【怖い話】実話怪談|長編「厭な旅館」岐阜県の心霊体験談

投稿者:ふうせんかずら さん(42歳/女性/主婦/長野県在住)
体験場所:岐阜県I郡の古い旅館

私が20代半ばの頃。
いつも旅行を楽しんでいる仲間3人で、岐阜県に旅行に行った時の話です。

古い温泉街のはずれにひっそりと佇むそれは、見るからに歴史を感じさせる旅館で、感じの良い女将さんや中居さんが笑顔で出迎えてくれました。

旅館のお出迎え
image photo

ですが、私はその感じの良い方々の様子とは裏腹に、その旅館に何となくいや~な感じを受けました。
何がというわけではないのですが、(なんか気持ちが悪い旅館だな)、そんな風に感じたのです。

チェックインを済ませ早速、今晩宿泊する部屋へ案内されました。

部屋に向かう間、館内の様子に目を配ると、歴史と風情を感じさせる重厚な趣、掃除が行き届きとても綺麗で、廊下や柱はつるつると黒光りしています。
でもやっぱり何となく薄気味悪いんです。
その理由がなんなのか、やっぱり自分でも分からないんです。

ですが、明らかに1つ、不可解に感じることがありました。
おそらく増築に増築を重ねたのでしょう、その館内はまるで迷路のように複雑に入り組んでおり、階段を上ったり下ったり、自分が今どこにいるのかすぐに分からなくなる程でした。

煩雑な館内を歩き、通されたお部屋は綺麗な和室でした。
古いちゃぶ台と座布団が4つ並んでいます。
お部屋もやはり手入れが行き届いており、柱やちゃぶ台も黒光りするほど磨かれ、障子戸も綺麗です。
でもやっぱり私は薄気味悪い雰囲気を感じるんです。

「意外と綺麗なお部屋だね!」
友人はそう言って喜んでいます。
確かに綺麗なお部屋だし、綺麗な旅館には何も文句の付けようがないのですが、私は今すぐにでも逃げ出したいような衝動にかられていました。

でも、喜んでいる友人を見ていると、また、予約してくれた友人のことを考えると「帰りたい」とか「この宿気持ち悪い」とは言えませんでした。

平日だったからでしょうか、宿泊客は私たち1組だけでした。
「温泉を独り占めできる!」と友人は喜んでいます。
(確かにそうだな~)と思いながら、早速3人で温泉に向かいました。

ですが、到着した温泉がまた非常に気持ちが悪いのです。

古い石造りで、とても趣深い雰囲気の温泉なのは確かですが、あちらこちらにマリア様のような白い像があるかと思えば、観音様のような仏像もあったりで、色々な彫像が無作為に設置されていて、何となく見られてるような監視されているような、そんな感じさえするんです。

旅館の風呂場
image photo

とは言え、温泉自体はとても良いお湯で気持ちが良かったですし、その後のお料理もとても美味しくて、何だかんだで私たち3人は大満足のままお部屋でくつろいでいました。

しばらくして友人の一人が酔っ払い、そのまま布団に入ってしまいました。
私ともう一人の友人は「寝る前にもう一度温泉に入ろうか」と、二人で再び温泉に向かいました。

ですが、迷路のような廊下を歩くうちに、私たちは迷子になってしまいました。
私たちも大人ですから、普段迷子になるなんてことはまずありません。
ですが、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、途中、電気が切れそうな廊下があったりで、「あえて怖い雰囲気を演出しているのか?」などと思いながらも、ようやく温泉に辿り着きました。

脱衣所にはロッカーはなく、カゴが置いてあるのみです。
古い籐でできているちょっと重いカゴに浴衣を放り込んで、私たちは温泉に入りました。

かけ湯をし、内風呂に少し浸かった後、私は一人先に露天風呂に向かいました。
綺麗な満点の星空で最高の露天風呂を味わっていると、ふと、露天風呂の隅に、一人お客さんがいることに気が付きました。

風呂の隅に一人の客
image photo

(あ、私たちだけじゃなかったんだ・・・)
と思いつつ、身体をお湯に沈め、星空を眺めながら、何気なくその人を見ると、髪の毛を結い上げているのが分かります。
時代劇に出てくる女性のような髪型です。

(綺麗な髪型だな~、仲居さんとか従業員の人かな~?)
などと思っていると、女性はスッと立ち上がり内風呂の方へ消えていきました。
そのあと友人が露天風呂に出てきました。

「お客さん、私たちだけじゃなかったね。」
と友人に声をかけると、
「え?」
と不思議な顔をします。

どうやら友人はあの女性を見かけなかったようなのです。
一人で内風呂にいた友人。
他に客もいないのに、あの髪を結った女性に気が付かないはずがありません。

すると友人は私に言いました。
「でも脱衣室のカゴには他に誰かいるような形跡なかったじゃん。スリッパもなかったし」

私はゾッとしました。
(確かにそうだ。脱衣室の様子を見る限り他の誰かがいるはずがない。それに旅館を訪れてからずっと感じている嫌な雰囲気。もしかして私が見てしまったものって・・・)

なんだか怖くなり、私たちはすぐに温泉を後にし部屋へ急ぎました。
部屋に到着し、急いで寝る支度をしてると、急に隣の部屋が騒がしくなりました。
複数の女性の話声が聞こえるんです。

「あれ?やっぱり私たちだけじゃなかったのかな?」
「それにしてもうるさいなぁ・・・4~5人くらいいるのかな?」
などと友人と話しながら、電気を消し床に就きました。

いつの間にか寝入っていました。
どのくらい時間が経ったのか、私はなんとなく息苦しさを覚え目を覚ましました。
暗い室内に微かに友人達の寝息だけが聞こえます。

(やっぱりなれない場所だから眠りが浅いのかな?)
そう思いながら、もう一度目を閉じようとしたその時、私は気が付きました。

暗い室内の1メートルくらいむこう。
青白い顔をした無表情の女性が、私に添い寝をするような感じで向かい合い、こちらを見ているんです。

青白い顔をした無表情の女性
image photo

でも、こちらを見ているのに目が合わないというか、焦点が定まっていないような、そんな感じの視線なんです。

静寂の中、こちらを見つめる女性に極限の恐怖と緊張を感じました。
そのせいなのか、私は体が動かせない上に声も出せません。

「これが金縛りか・・・」
と思った次の瞬間、
何かが体の上に覆いかぶさるような衝撃を受けました。

それと同時に「きゃぁ!」と叫び声をあげることができました。

友人が起きて電気をつけてくれます。
女性はいなくなっていました…

次の日の朝。
朝食の際、ご飯をよそってくれた仲居さんに、
「昨晩は私たちの他に誰かお客さんはいましたか?」
と聞いてみました。

「昨日はお客さんたちだけでしたよ」
仲居さんは笑顔でそう答えてくれました。

私は、昨日あった事をその仲居さんに話しました。
温泉での出来事、隣の部屋が騒がしかったこと、そして目の前に現れた女性のこと。

すると中居さんは、
「ほほほ」と笑ったあと、
「そうでしたか」と答え、
「ごゆっくり」と言い残し、
厨房の方へ行ってしまいました。

物言わぬ対応に背筋がゾクッと寒くなり、それ以上は何も聞かずに私たちはチェックアウトを済ませました。

薄ら寒い気持ちのまま、私たち三人は車に乗り込みました。
今日の運転は私です。
窓を開け、見送ってくれている女将さんと仲居さんに手を振りながら、バックミラーをふと見ました。

女将さんと中居さんの間に温泉で見かけた髪を結った女性がいました。

髪を結った女性
image photo

「アッ!」
と思いすぐに車を停めて、外に出ました。

あの女性がいません。
女将さんと中居さんの2人だけでした。

戸惑いながらも深くお辞儀をして、再び車を走らせました。

そんな記憶から10年ほど経った後のことです。
私は結婚して、夫と再び岐阜県を旅行したことがありました。

(ああそうだ、この辺にあの不思議な旅館があった)
と思いだし、記憶に残る場所を探してみたんですが、どこをどう探してもあの旅館が見当たらないんです。
名前も失念してしまい、ネットで探すこともできません。

特に私たちに危害があったわけでもない過去の記憶ですが、やっぱり思い出すと今でも背筋が寒くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました