【怖い話】実話怪談|短編「犬の影」香川県の不思議体験談

投稿者:あや さん(29歳/女性/主婦/香川県在住)
体験場所:香川県高松市の自宅

私がまだ6歳の頃、香川県高松市の自宅で、両親と妹と4人で座敷に布団を並べて川の字に寝ていた。

私には小さい頃から霊感のようなものがあり、幽霊と呼ばれるものを何度か見たことがあったのだが、この頃は特によく見えていた気がする。

それは普通の人と見間違うことも度々あったくらいで、特に怖い思いをしたことはなかった。

けれど、この夜の事は今でも鮮明に覚えている。

いつも通り4人で並んで寝ていると、ふと、夜中に目が覚めた。

時刻は分からないが、両親も既に寝付いていたので、ある程度遅い時間だったのだろう。

私は寝付きがよく一度寝たら朝まで起きないのだが、この夜はなぜか目が覚めた。

トイレに行きたくなったわけでもなく、どこか体の調子が悪いわけでもない。

少しの間布団のなかでもぞもぞと動いていたら、廊下がぎしりと鳴った。

父が幼い頃から住んでいる古い家だった為、音がするのは珍しい事ではなかったが、その時の私は変にぎくりと胸が騒いだ。

ぎしり、ぎしり、足音のように聞こえるそれは、まるで廊下を歩いているようで、怖くなった私は隣の母を揺さぶって起こそうとした。

けれど、私は怖くて大きな声が出せず、母は起きてはくれない。

怖いと思いながらも廊下の方に目をやると、障子に影が映った。

障子に映る犬の影
mage photo

犬のような影だ。

数匹の、ドーベルマンのような細い犬のような影が、ぼんやりと障子に映って動いている。

その間も、ぎしり、ぎしり、という足音は絶えず聞こえてくる。

不思議に思ったのは、足音は1人分で、人間のものだった。

怖くてすぐに布団をかぶったが、そういえば障子に映る影は庭に向かっているように見えた。

庭では犬を飼っていた。

私は庭で飼っている犬のことが心配になり、もう一度母を揺さぶって、今度は少し大きな声が出せた。

「お母さん、起きて!」

すると、母が寝たまま急に両腕を振り回し始めた。

両腕を振り回す母親
mage photo

ぶんぶん、ぶんぶん、と母が腕を振り回すと、足音が止んだ。

すると今まで感じていた怖い気配もなくなり、障子に映っていたドーベルマンの影も消えていた。

「お母さん?」

泣きそうになりながら母に声をかけるが、母はやっぱり寝たままだった。

どう言うわけか、私はそのあとすぐに眠りについた。

翌日、母に昨晩の事を伝えても、何も覚えていないとのことだった。

それから何年も過ぎ、家も引っ越し、私も大人になって結婚した。

結婚前、主人を連れて実家で食事をし、昔の話をしていると、流れであの夜の話になった。

「あれは怖かったな~」

と私が話すと、

「あぁ、あそこは何かの通り道になってたみたいやな」

と父が言い、母もそれに頷いていた。

私はそれを聞いて、やはりあれは夢ではなかったのだと確信した。

私の母方の曾祖父は、地元で有名な霊感の持ち主だったらしい。

近所に住む少し上の世代の方に、よくその話を聞いたことを覚えている。

そして家族の中で、母と私がその血を強く継いでいるらしい。

昔から母はよく何かを連れて帰って来そうになるのを、私が気付いて父が対処していた。

あの夜のことも、翌朝私が母に話しているのを聞いた父が、すぐに盛り塩等ありとあらゆる方法で私と母を護ろうとしてくれたらしい。

盛り塩
mage photo

あの夜、母が腕を振るっていなかったら、父が対処してくれていなかったら…
もしかしたら、私は毎晩あの身が竦むような気配を感じていたのかもしれない。
もしかしたら、庭で飼っていた犬は連れていかれていたのかもしれない。

そう思うと、背すじに嫌な汗が伝った気がした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました