつれ、まるで一人ぼっちで夜の病院に取り残されたような気分になり、姉は少し心細く感じていたそうです。

病棟看護師は、担当する患者さんの病室を定期的に見回り、ナースコールがあれば病室まで確認しに行かなくてはなりません。

なんとなく怖くて寂しい気持ちになっていた姉ですが、仕事なので仕方なく、時間が来るといつものように病室を一つ一つ見回りに行きました。

姉が勤めていた呼吸器科は、肺ガンの方や、高齢の患者さんが多く、そのほとんどは寝たきりの方ばかりでした。

中でもAさんという60代の女性の方は、肺炎をこじらせ、起き上がるのも困難な程に衰弱していました。

それでもAさんはいつもニコニコされていて、看護師さんにも優しく接してくれるので、姉もお話しさせてもらうことがよくあったのだそうです。

そのAさんの病室まで見回りに来て扉を開けた時、姉は自身の生涯で一番驚き、声も出なかったのだと言います。

なにしろ、ガラッと開けた扉の目の前に、Aさんが突っ立っていたと言うのだら無理もありません。

起き上がることも出来ないはずのAさんが、真っ暗な病室の真ん中で、扉の方を向いて立ち尽くしていたのです。

「驚きすぎると逆に冷静になるみたい…」

そう言っていた姉は、その言葉通り直ぐにAさんの元に駆け寄り、

「Aさん、どうかされたんですか?とりあえず座りませんか?」

そう促したのだそうです。
もし仮に転倒して大怪我なんてことになると大問題ですから。

それなのに当のAさんは姉には目もくれず、開け放たれた扉にのろのろと近づいて廊下に顔を出し、辺りを見渡しているのだそうです。

「どうかされたんですか?」

Aさんの体を支えながら、もう一度姉がそう声を掛けると、Aさんはいつものようにニコニコと笑いながら、

「今日はなんだか賑やかね」

と、嬉しそうに言うのだそうです。

固唾を飲んで姉の話を聞いていた私は、真夜中の暗く静かな病院の廊下を想像して、背筋がゾワっとするのを感じました。

それを直に聞いていた姉は、恐怖で体が凍るような思いをしながら、

「なにか音が聞こえましたか?今は静かですよ?」

震える口でそう答えました。

でも、Aさんは首を横に振って、

「子どもがたくさん走り回ってるじゃない。」

いつもの笑顔でそんなことを言うのです。

余りの気味の悪さに咄嗟に部屋を飛び出したくなった姉ですが、グッと踏み止まり、

(もしかしたら夢と現実が入り混じって、幻影や幻聴が見えているだけなのかもしれない。)

そう思い留まり、必至にAさんをなだめ続けました。

とにかく怪我をされてしまうことが心配で、ベッドに横になってもらうことだけを考えました。

「子どもはいないですよ。まだ夜中だからもう少し寝ましょうね。」

そう言って、ようやくAさんを横にさせて布団をかけ、Aさんが目を瞑るまでそばで見守りました。

Aさんが目を瞑ってから数分後、ようやく一息付けた姉は、懐中電灯を手に再び立ち上がり、巡回を続けようと部屋の扉に手を掛けた時、

「あなたの子どもはまだここにいるわよ」

Aさんの声が耳元で聞こえた気がしました。

振り返ると、Aさんは横たわりながら目を見開いて、姉の方をじっと見ていたそうです。

いつもニコニコ顔のAさんが、まるで別人のような怖い真顔になっていたと姉は言います。

まるで感情がこもっていないビー玉のようなAさんの目が恐ろしく、直ぐに背を向けた姉は、身体を強張らせながらそのまま巡回の続きに向かったそうです。

後日、婚約者と一緒に産婦人科に行く機会があった姉は、そこで医師から思いがけないことを伝えられました。

姉は、重度の不妊症だったそうです。

その治療に専念するために、姉は仕事を辞めました。

「Aさんが教えてくれたから、早く治療を始めることができたんだよ。」

姉はそう言いますが、本当にそんないい話だったのだろうかと、私は今も思うのです。

姉の子供は、夜の病院を走り回っていた子供たちに付いて行ってしまった、あるいは連れて行かれてしまったとか、そんな可能性も無いのだろうかと…

私の考えすぎかもしれませんが、今でもモヤモヤしてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました