【怖い話】実話怪談|短編「口止め」京都府の不思議体験談

投稿者:to-to さん(20代/男性/学生/大阪府在住)
体験場所:京都府京都市の某神社

先日、友人と京都に旅行に行った時の話です。

私たちはパワースポットとして有名な京都市のとある神社に参拝に訪れました。
やっぱりパワースポットと呼ばれるだけあって、そこは荘厳で神聖な雰囲気のある素晴らしい場所でした。

一通り参拝を終えた後、
「ちょっとトイレ行ってくる。」
友人にそう告げて私は一人トイレに向かました。

個室の洋式トイレに入り用を済ませていると、妙なものが目につきました。

床に落ちた白髪
image photo

それは異様に長い白髪でした。

私が入ったのは当然男子トイレです。
なのに女性でもなかなかお目にかかれない長さの白髪が、男子トイレの床に落ちていたんです。
何となく厭なものを見たような気がして、

(気味悪いなぁ~)
と思いながら早めに用を済ませ、個室から出ると、私の目の前、手洗い場のところに、黒いワンピースを着た異様に長い白髪の女がいたんです。

白髪の女
image photo

驚くべきはその顔です。
真っ白。まるで白粉を塗りたくったように白い顔。

白い顔
image photo

それが揺れるようにそこに佇みコチラを向いているんです。

(絶対目を合わせてはいけない…)

人生でそう思う事は数多くありましたが、今回のは全く種類が違います。
目を合わせたら本当に終わるんだと思いました。

とにかくこの状況から脱しようと、恐怖心を可能な限り抑え、息を止めるように女の横をすり抜けると、

「。…ぇ。…。ぅ。…。ィ。……。」

ブツブツ何かを言う女
image photo

…すれ違いざまに女が何かブツブツと言っているのが分かりましたが、何を言っているのか聞き取れません。
ですが、その時はそれどころではなく、早くトイレから出ることが先決でした。

とにかく冷静にゆっくりと女の横を通り過ぎました。
そのままトイレから転げ出て、外にいた友人を見るなり、

「逃げよう!」
私はそう叫んで駆けだしました。
友人は汗だくで顔面蒼白になっていた私をみて、只事ではないと悟ったようでした。

走って神社から出た後も、私は一度も振り返らずに、背後に不気味な緊張感を覚えながら近くの喫茶店に駆け込みました。

席に付いて呼吸を整え、店員さんが持ってきたお冷をグイッと飲み干し、そのままアイスコーヒーを注文しました。

「・・・何があったの?」
友人は、喫茶店で少し落ち着きを取り戻した私に、そのワケを聞いてきました。

しかし、そこで改めて考えてみると、私は特に何かされたわけでもなく、ただ奇抜な格好の女を男子トイレで見ただけ。変質者?とでも言うのでしょうか?ただそんなのを見ただけです。
神社の人に言うなり警察に通報することであって、私たちが血眼で逃げるほどのことだったのか、今になって疑問に思えてきました。

(でも、あの時感じた恐怖感はただ事ではなかった…)

そうは思いましたが、実際に何かされたわけでもないのですから。
なんとなく気持ちが軽くなりました。

あそこまで血相変えて逃げて来たのに、そんな程度のことを友人に話すのも何となくはばかられましたが、何も言わないわけにもいきません。
しょうがなく、いざ話そうと顔を上げたその時。

店の外に女
image photo

友人の背後の窓越しにこちらをジーッと見つめるあの女がいたんです。

私は話をしようとヒュっと吸い込んだ息と一緒に固まってしまいました。
背筋をスーッと冷たい汗が流れ落ちます。

薄っすらと笑っている女の眼は、本当に見えているのか疑わしい程に濁っています。

すると、色の悪いヒルのような唇が白い顔の上を這うようにゆっくりと動きました。

言・う・な
image photo

「い」「う」「な」
(・・・いうな?)

「どうしたの?」
友人にそう言われフッとそちらを見ると、友人は私の目線を追ったのでしょう、背後を振り返っていました…

ですが…女の姿は消えていました。

(何も『言うな』…ってことなのか?)

結局、私は友人に適当な嘘を付きその場はごまかしました。
それからも、この話を誰かにしたことはありませんでした。

あれから1年経ち、今こうしてこの話を自宅で書いて、初めて人に聞いてもらっているのですが、今のところ無事です。

あの女は一体何者だったのでしょうか?
ただの変質者とは違うのでしょうか?

あれ以来、その神社には、と言うか、そもそも京都にも行っていませんし、特別変わったこともないのですが…

「言うな」と言われた話ですが、あまりに不気味な体験だったので、誰かに話さないと気持ちが悪くて、今日ここに書いてしまいましたが…本当に良かったのか、正直不安でいっぱいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました