【怖い話】心霊実話|長編「床下の声」山梨県の恐怖怪談

スポンサーリンク
投稿者:みかん さん(30代/女性/主婦/静岡県在住)
体験場所:山梨県南巨摩郡
山梨県:床下の声

今から20年近く前の話です。

当時高校生だった私は、両親と共に、山梨に住むおばあちゃんの家に泊りがけで遊びに行きました。

おばあちゃんの家は山や川に囲まれ、田畑が広がる自然豊かな場所にあります。

その豊かな自然に守られるように、正に集落と言う呼び方がぴったりな、数軒の家が集まった中におばあちゃんの住む平屋の一軒家が建っていました。

その日はお天気も良く、昼間は近くのハイキングコースを歩いて、大自然の美味しい空気を胸いっぱいに吸い込み、夜は地元の特産物をお腹いっぱいに頂き、とても楽しい時間を過ごしました。

スポンサーリンク

田舎の夜は早く、晩御飯の後、私はすぐにお風呂に入りました。

タイル張りのレトロな雰囲気のお風呂はとても心地よく、私はゆっくりとお風呂に浸かっていたのです。

一日の疲れも吹き飛ぶような気持ちの良い湯舟に浸かりながら、ふと視線を上げると、窓の外を一瞬人影がよぎるのが見えました。

(お母さん?それとも、おばちゃんかな?)

その時はそう思うぐらいで、私はその人影のことをあまり気に留めていませんでした。

お風呂から上がり脱衣所を出ると、ちょうどそこにおばあちゃんが居たので、私は聞いてみたんです。

「さっき、お風呂の外にいた?それともお母さんだったのかな?窓の外に誰かいるように見えたんだけど…」

そう言うとなぜかおばちゃんは、急にとても困ったような顔をしたんです。

そして戸惑った様子のまま、おばああちゃんは私の質問には答えず、奇妙な事を言い始めました。

「今日、あんたの布団は奥の部屋に敷いたけど、絶対に部屋の中でしゃべったりしちゃいかんよ。笑ったりもいかんし、誰かに何か聞かれても答えちゃいかんよ。絶対にな」

突然おばあちゃんが何か怖いことを言っているような気がして、

「え?なんで?じゃあ、お母さんと一緒の部屋に寝るよ」

と、私は不安になって言うのですが、

「仏間には布団が三枚も敷けなかったんだよ。とにかく、その約束だけ聞いてな。」

と、必至に私を説き伏せるように言うだけでした。

仕方なく、私はおばちゃんが言っていた奥の部屋に行くと、そこには私の布団だけが敷かれており、両親の布団はその隣の狭い仏間に敷かれていました。

布団に入ると、昼間のハイキングの疲れもあってか、私はいつの間にか電気も消さずに眠ってしまったようでした。

ふと目が覚めると、夜中の2時過ぎでした。

(2時か。あれ?電気点けたままだ。消してもう一度寝よっと)

そう思い、立ち上がって電気を消した時です。

「&#&#”&$$’」

かすかに人の声のようなものが聞こえたのです。

思わず「なに?」と、私も声を出しそうになった瞬間、私はおばちゃんに言われたことを思い出しました。

「絶対に部屋でしゃべっちゃいけないよ。」

おばあちゃんのその言葉を思い出して、私は口に手をあてぐっと堪えたんです。

ですが私の気持ちとは裏腹に、その声はどんどん大きくなっていきました。

ある程度はっきりと声だと認識出来るようになった時には、どうやらその声は床下から聞こえてきていることが分かりました。

更に耳を澄ませ集中すると、

「かぁあごめ…、かぁごぉめえ…」

と、女性が歌っているような声に聞こえるかと思えば、

「お花を…あげましょう…きれぇな…おはなぁ」

と、誰かに話しかけるような声にも聞こえました。

そのうち声は私に呼びかけるように、

「ねえ…そこに…いるんでしょぉ」

そう聞こえた瞬間、一気に体中に鳥肌が立ちました。

いったいこの声の主は誰なのか、なぜ私に呼びかけるのか、風呂場で見た人影と関係があることなのか、何もかもが全く分からないまま、私は恐怖で震えが止まりませんでした。

とにかく今はおばあちゃんの言い付けだけを守ろうと、私は布団の中に頭まで潜り、絶対に声を出さないように手で口を覆いました。

そのままガクガク震えながら耐えていると、極度の緊張と疲労のせいか、私はそのまま寝むってしまったようでした。

次に目が覚めると、部屋には明るい朝日が差し込んでいました。

注意深く耳を澄ませましたが、床下からの声も聞こえなくなっていました。

私は直ぐに布団から飛び出し、朝ご飯を作っているおばちゃんの所に行きました。

「怖かったよ~。女の人の声がした。でも絶対に声を出さないようにしたよ。」

怯えながら昨晩の恐怖体験を話す私を見て、おばあちゃんは料理の手を止めて、ゆっくりとこう言いました。

「やっぱり、まだあの人おるんやね。」

俯いて落胆したような声でそう言うと、おばあちゃんは次に私を見つめ、

「でも、あんたがちゃんと約束守ってくれて、良かった…」

そう言って、私を抱きしめてくれました。

そしておばちゃんは、私が眠った『奥の部屋』について、話をしてくれたのです。

スポンサーリンク

数年前、おばちゃんの家に、知り合いの娘さんが泊りに来たことがありました。

その時も、娘さんにお風呂に入ってもらった後で、奥の部屋に敷いた布団で眠ってもらったそうです。

翌朝、その娘さんからこんなことを言われたそうです。

「この家は変なことが起こるね。昨夜はお風呂場で、窓の外に誰か分からない人影を見たの。夜中には部屋の床下から女の人の声がして、話しかけられたから「なあに?」と返事をしたら、笑い声が聞こえたよ。」

おかしなことを言う娘だと思いながら、

「夢でも見たんだろう。」

そうおばあちゃんは返答したそうです。

二日後、その娘さんは自殺したそうです。

自殺の理由は全く分からなかったそうですが、おばあちゃんは「もしかしたら、奥の部屋で話しかけられた何かに連れていかれたのかもしれん…」そんな思いが心をよぎったそうです。

それからしばらくして、古くなったおばあちゃんの家は建て替えを行ったそうなのですが、『奥の部屋』の床下を掘り返すと、1枚の手鏡が出て来たそうなのです。

それを見たおばあちゃんは、知り合いの娘さんが自殺する前、奥の部屋の床下から、誰かに話しかけられたと言っていたことを思い出して、なんだかとても気味が悪くなり、その手鏡をすぐにお寺に持って行き、供養してもらったそうなのです。

建て替え後も、住み慣れた家の間取りは変えず、同じように『奥の部屋』もありましたが、女性の声が聞こえるということも特になかったので、おばあちゃんも次第にその事を忘れかけていたそうなのですが…

私が風呂場で人影を見たと言った時、再び昔の事を思い出し、おばちゃんはとても落胆したそうです。

(まだ終わっていなかった…)
(孫も手鏡の女に魅入られてしまった…)

そう思ったのだそうです。

その女から見限ってもらうためには、奥の部屋で夜中に話しかけられても、それを無視して、毅然とした態度を女に見せる必要があると思ったおばあちゃんは、

「絶対に声を出したらいかんよ。」

そう言って、私を奥の部屋で寝かせることにしたのだそうです。

実際に私には女性の声が聞こえ、それに話しかけられもしました。

おばあちゃんの知り合いの娘さんも、同じ声を聞いて、それに返事をしたというのも事実なのでしょう。
嘘をつく必要が全くないのだから。

そして、その二日後に自殺したということも…

もしあの時、私も床下から聞こえる女性の声に答えていたら…そう思うと、あれから20年経った今でも背筋が凍り付きます。

そんなことがあってから数年後、おばちゃんは病気で亡くなり、その家は空き家となって売りに出されました。

日当たりの良い平屋の一軒家だったので、すぐに買い手がついたのですが、今でもあの『奥の部屋』で、床下から女性の話し声が聞こえているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました