【怖い話】実話怪談|短編「非通知電話」岩手県の不思議体験談

投稿者:みやこ さん(20代/女性/学生/岩手県在住)
体験場所:岩手県K市 某墓地

これは私が中学1年生だった時、まだガラケーを使っていた頃に体験した話です。

岩手県K市の私が住む地域では、毎年恒例のお祭りがあって、その年も私は友達のMちゃんと一緒にお祭りを漫喫していました。

その帰り道での事です。

そのまま帰るのが名残惜しかった私たちは、どういうわけか「肝試ししよう!」という話になりました。

帰り道の途中にはおあつらえ向きの墓地もあり、私たちはそこに向かったんです。

墓地に着くとMちゃんが、2人で肝試しと言うのもつまらないから他にも誰か呼ぼう、と言うので、私はSちゃんに電話してみる事にしました。

ケータイの電話帳からSちゃんを探し電話を掛けてみると、いつもならすぐに電話に出てくれるSちゃんですが、その時はなかなか出てくれませんでした。

しばらく呼び出し音を鳴らし続けましたが応答がないので、忙しいのかなと思って電話を切ろうとした瞬間、『ピッ』と相手が電話に出る音が聞こえ私はすぐに声を掛けました。

「もしもし?今何してた?!」

そう聞くと、

「…………………」

電話の向こうからは無言が返ってきます。

「…もしもし?」

と、もう一度問いかけてみると、

「…誰ですか?」

と、明らかにSちゃんとは別の女の人の声が返ってきました。

(…お母さん、かな?)と思った私は、

「あ、すみません、Sちゃんいますか?」

と聞き直したのですが、

「……誰ですか?」

と、再び返ってきます。

(もしかして、間違えた?)と思い、

「すみません、間違い電話してしまいました」

と言うと、

「誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰なの!?ねえ!!!!」

と、女の人がイラついたように捲し立てる声が電話の向こうから聞こえて来ました。

イラついた女の声
image photo

怖くなった私は急いで電話を切りました。

(何…今の…?)

突然のことにトクントクンと早まる心臓の音を感じながら、私は今の電話の発信先を確認するためにケータイの通話履歴を見ました。

すると、絶対にSちゃんに掛けたはずの履歴には、『非通知』と表示されていました。

(え?非通知って何?非通知に電話って掛けられるの?)

私は怖くなってもう肝試しどころじゃありません。
慌てる私の様子を不思議そうに見ているMちゃんの腕を引き、私はすぐにその場を離れました。

次の日、学校で私はSちゃんに昨日のことを話しました。

「…っあ、そうなんだ。え…えー」

と、なんだか歯切れの悪いSちゃんの反応に、

「…どうかしたの?」

と聞いてみると、

「今日、Mちゃんと2人で私の家にこない?」

結局、昨日の件はウヤムヤなまま、その日は3人でSちゃんの家にお泊まりする事になりました。

その日の夕方、Mちゃんと一緒にSちゃんの家に行き、再び昨日の話になりました。

Mちゃんは昨日一緒にいたにも関わらず、私が体験したことを鼻っから信じておらず、むしろ異常に怖がっていた私のことを笑い話にしていて、私も昨日は疲れていたのかもしれないと思い便乗して一緒に笑っていました。

するとSちゃんが静かな声で、

「…私に掛けて、私じゃない人が出たんだよね?」

と聞いてきました。

私が「そうだよ」と答えると、Sちゃんは部屋の外にある公衆電話を窓越しに指差し、

「あそこから電話、かかってくるの」

と言うんです。

私とMちゃんは意味が分からず「…何だそれ?」と笑っていましたが、Sちゃんは全く笑っていませんでした。

何となくその話はそこでやめ、話題は他のことに移りました。

あれこれ話している内に時間も過ぎ、気が付くと夜も更け、そろそろ寝ようかとしていた時です。

突然Sちゃんの携帯電話が鳴りました。

(こんな時間に!?)と一瞬は驚いたものの、電気を付けたまま寝ようとしていた私たちに、Sちゃんのお母さんが電気を消せと電話してきたのだと思い納得しました。

しかし、Sちゃんは何故か一向に電話に出ようとしません。

気が付いてないはずはないのに、と不思議に思い、

「電話…」

と私が言うと、

「代わりに出てよ。」

とSちゃんは言いました。

変だなと思いながらSちゃんの携帯画面を見ると「非通知」と書いてあります。

非通知着信
image photo

(まさかね…)と思いつつ、私は電話に出ました。

すると、

「誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?誰ですか?」

あの時と同じ女の人の声が聞こえて来ました。

恐怖と驚きで私は直ぐに電話を切りKちゃんを振り返りました。

「ね。ホントでしょ。」

Sちゃんはそう言って薄っすらと笑っていました。

すると状況を分かっていないMちゃんが、

「ねぇ、…トイレ、行きたいんだけど…」

一人じゃいけないと言うので仕方なく私とSちゃんも付いて行くことにしました。

トイレから部屋に戻ると、窓が少し開いていることに気付きました。

部屋を出る時は閉まっていたはずです。

「変だなぁ~」と言って窓に近付くSちゃんが、

「あっ」

と小さな声を出しました。

何かと思い私とMちゃんも窓から外を見ると、家の前の公衆電話の中に女の人がいるのが見えました。

電話ボックスの女
image photo

(絶対にあの女の人だ…)

直ぐにそう察した私たちは、見ちゃいけないと思い急いで窓を閉めカーテンを引きました。

あまりの気味の悪さに血の気が引き、青くなった顔をお互いに見合わせていると、

「家に入ってくる時もあるの。もうこの家から引っ越す予定。」

うつむきながらボソリとそう呟いたSちゃんの目には、何も映っていない真っ黒な瞳が淀んでいました。

しばらくしてSちゃんは引っ越しと一緒に転校もしてしまい、連絡が取れなくなりました。

その後、風の噂にSちゃんは精神を病みおかしくなったと聞きました。
あの女の影響かどうかは分かりませんが、私は絶対にアレのせいだと確信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました