【怖い話】実話怪談|短編「追いつけない…」宮崎県の心霊体験談

投稿者:日野りこ さん(25歳/女性/個人事業主/宮崎県在住)
体験場所:宮崎県M市のバイパス

これは私が宮崎県M市内の某大学に通っていた頃の話です。

夜中にふと、友人に借り物をしていたことを思い出し連絡しました。

「暇だから持っていっていいかな?」
と尋ねると、友人はすぐに
「気をつけて来てね」
と連絡をくれました。

すぐに支度をして、家を出たのは深夜2時頃でした。

深夜2時の出発
image photo

その友人宅は車で20分ほどかかる街から少し離れたところでした。

昼間なら車通りの多いバイパスを使い友人宅へ向かったのですが、街灯も少なく道路の周りは畑ばかりで、やはり深夜はほぼ自分の車のライトだけが頼りのような道でした。

昼間とは違う道路の雰囲気に多少怖くなって、好きな音楽をかけて歌いながら走っていました。

片道2車線の左側を走行していました。
自分の車以外に車はいません。
たまに対向車線にタクシーが通るくらいです。

ある信号を境に街灯は全くなくなり、真っ暗な道になってしまいました。
ライトをハイビームにして車を進めていると、突然、目の前に人影が見えました。

突然の人影
image photo

女性です。
しかも2車線のど真ん中を走る女性。

今考えると異常な光景なのですが、その時の私は特に不思議には思わず
(こんな時間に大丈夫かな?乗せていってあげようかな…)
と考えていました。

黒いショートカットに白いカーディガン、赤いロングスカートの女性。
ハイビームだと眩しいかと思い、ライトを下向きに切り替えました。
するとやはり辺りは真っ暗です。

(こんな暗い中を走ってて大丈夫かな?)
と心配しながら車を進めるのですが…
そこで、おかしなことに気が付いたんです。

追いつかないんです。

追いつかない
image photo

(なぜ走ってる女性に車で追いつけないの?)
不思議に思うと同時に、そこから全てが怖くなりました。

まず2車線の車道のど真ん中を、ましてや街灯もない暗闇を、なんの明かりも持たずに走ってる人なんて普通に考えていませんよ。

もし彼氏と喧嘩して車から降ろされたとか、何かしら理由があって困っていたら、車のライトに反応するはずです。
なのにその女性はただひたすら前だけ見て走っている。
後ろから来る私の車には見向きもしません。
そして何より車で追いつけないって…。

怖くなった私はひたすら車を走らせました。

ひたすら車を走らせる
image photo

そしてなんとか友人宅に到着。
そして、まずは今の体験を友人に話したんです。

すると友人が教えてくれました。
「あのバイパスで、昔事故があったんだよ。新婚さんがドライブ中に中央分離帯の木にぶつかって、旦那さんは即死だったんだって。奥さんは助かったけど、血だらけで助けを求めてたらしいよ。その奥さんも亡くなったみたい。事故でぶつかったその木には、なぜか今ではたくさんのツタが絡まってるんだよ。他の木にはツタなんてないのに。どんなにそのツタをとっても、木を植え替えても、そのツタは生えてくるんだって。この辺では有名な話だよ。」

生え続けるツタ
image photo

「きっと、その奥さんが、懸命に助けを求める姿を見たんじゃない?」

その日は怖いので泊まってから次の日の朝に帰ることにしました。

翌日の帰り、注意しながら通りの木を見ていると、確かにツタの絡まっている木を見つけました。そして今までは気がつかなかったですが、道路脇にはたくさんの花が供えてあったんです。

道路脇に沢山の花
image photo

私はこの辺りの育ちではなく、地元では有名なこの話を知りませんでした。
なので純粋に怖い体験談として、その日の学校で友人たちに自分の体験を話しました。

すると1人の女の子が、
「…私も見たことある」
と言い出したのです。

私も見たことある
image photo

その子の場合は、私と同じように車を運転中にハイビームにしたところ、赤い服の女性が手を振っていたので何か困っているのかと近寄っていくけど、一向にその人の元へは辿り付けなかった、という話でした。

手を振る赤い服の女性
image photo

そして見かけた場所も私とだいたい同じ場所。

怖がって私たちがキャーキャー言ってると、クラスの男の子に「その辺は心霊スポットになってるから夜中には通らないほうがいいよ」、と注意を受けました。
遠回りをすれば明るい道があるから、そちらから行った方がいいと。

クラスの男子の注意
image photo

それ以降、夜はそのバイパスを避けて通っています。
たまにその道路での事故のニュースを見かけます。
かなり事故の多い道路だったようです。

あの女性は今でも誰かに助けを求め、あのバイパスを彷徨っているのでしょうか?
そう思うと、怖いというよりも助けてあげたいたいという気持ちになります。
同じ場所で見たという友人もそう言っています。

怖いというか、悲しいというか……そんな心霊体験でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました