【怖い話】実話怪談|短編「遠くの足音」熊本県の心霊体験談

投稿者:ヘモ太郎 さん(38歳/男性/主夫/広島県在住)
体験場所:熊本県K市の某ホテル

私がその体験をしたのは約5年前。
現在住んでいる広島から、九州の熊本・大分を旅行した際のことでした。

当時私は妻と二人の小さな子供がおりました。
子供たちが4歳と2歳になったので、少し遠くても旅行に行けるかなと初めて子供二人を連れて旅行に行ったんです。

家族で九州旅行
image photo

旅行1日目は、大分県別府市で温泉を堪能した後、さらに高級な温泉旅館に泊まり、風呂に入ったり海産物に舌鼓を打ち、かなり奮発しました。
そのため2日目は少し予算を抑え、熊本に移動して観光地を楽しんで、安いビジネスホテルに泊まろうと思っていました。

熊本観光では、K市の中心部にある有名なアーケード商店街を楽しみ、その日はその商店街の一角にあるホテルに泊まりました。

商店街の先のホテル
image photo

街の中心部の商店街とは言え、広島市の繁華街に比べると人通りは少なく、夜になるとホテルの傍からは騒ぐ声や車の嫌な騒音などもなく、
「安いけど当たりじゃない?」
と、妻と共に満足していました。

部屋にはダブルベッドと、その他にはテレビ台にテレビが置いてあるだけでしたが、民法放送の他BSも映り、運よくJリーグ中継も見られ、スポーツ観戦が好きな私にとっては暇を持て余すこともありませんでした。
もともと期待していなかった分、とても良いホテルに感じたんです。

家族みんなシャワーだけの入浴を済ませ、旅行中かなり歩き疲れていたこともあり、その日は22時前には家族みんな就寝したと思います。
疲れのせいか、かなり深く眠った感覚がありました。

ぐっすり眠る
image photo

その深夜…

乾燥した室内だったせいか、私は夜中に目を覚まし、枕元に置いたペットボトルの紅茶を飲もうと手を伸ばしました。

すると、ドアの外から足音のような音がすることに気が付きました。
ドアは決して分厚いとは言えず、床との間には少し隙間があり、そこから外の明かりが漏れ入るような造りだったので、(同じフロアの人が廊下を歩く音が聞こえるのかな?)と思ったんです。

ドアの隙間
image photo

ただその足音がフロアの廊下の端の一番遠くから、ゆっくりゆっくりとこちらに近づいてくる感じが不気味でした。
しかも、ゆっくりなのに、なぜか足音ははっきりと聞こえます。
理由もなく私は若い女性の足音のように感じました。

女性の足音
image photo

足音は段々段々と、確実に私たちの泊まる部屋に近づいてきます。
私は言い知れぬ恐怖を抱きながら、とにかく何事もなく足音が部屋の前を通り過ぎてくれることを祈りました。

しかし、ゆっくりと近付いてきた足音は、私たちの部屋のドアの前でピタッと止まったのを感じました。

部屋の前で止まる女性
image photo

(あ、これはやばいやつだ!)
そう確信した私は、しばらくドアを凝視していました。

…何分間経過したか分かりません。
ですが足音は全く動いた様子もなく、間違いなくまだドアの前にいると思いました。
(どこか行け!)
何度も念じましたが、一向に気配は動きませんでした。
布団にくるまったまま緊張と恐怖に耐え切れず、私はそのまま意識を失うように眠ってしまったようでした。

気を失う
image photo

恐怖の余韻のせいか、再び目が覚めたのは5時頃でした。

「なにも…なかったんだよな…」
ほっと緊張が途切れ、安心してペットボトルに手を伸ばした瞬間、

視界の隅に見えたんです。

部屋の中に女性
image photo

(ドアの内側に足がある…)
細く白い2本の足、女性の細さだと思いました。

「うわっ」
と思い、足の上部まで確認できず恐怖で目をつぶったその時、

足音がドタドタドタ!
家族が眠るベッドのすぐ傍まで近づいてきました。

怖くて目が開けない
image photo

怖くて目が開けられませんでした。

再度布団にくるまったまま、しばらく恐怖に晒され続け、そのまま気を失ったようです。

次に目が覚めたのは、妻が私に声を掛けた時でした。
妻はすでに起きていて、鏡の前で化粧をしていました。

化粧をする妻
image photo

私はすぐにドアの方を確認しました。
足はありません。
私は怯えながらドアを開け廊下を見回してみましたが、特におかしな点はありません。
部屋に戻り妻に足音のことを話してみると、妻は全く気付かなかったようで、一度も目が覚めることはなかったと言っていました。

一体あの女性は何だったのか…
このホテルに因縁のある何かなのか…
全ては分からないままです。

これが、私が人生でたった一度体験した恐怖体験です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました