【怖い話】不思議実話|短編「曰く付きの踏切で…」茨城県の恐怖怪談

投稿者:まーちゃん さん(54歳/男性/会社員/栃木県在住)
体験場所:茨城県Y市の某踏切
【怖い話】不思議実話|短編「曰く付きの踏切で…」茨城県の恐怖怪談

これは私自身の体験談になります。

私は栃木県と茨城県の県境に住んでおります。
勤務地も近隣にあり、労働から衣・食・住と、何から何まで近場で済むような生活をしております。

そんな私が住む地域には、昔から噂される、ある曰くつきの場所があります。

栃木県から茨城県境を走るJR〇戸線、その路線上にある私の近所の踏切では、悲しくも電車事故により数名の方が命を絶っておられるんです。

自殺や事故など、その原因は様々ですが、数年に一度程度の割合で死者が発生している踏切なのです。

決して視界が悪いわけでも周囲が薄暗いわけでもなく、もちろん田舎だからと言って遮断機の不整備などがあるわけでもありません。

ですので毎回このような悲惨な話を耳にする度に、「…なんでだろう?」と、不思議に思ってしまうような場所なのです。

そんな曰く付きの踏切で、今から約20年くらい前に私が体験した話です。

その日、私が勤める会社に新しく入社した新人の歓迎会のために、当問題の踏切近くにある居酒屋を利用しました。普段から客入りの良い、いわゆるフランチャイズの居酒屋です。

そこでの1次会を終えた後、私たちは新人を連れて数名で、二次会のために近くのスナックへと徒歩で向かうことにしたんです。

曰く付きの踏切を渡り、向こう正面のスナックに向かおうとした時、私たちは『それ』を見たんです。

その単線線路の踏切から距離にして50mくらいのところでしょうか、レールの中央に人が1人立っていたんです。

まず先に述べておきたいのは、これが『霊』とかといったような類の気味の悪さは、その時点では微塵も感じていませんでした。

単なる人にしか見えないそれは、ソワソワ動いているのは分かるものの、こちらに向かって来ているのか、離れて行っているのかは分かりかねました。

ただ、実際にそれを見たのは私だけではなく、一緒にいた全員が目視で確認しています。

(あんなところにいたら危ないな…)

そこにいた誰もがそう思っていると、そのうち連れの1人が言いました。

「何か、背負ってないか?」

実際、目を細めて見ると、籠のようなものを背負っているように見えます。

(なぜ線路の両脇に歩道(一般道)があるのに、レールの上を歩いているのだろう?)

暗いレールの上で一人、ソワソワ動いているのは何故なのか、私たちはよくよく考えましたが答えは出ず、「まーいいや」と、関わることなくそのまま2次会のスナックに向かうことにしたんです。

ですが、30秒ほど歩いた辺りで、

「やはり気になる」

と、連れの1人が言い出したのを切欠に、私たちはすぐさま先ほどの踏切まで戻ったんです。

そこで私たちは驚きました。
先ほどまで確かにそこに居たはずの人影が見当たらないのです。

冷静に考えても不思議でしかありません。

そこは周りが開けており、決して見晴らしの悪い場所ではありません。
それに、線路の脇にはレールに沿うようにして侵入防止の高いフェンスが建っているのですから、あの短い時間で私たちの目の届かない場所まで移動するなんて考えられません。

私たちは慌てて辺りを見渡しましたが、その人影はやはりどこにも見当たりません。

踏切から線路に侵入して少し奥まで歩いてみましたが、誰の姿も探せないまま私たちは電車が来てしまうことを恐れ引き返しました。

狐につままれたような気持ちでしたが、仕方がないので私たちは怪訝な気持ちのまま2次会に向かったのです。

後からあそこが曰く付きの踏切であることを思い出したのですが、それでもあの人影が幽霊だったとはとても思えません。全員が目撃しているわけですし、あのそわそわ動くシルエットはどう見ても人間のそれだったと思うのです。

でも、その人影が僅かな間に消えてしまったことも事実です。

あれが一体何だったのか、私たちは今でも不思議で仕方ありません。

答えを探すことなく、ただ不思議な出来事として、今も私たちの心と頭の中にハッキリと残っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました