【怖い話】実話怪談|短編「執念」岡山県の心霊体験談

投稿者:ゆうか さん(30代/女性/主婦)
体験場所:岡山県岡山市の某ビジネスホテル
岡山県:執念

私は元々霊的なものを感じやすい性質で、金縛りには結構よく遭遇するんですが、その時の金縛りはいつもと違ったんです。

結婚して1年目、岡山に住む友人に主人を紹介するという名目も兼ね、私たち夫婦は岡山旅行に行きました。

3人で岡山駅近くで飲んだ後、友人とは別れ、その日は駅に近い綺麗なビジネスホテルに宿泊したんです。

家ではいつもシングルの布団を2枚並べ、主人とは別々に寝るのですが、そこのビジネスホテルに用意されていたのはダブルベッドでした。

いつもよりお互いの距離が近いことに違和感を感じながら、二人とも背中を向けあって、ベッドの端と端に寄る感じで眠りに就いたんです。

寝入ってからしばらくして、のどの渇きで目を覚ますと、同時にいつもの金縛りに遭っていることに気が付きました。

それまでもよく金縛りに遭っていた私は、目を開けなければ別になんでもないことは知っていたので、この日も無視して二度寝に入ろうと思ったその時でした…

『ゆうか…、ゆうか…、』

若い男性の声で、私を呼ぶ声が聞こえたんです。

てっきり隣で寝ている主人が、金縛りでうなされている私に気付いて声を掛けてくれているのだと思い、返事をしようとした瞬間、ハッとしました。

主人は私の名前を呼び捨てにしたことがないんです…
いつも主人は『ゆうかちゃん』と、私のことをちゃん付けで呼びます…

だからこの声は、絶対に主人のものではないんです。

それに気が付いた途端、もう目も頭も冴えて冷や汗ダラダラ。

だって、主人の声ではないと分かると同時に、この声も呼び方も、声の主が生きているとうことも、全部分かってしまったから…

と言うのも、今の主人と付き合う前のことです。

それまで付き合っていた彼がいたんです。

ですがこの人、私と別れた直後から鬱をこじらせ職場で発狂。
精神科に入院したのですが、無事に退院したと共にストーカー化。
1年ほど私が逃げては彼が追ってくるのイタチごっこが続きました。

結婚を機に、ようやく私は彼から痕跡を消すことに成功したのですが…

『ゆうか…、ゆうか…』

今聞こえている私を呼ぶこの声が、その彼の声と同じなんです。

(何これ?生霊?今呼び声に答えたら絶対にまずい…場所がばれる、もう逃げられない、気付いたと気付かせたら終わりだ!!!!!)

ぐるぐる頭の中を思考が巡りながらも、私は固く目を閉じて、息をひそめて寝ているふりを続けました。

でも、その時まずい事に気が付いたんです…

最初は部屋の奥の片隅から聞こえていた声ですが、その声が、だんだん私に近付いてきてるんです。

『ゆうか…、ゆうか…、ゆうか…』

もう冷や汗が止まらず、金縛りで身動きがとれないまま、ただただ息を殺して恐怖に耐え続けていると、声はついに耳元まで迫り、
 
『ゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうかゆうか』

…彼の声が気持ち悪いほど私の名前を連呼するんです。

「目を開いたら絶対にヤバイ!!終わっちゃう!!!!」

激しい恐怖を感じながら、私はもうこれ以上ないほど深い皺を眉間に刻み、目を固くギュッと閉じた瞬間でした…

「うぅん・・・」

そう言って主人が寝返りを打ったところでパッと声は止み、同時に金縛りも解けたんです。

心臓はバクバク、喉もカラカラ、今にも泣いて主人の背中にすがりたいけど、まだ目の前にアレが居たらどうしようと、そればかりが頭の中を駆け巡りました。

5分くらいたった頃でしょうか、声の主の気配も完全に消え去ったと思ったんです。
恐る恐る少しだけ手を動かしてみたところで、私は飛び起きて主人を泣きながら起こしました。

早朝4時の出来事でした。

結局、彼の姿は見ずに済んだのですが、あの時聞こえてきた声と気配が本当に彼のものだったのか、もしかしたらそのホテルに曰くがあるものなのか、今となっては知る由もありません。

ですが、私は今でも彼と彼の住んでいた町が怖くて、その町を通る時は、彼と似た背格好の男性が歩いていないか、これまで以上に注意深く目を凝らして見てしまうようになったのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました