【怖い話】実話怪談|短編「無理な予約」三重県の心霊体験談

投稿者:黒猫リン君 さん(48歳/男性/会社員/三重県在住)
体験場所:三重県S市の某ビジネスホテル

あれは20年程前の事です。

当時、某物流会社に勤めていた私は、福岡から本社のある三重県S市に転勤で引っ越す事になりました。

その際、アパートは会社の総務で手配する事になっていたのですが、不動産屋の手違いから、部屋の受け渡しが予定より一週間延びる事になってしまったのです。

屋根を失った空白の一週間、家財道具は自社のトラックで運んでもらっていたので、取り敢えず本社に隣接する倉庫の空きスペースに保管してもらい、私自身は総務が手配してくれたビジネスホテルに泊まることになったのです。

会社から5分程のところにあるそのビジネスホテルは、外観からして古さが滲み出た年期の入ったホテルでした。

フロントで鍵をもらい部屋へ入ると、一瞬ですが妙な違和感を覚えました。

(…誰か、いる?)

部屋のベッドの足元付近から視線のようなものを感じたのです。

ベッドの足元から視線
image photo

しかしその違和感もすぐに消え、特にそれ以上気になることも無く、その日は就寝しました。

慌ただしい一週間が過ぎ、いよいよ明日は引っ越しだという前夜のことでした。

新しい職場での歓迎会を終えてホテルに戻った私は、明日の引っ越しの事を考えながらうとうとと目を閉じました。
すると、微かにではありますが、誰かの声が聞こえてきます。

(…ん、何だろう?)

まあ週末でもあり繁華街に近いホテルなので、外の通行人が大声でも出しているのだろうと思っていたのですが、何か違う・・・

微かな声ですが、それは間違いなく私の耳元で囁いている。

耳元の囁き
image photo

そう思った瞬間、上半身に何とも言えない圧迫感を覚えました。

(え!?なんだ!?)

いつの間に現われたのか、上半身の上を這いずる何か…
突然現れたそれは、明らかに重みとしての実感がありました。

(うわ~これは絶対だめだ~)

絶対に見たくないのですが、見なきゃ見ないで怖すぎる。
自分の中の矛盾と葛藤しながら恐る恐る目を開けると、私に馬乗りになった髪の長い女が、そのまま前のめりになり悲しげな笑みを浮かべながら私の耳元で何か呟いています。

馬乗りの女
image photo

頭が真っ白になりました。

状況が飲み込めず、ジトッとした汗が体中から湧き出して来ます。
必死で起き上がろうとしますが、体が硬直して自由がききません。

必死でもがく私を見つめながら女はひたすら何かを呟いています。

常軌を逸した状況に、もはや私はもがくことをやめ、女の呟きを聞き取る為に、耳の鼓膜に神経を全集中させました。すると…

『ねえ、行かないで…』

そう細く呟く女の声を聞き取った私は、

(は?何言ってんのこいつ?意味わかんねーし。)

打開策を見いだすことなく、それよりもその理不尽さに腹を立て、とにかく女を振りほどこうと再び必死にもがき始めたんです。

すると突然、腹の辺りに激痛を感じ私は悶絶しました。

涙をこらえながら痛む箇所に視線を向けると、女が引きつった笑い顔を浮かべながらナイフを私の腹に突き立てているではありませんか。

腹に突き立てられたナイフ
image photo

私は激痛と恐怖と怒りで震えが止まりませんでした。

『一緒に逝こう…』

女のその言葉を聞きながら、私の意識は薄れていきました。

気がつくと私は、病院のベッドの上でした。

自分に何が起こったのか分からず巡回に来た看護師さんに経緯を聞くと、土曜日の朝方に救急車で運びこまれてきたとの事。

意識不明の状態でしたが原因が分からず、医師も困惑していたらしいです。

後日お見舞いに来てくれた上司によると、チェックアウトを過ぎてもフロントに現れないのを不審に思った従業員が、部屋で倒れている私を発見し119番したと言うことでした。

その後の検査の結果、特に異常は無く、過労という医師の診断もあり、しばらく休んだ後に職場に復帰しました。

後に判明した事ですが、40年程前、あのホテルでは痴情のもつれによる殺人事件があり、女が寝ていた男の腹部を刺した後に、自分の首を掻き切って亡くなったそうです。

自分の首を切る女
image photo

その事件以来、その部屋は封鎖していたらしいのですが、私の会社からの要望を断りきれず、それであの部屋を解放し、私に提供したのだそうです。

私が赴任した時期はきっと地元イベントと重なる時期で、どこのホテルも予約が取れなかったのが一因だったようです。

因みに、実はこの体験は職場含めて関係者の誰にも話していません。
どうせ誰も信じてくれないからと言うのもありますが、もしかしたら、あの女の訴えに同情してしまったからかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました