【怖い話】実話怪談|短編「北棟の先」鹿児島県の不思議体験談

投稿者:まりも さん(30代・男性・派遣社員・鹿児島県在住)
体験場所:鹿児島県S郡 某小学校校舎

それは今から30年ほど前、私がまだ小学生だった時の話です。

鹿児島県S郡の山の中にポツンと佇む私の母校は、まるで使い古された軍の要塞のような雰囲気でした。
年季を感じさせる外壁には、あちこちにヒビが入り、その隙間からはツタが伸びていて今にも崩れ落ちそうで、小学生の私から見ても危険としか思えない建物でした。

古い校舎
image photo

木造2階建てで、山々に囲まれているため日中でも薄暗く、廊下を歩くとギシギシ音を立てます。肝試しをするにはおあつらえ向きな校舎ですが、当時の私たちには不満でしかありませんでした。

もちろん、何度も改装工事をしていましたよ。ですが、今ほど建設法に厳しくない時代なので、全体的な改装ではなく部分的な修繕程度の工事がほとんどでした。
私たちは新しく生まれ変わる校舎を想像しながら、叶うことのない期待を抱きつつ、そんな工事の様子を2階の窓から眺めていました。

頭の中では、大規模な工事がなされ、綺麗で最先端のシステムが導入されている校舎を思い描いていたんですけどね。
残念なことに、だいたいが一日工事しただけで終わるんですよ。

校舎の工事
image photo

校舎は二棟に分かれていました。
1つは普段ホームルームをしたり、給食を食べたり、5教科を勉強する教室がある『南棟』。
もう1つは、音楽や図画工作、家庭科などの実習室がある『北棟』。
南棟と北棟は向かい合わせに建っており、その間を左右2本の渡り廊下が繋いでいます。
正門は南棟側にあり、登下校もそちらからしていました。

学校では先生からいつも言われていた注意がありました。
「北棟の先、つまり北棟より北には行かないように」

北棟より北には行くな
image photo

なぜかは分かりません。
ただ、そのルールは暗黙の了解として生徒の間に定着していました。

それでもやっぱり見に行く子はいるわけで、勝手に北棟の先へ行ってこっぴどく怒られている生徒を何度も目撃しました。
それでも気になるものは気になるので…
ある時、私は友達2人と北棟の先へ行く計画を立て、実行するタイミングを見計らっていました。

計画を練る
image photo

ある日、以前に私たちの小学校に赴任した教頭先生がお亡くなりになり、葬儀に参列するため先生方が数人欠席したことがありました。
その時4年生だった私たちの担任も欠席しており、教頭先生の訃報は悲しいことですが、先生の数が少ない今日がチャンスとみて、北棟の先へ行く計画を実行したんです。

細長い渡り廊下を静かに歩き、北棟へ入ったらその勢いのまま奥にある出口から真っすぐに外に抜けました。

北棟の先を目指して
image photo

意を決し、胸を弾ませ踏み込んだ未開の地。
そこは…

北棟の裏側
image photo

…何てことはない、ただ手入れのされていない草むらが広がっているだけでした。

手前に焼却炉が1つ、その奥に教員住宅が3棟建っているだけの、ただの原っぱです。
教員住宅には、校長先生、教頭先生、事務の先生が住んでいるそうなのですが、その住宅も校舎に似て古びた造りでした。

私たちはひどくガッカリしましたよ。
キラキラした新世界への入口くらいに思っていた冒険は、予想外に早く、あっけなく幕を閉じたのですから。

その日以来、北棟の先のことは興味の対象外となり、いつの間にか忘れたまま私たちは6年生になりました。
本来なら修学旅行や中学校への進学準備に意気揚々とする年ですが、その年は何故か不幸の多い暗い年になりました。立て続けに現役の校長先生や事務の先生、他にも新しく赴任してこられた先生が亡くなられ、その一年だけで3人の先生方が亡くなられました。

相次いで亡くなる先生方
image photo

校長先生は首に悪性の腫瘍ができ病死、事務の先生は仕事で悩み首を吊って自殺、
新しく来られた先生はお酒に酔って高いところから転落し首の骨を折って亡くなりました。
みな、首にまつわる死に方で、しかも3人とも北棟の先にある教員住宅に住んでいたんですよ。

そう言えば、4年生の時に亡くなられた教頭先生も教員住宅に住んでいました。
そう思うと私たちは、あの忘れていたボロボロの教員住宅が脳裏に鮮明に浮かび上がり、得も言えぬ恐怖に震えが止まりませんでした。

教員住宅
image photo

数日間教員住宅には黄色い進入禁止のテープが張られ、担任の先生からは今まで以上に近づかないようにと厳重注意がありました。
その後、私たちが北棟の先の話をすることはありませんでした。

時は流れ、数年後…

みんな成人して新生活や仕事に追われていた頃、小学校の同窓会が行われました。

同窓会
image photo

同窓会には、小学校でお世話になった先生も来られていたので、当時の話で大いに盛り上がりました。
お酒が進むに連れ、誰が言ったのか急に話題は北棟の話になっていました。
すると今まで笑顔だった先生も顔をしかめ、渋々とある話をしてくれました。

渋々話し出す先生
image photo

あの小学校の校舎が建つ前、そこは大きな広場だったこと。
戦時中にはその広場が軍隊の練習場になっていたこと。
そしてその軍隊に所属していたほとんどの方が、戦争で命を落としたこと。

戦争
image photo

先生の話は更に続きます。
北棟があった場所には、軍の方々が休養をとる為のテントが張られていたそうです。その為なのか、小学校の北棟に改装工事の手を入れようとすると、必ず作業員に災いが起こり、工事は進まず。
いつもすぐに工事が終わってしまう理由は、そう言うことだったのだと…先生方の間では度々話題になっていたとの事でした。

そして教員住宅が建てられているあの場所は、かつて軍隊が毎日必ず行進を行っていた場所だったと、先生は少し小さな声になって続けます。

「成仏しきれなかった軍の方々が、ちょうど先生方の首の真上を通って行進したのだろう」

首の上を行進
image photo

と、先生は悲しそうに話されました。
その話を聞き、私と、そして一緒に北棟の先に忍び込んだ友人2人は、一気に酔いが覚め、お互いの青ざめた顔を見合わせました。

今では、小学校の校舎も新築に建て直され、教員住宅も別の場所に新たに造られているそうです。

そういえば、同窓会で先生が最後に、
「北棟の下には○○が埋められていた。」
と話をしていたのですが、よく聞こえませんでした。

一体何が埋められていたのか?
今も気になったままですが、あまり詮索しない方がいいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました