【怖い話】実話怪談|短編「少女の笑顔」千葉県の心霊体験談

投稿者:Megumi.tbik さん(29歳/女性/主婦/千葉県在住)
体験場所:千葉県K市

今からお話することは、実際に私が体験したお話です。

それは、8年前の出来事でした。
当時の私は21才。
夫と結婚1年目の新婚生活を送っていました。

私たちが住んでいたのは千葉県K市の住宅街の端っこ、目の前には椎茸の森がある3階建て新築アパート(私たちが住んでいたのは2階)、ペット可の物件でした。

ペット可の物件ということで、私たちは引っ越し早々、犬を飼い始めることにしたんです。犬種はキャバリアで、元気でやんちゃな男の子。名前はテル。

愛犬キャバリア
image photo

お散歩は、朝と夕方の2回。
基本的に住宅街の方へは行かず、自然豊かな森の中の小道を散歩することが多かったです。
日が暮れると森の小道は真っ暗になってしまい、若い女性が一人で犬を連れて歩くには危ないので、夕方の散歩はいつも日が暮れる前には終わらせていました。

愛犬テルが生後8か月になった頃、私のお腹には妊娠5か月の赤ちゃんを授かっていました。
妊娠すると同時に私は勤めていた運送業を退職し、専業主婦になりました。

夫の仕事は忙しく、朝5時には家を出て帰りはバラバラ、だいたい夜9時ころの帰宅でした。
そんなこともあって、当時の私には、愛犬テルとの日常が唯一の救いであり癒しでした。

愛犬癒し
image photo

そんなある日、妊娠中の私が昼寝から目覚めると、愛犬テルが散歩に行きたそうな素振りをしています。外を見るともう真っ暗です。どうやら私は長い時間眠ってしまっていたようです。
私は慌ててテルの散歩に出ました。

森の小道はすでに真っ暗だったので、その日は滅多に行かない住宅街の方を散歩することにしました。近所の方々との付き合いも良好でしたので、何の心配もなくテルと歩き始めたんです。
しかし、寝すぎてしまったため、あまり散歩に時間もかけられません。少々近道をしようと、私は住宅街の方でもいつもなら通らない道へテルを誘導しました。

住宅街の散歩道
image photo

テルは相変わらず電柱を見つけると、クンクンします。
テルがクンクンしている間ちょっぴり暇を持て余した私は、ふと目の前の一軒家の二階に目を止めました。

二階のその部屋は、電気が消えたまま窓が開いており、白いカーテンがふわふわと風に揺られていました。

二階の部屋
image photo

最初は気が付かなったのですが、よく見ると暗い部屋の中で誰かがこちらを見ています。
女の子でした。
髪の毛は黒く、ショートカット(オカッパ)、目はくりくりしていて、小学3年生くらいの可愛い子でした。

おかっぱ頭の女の子
image photo

(きっと犬を見ているんだろうな~。)
と思った私は女の子に向かってニコッとしてみせました。
すると、女の子も笑顔を返してくれたのです。
私は何だか胸がちょっぴりほっこりしました。
ですが次の一瞬でそんな気持ちも消え去りました。

女の子の笑顔は止まることなく私に微笑みかけてきます。
しかもその笑った口元がゆっくりゆっくりと広がっていくんです。
口が裂けてもなお。
ゆっくりと見えてきた歯はいつの間にか剥き出しになり、まるで口裂け女のような顔になっても女の子の口は広がり続けます。

裂ける口
image photo

最初は緊張と動揺で私は見つめることしかできませんでした。
しかし、その子が人間ではないと確信すると同時に恐怖感が私を動かしました。
電柱をクンクンし続けるテルを引っ張り、お腹に赤ちゃんがいるにも関わらず、
私は大急ぎで自宅へ走りました。

ダッシュで帰宅
image photo

犬も私もハアハアと息を切らし、ようやくアパートへたどり着きました。

(今のは何だったのだろう…。)
と、まだ消えぬ恐怖の中、携帯電話が鳴りました。

弟から着信
image photo

弟からです。
私は、弟の要件そっちのけで今あった出来事を事細かく話しました。
弟は最初信じていなかったみたいですが…。

電話の最中、バルコニーに続くリビングの窓がいきなり
『バンッバンッバンッ!!!』
と誰かに叩かれたかのように響き渡りました。

叩かれる窓
image photo

テルは吠えています。
私は恐怖のあまり弟に
「窓が叩かれてる!」
と助けを求めました。

「え?本当だ…なんか、テルの吠え方が違う…。」
と弟も言いってくれたのですが…
電波が悪くなったのか、そのまま電話は切れてしまいました。
何度かけなおしても、電波が悪いせいなのか繋がることはありませんでした。

繋がらない携帯
image photo

気の遠くなるような沈黙の中、
(今は決して窓を開けてはならない)
私は直感に従い、そのまま窓に近づかないように夫の帰りを待ちました。

その後、特に何も起きることはなったのですが、数時間緩むことのない緊張した時間を過ごした私は、夫の帰宅に本当に安堵したことを覚えています。

私は幼い頃からよく不思議な体験をする人間でしたが、これほどハッキリとした恐怖を体験したのは後にも先にも初めてのことでした。

あの女の子は散歩中の私に付いてきてしまったのでしょうか?
それとも犬が物珍しかったのか・・・
何も分からないままでしたが、それ以上詮索しようとは思いませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました