【怖い話】実話怪談|短編「嫉妬」神奈川県の心霊体験談

投稿者:浜風さん 50代/男性/自営業/埼玉県在住
体験場所:神奈川県横浜市の元住居(賃貸マンション)

以前私が住んでいた神奈川県横浜市の海の見えるマンションでの話です。

そのマンションは築年数は古いものの、高台に位置していて眺めがよく、部屋には一年中心地よい海風が入る好物件でした。下見の時にすぐに気に入り入居を決めたんです。

横浜
image photo

しかし引っ越し直後から、少し不思議なことが起こり始めました。

部屋のドアをピッタリ閉めたはずなのに、しばらくすると少し開いていたり、ふと見ると風もないのに電気の紐が揺れていたり、揃えたはずの靴が散らばっていたり……といった具合です。

また夜中に度々金縛りに見舞われるようになりました。
仕事や私生活で特段疲れていたわけではありません。
そもそも、どんなに疲れていても金縛りになる経験などそれまで一度もありませんでした。

金縛りになると、本当に寝返りも打てず身動き一つできないまま、終始キーンと耳鳴りが続きました。
自分ではどうすることもできず、ただ収まるのを待つしかありませんでした。

金縛り
image photo

ある日、学生時代の友人が遊びに来た時のことです。

夕方から部屋で軽く飲みながらダラダラと話をしていたら夜中まで時間を潰してしまい、就寝したのは深夜3時頃になってしまいました。

寝入って数分経った頃です。

「うあわああああーーー」
横に寝ていた友人が急に大きな呻き声を上げました。

驚いた私は飛び起きて、
「どうした!?」
と声を掛けましたが、友人は両眼をカッと開き、仰向けの姿勢のまま震え続けています。

目を見開く友人
image photo

その様子に不安を覚えた私は慌てて部屋の電気を点けました。
すると友人は光に反応したかのように、ハッとした表情で目覚めました。

「・・・大丈夫か?」
と声を掛けると、

「夢の中で全く動けなかった・・・すまん。何だか怖くなったから帰る。」
そう言って、着の身着のまま慌ただしく車に乗り込み、そのまま帰ってしまいました。

それから数日後のこと。
マンションの管理人から、
「〇〇さん、夜中に叫び声を出すのはやめてくださいね」
と、やんわり注意されました。

私は先日の友人のことが思い当たり、
「ああ、それは先日、遊びに来た友人が……」
と、あの日のことを話すと、

「いや、その日だけでなく、度々、夜中に呻き声や叫び声がするって、ご近所から苦情が入っていますよ」
と管理人さんに言われました。

「え!?」
驚きました。
つまり私は、どうやら身に覚えがないうちに、自分が友人と同じような行動を繰り返してたことを、その時初めて知ったんです。

それから数週間後のこと。
当時付き合い始めだった一回り以上年下の彼女を、自分の部屋に連れ込むことに成功しました。

もちろん下心ありだったわけですが、彼女が部屋に入ってすぐ、何やら部屋の中の空気がピンと張りつめたような気配になりました。

(まあ、気のせいだろう…)

と、あまり気にせず、二人で軽い食事を摂り始めました。
すると…

『ガシャーン』
突然食器棚からグラスが落ちて割れました。

割れたグラス
image photo

「地震でもないのに変だね」
などと言って、私たちは笑っていました。

そして、カウチソファに体を寄せ、大画面テレビを眺めていると、突然フッと部屋の電気が全て消え、真っ暗になりました。

「…停電かな?」
と思いましたが、部屋の窓から見える近所の家々には明かりが灯っています。

このマンションだけの停電かと考え、玄関から顔を出すと……廊下や他の部屋の明かりも点いているのが分かります。

私は気味悪く思いながら部屋の中に戻ると、彼女が寒気がするといってブルブル震えていました。
季節は夏です。しかもさっきまでは何ともなさそうだった彼女が突然腕をさすって寒がってる。

(やっぱりこの部屋が原因なのか・・・?)
私は彼女に何か起こるとマズいと考え、とりあえず車で彼女を自宅まで送ることにしました。

その後、一人で自分の部屋に戻ると、明らかに先ほどとは異なり、部屋の中は平穏な空気に戻っていました。

私は迷信とかに捕われるタイプではないですし、幽霊などに関しても半信半疑に思っています。
ですが、この時ばかりは流石に恐ろしくなり、以前から霊感が強いと評判だった、仕事関係で知り合ったデザイナーの女性に一連の話をしてみました。

幸いにも、彼女はこの件に興味を持ってくれたようで、
「一度部屋に行ってみたい」
と言ってくれました。

そして翌週、彼女が部屋にやってきました。
廊下を通り、ダイニングに入った瞬間、

「そこにいる。」
彼女は押し入れの方を指差しそう言いました。

「えっ?」
突然の指摘に驚いたものの私には何も見えません。

「その角のところ。髪の長い、若い女の人がいる。」
と彼女は繰り返しました。

押し入れの角に女
image photo

次の瞬間、

『ガシャン』

再び割れたグラス
image photo

また先日のように突然食器棚からグラスが落ちで割れたんです。

全身の血の気が一気に引きました。
恐ろしくなった私は慌てて彼女とともに部屋を出て、近くのファミレスに駆け込みました。

以下、彼女が語るところによると、
「あれは恐らく地縛霊。あなたが部屋に人を連れてくると嫉妬して色々と悪さをするのよ。特に女性が来たときはなおさら……」

私は即日、退去を決め、遠く離れた地への引っ越しを決めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました