【怖い話】心霊実話|長編「人体模型」新潟県の恐怖怪談

投稿者:いよかんちゃん さん(30代/女性/主婦/新潟県在住)
体験場所:新潟県M市の塾
【怖い話】心霊実話|短編「人体模型」新潟県の恐怖怪談

これは私がまだ学生だった頃に体験した話です。

私は高校時代、隣町である新潟県M市の塾に通っていました。

その塾は最寄り駅から徒歩3分と近く、また私の母の職場の目の前という便利な場所にありました。

建物は古く、築40年は越していたと思います。
三階建ての赤茶けた外壁は所々剥げ、一部は鬱蒼と生えた蔦に巻かれていました。中に入ると、数年前に起きた地震の影響で壁の所々がひび割れており、外観も内観も一見して廃墟に近いような印象を受ける建物でした。

私が通っていた塾は、その建物の二階にありました。
外階段から直接塾の入り口に入るような形です

一階には何かの事務所が入っており、三階は使用されていないガランドウでした。

建物の中には一階から三階まで続く内階段がありましたが、使っている人は誰もいなかったようで、時々覗いてみるそこは、なんとなく冷たく、ひどくかび臭かったのを覚えています。

そんな見た目のせいか、この塾には『出る』という噂があったんです。

実際に私も、講師や友人から恐ろしいものを見たという話を度々聞くことがあり、不気味だなと思う反面、彼らの話す怪談話にはあまり一貫性がなかったので、そこまで気に留めることもありませんでした。

ある夏の日のことです。

その日の塾の講習は午前中だけだったのですが、外は日差しが強く、エアコンの効いた教室から出たくなかった私は、講習後もそこで課題をこなしながらダラダラしていました。

すると丁度、いつも迎えに来てくれる母親から少し迎えが遅れるという連絡があったので、みんなが帰った後も大手を振って教室に残らせてもらっていたんです。

この日、私はこの塾で不思議な体験をすることになったのです。

教室には人体模型がありました。
それはいつも窓際にあり、日焼けしないようにカーテンの陰に隠れるように置かれていました。

ですが、その日は何故か、私が残る教室のカーテンを講師の先生が全て開け放ち、人体模型を移動して、日光が当たるようにしたんです。模型の顔は教室の方に向けられ、その背中には眩しい夏の日差しがもろに当たるように配置されました。

逆光になった人体模型の顔を見ると、そのギョロリとした目と合った気がして、何だか不気味だなと感じました。

そんな教室で私は一人で課題をこなしながら、時々教室を覗きに来てくれた講師の先生と雑談したりしながら過ごしていたんです。

数十分が経った頃でした。

ふと、なんの気なしに人体模型の方を見た時です。

「……えっ!?」

人体模型が窓の外の方を向いています。

さっきまで背中に日光を浴びながら教室の方を向いていたはずの人体模型が、今はなぜか窓の外の方を向いているんです。

誰かが動かしたはずがないことは、ずっとこの教室にいた私が誰よりも分かっています。

なんでこの人体模型は勝手に窓の方を向いたのだろうと考えれば考えるほど私はゾッとして、気付いた時には教室のドアを開けて走り出し、無意識に講師室に逃げ込みました。

ノックもせず突然講師室に転がり込んで来た私を見て、講師の先生方は目を丸くして驚いていました。

そんな講師たちの様子を見て、私は急に恥ずかしくなり、事務作業の邪魔にならないよう何も言わずに講師室の端っこにある椅子に座らせてもらいました。

しばらくそうして座っていると、大分気持ちが落ち着いてきて、私は人体模型の向きが自動的に変わる可能性について考えていました。

自分の勘違いで元から窓の方を向いていたのかもしれない。
もしくは、講師が顔を出した時に、私が気が付かないところで向きを変えて行ったのかもしれない。
もしくは、カーテンを開けた時にぶつかった衝撃で、模型の土台が少しづつ回転し、気が付いた時には向きが変わっていたのかもしれない。

どの説も条件的に有り得ない事は分かっていましたが、あえてそこは考えず、きっとそうだと自分に無理にでも言い聞かせたかったのです。

そんな時、一人の女性講師の先生が私に話しかけてきてくれました。
さっき人体模型に日光を浴びせるようカーテンを全開にしていった講師です。

なぜ人体模型に日光を浴びせるのかも気になり、それも含めて私は先ほどの動く人体模型の話を聞いてもらったんです。

すると、先生はふふっと笑ってこんなことを言いました。

「今日は天気が良いからね、窓から山々が綺麗に見えるでしょ?あの子ね、山を見るのがとっても好きなの。カーテンを開けてあげるとね、時々見ているんだ。」

私をからかってそんな事を言うのか、それとも怖い体験をした私を和ませようと、冗談めかしてそう言ってくれたのか、正直私には分かりませんでした。

だけど、その時の恍惚とした先生の表情が妙に薄気味悪く、直ぐに話を終えた後も、ただ後味の悪い嫌な感情だけが残りました。

母が迎えに来てくれて、塾から帰る車の中で、今日あった不思議な出来事を母に話しました。
すると、ハンドルを握った母が困った顔をしながらこう言いました。

「あー、あそこはね、本当に出るんだよ。」

塾の向かいの建物で働く母親にとって、その塾の怪談話は尽きることがない有名なものだったそうです。

正直、私としては早く言ってよと思いましたが、母にとっては折角便利な場所にある塾なので、そんな話をして私に嫌がられることを懸念したのだそうです。

母曰く、塾の入ったあの建物では、色々と不思議な体験や不気味な目撃情報が多いと言う事でした。
塾の友人達から聞いた一貫性のない怖い体験談なども含め、母の話を聞いていると、あの建物は多様な霊の吹き溜まりになっているのかもしれないと私は思いました。

母の話の中でも、今だに強く印象に残っている話があります。

ある日、母が仕事をしていると、仲の良い同僚が真っ青な顔をして外から帰って来たそうです。

その表情に驚いて母がワケを聞くと、同僚は塾の一階部分にある事務所に用があって行ってきたそうなのですが、そこで気味の悪いものを目にしたと言うのです。

塾の一階の事務所に入り用事を済ませた後、その同僚はふと内階段の方が気になって覗いたのだそうです。

すると、長い髪を振り乱した女が、暗い内階段の壁に張り付いていたと言うのです。

肝をつぶした同僚は直ぐに事務所に戻り、慌てて出入り口から外に出た後で、もう一度チラッと後ろを振り向くと、さっきの女が事務所の天井に逆さまに立ってゆらゆらと揺れていたのだそうです。

これまで友人から聞いた多くの体験談や、母から聞いた話と自分の体験談も含め、やはりあの建物は本当に「出る」場所だったのだと今も思っています。

運良く、私が塾に通っていた期間中に、その建物は取り壊され、塾は直ぐ近くのビルのテナントに場所を移しました。

建物はもうありませんが、長い月日が流れた今でも、私の心にはあの建物で体験した記憶がずっと残り続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました