【怖い話】実話怪談|短編「地面からの声」神奈川県の不思議体験談

投稿者:サロベツ牛乳 さん(38歳/女性/主婦/神奈川県在住)
体験場所:神奈川県 足柄上郡

専業主婦の私が出産後初めてママ友と飲み会に行った帰り道に体験した出来事です。

結婚を機に横浜から神奈川県足柄上郡に越して来た私は、友達が居ませんでした。

そんな中、子供が通う幼稚園で気の合うママ友が3人出来て仲良くなり、たまには羽を伸ばしてということで、4人で呑みにいく事になりました。

子持ちの私達は、旦那に子供を預け、駅前にある居酒屋で2時間ほど楽しくお酒を呑みました。

ママ友飲み会
image photo

子供を授かってから子育てに追われる日々だったので、久し振りの解放感にお酒も進み、2軒目をハシゴしたところで最終電車もなくなりました。

とは言え4人とも自宅まで歩いても3、40分くらいの距離だったので、酔った勢いもあり、私たちは駅から歩いて帰ることにしました。

足柄上郡は神奈川県の端の方にあり、周囲を山々に囲まれた自然の多い土地で、子育てにはとても良い場所だなと思っていましたが、前に住んでいた横浜に比べると外灯も人通りも少なく、駅から自宅に帰る道程は思った以上に真っ暗でした。

そうは言っても4人での帰り道、私は何の恐怖心もなく、むしろ久しぶりの飲み会での酔いが気持ちよく、軽快に歩いていたのですが、霊感があると言う一人のママ友だけはその暗い夜道に怯えていたんです。

20分くらい歩いてある通りに差し掛かった時です。

そのママ友が、そこから見える1本の大木と、その近くにある誰も住んでいない古いアパートを指差してこう言ったんです。

一本の大木と古いアパート
image photo

「前から思ってたんだけど、あそこ、なんか気持ち悪い。」

すると次の瞬間、

『こらぁ』

と、私達の足元から男の人の低い声が聞こえたんです。

その場にいた4人全員が聞きました。

すぐに後ろを振り返りましたが誰の姿もなく、そこに居たのは私達だけ。

声が聞こえたと思われる足元を見ても、地面があるだけでもちろん誰もいません。

何が起こったのか理解できず一瞬静寂が走った直後、込み上げてくる恐怖心に私たちは「キャー」と叫びながら走り出し、そこから一番近かった我が家に避難したんです。

それから数日後、私は先日のことが気になって、そのママ友が気持ち悪いと言っていた場所を昼間にもう一度見に行きました。

不自然に生えている1本の大木と、誰も住んでいないのにいつまでも取り壊されないアパート。
それだけでどことなく異質な感じはしますが、他に変わった様子はありません。

それでも先日のこともあってか、何となく昼間でも薄暗いその場所を不気味に感じ、背筋にスッと悪寒が走りました。

自宅の近くに気味の悪い場所があって嫌だなと思い、子供達にもそこには近づかないようにと伝えました。

そんな怖い体験も、日常生活を過ごしていく中で少しずつ忘れて行ったある日の事です。

先日の恐怖体験も薄れつつあった私は、何の気なしに例の場所を通ったのですが、よくお目にかかるご近所のご老人とそこでばったり会い、挨拶をした後、世間話をしていました。

その時、ふと道端にある石碑が気になり、そのご老人に尋ねてみました。

道端の石碑
image photo

すると、それまで朗らかなお顔で話していたご老人の顔が一変、真剣な表情でこう教えてくれました。

「あの大木からこの石碑の辺りまでは霊道になっておって、あのアパートやこの辺りの家ではポルダーガイストが頻繁に起こるんじゃ」

その話を聞いて、私はあの夜の「こらぁ」という、まるで地面から発せられた謎の声を思い出し、鳥肌が止まりませんでした。

霊感のある方の側にいると、今まで体験した事のないような心霊現象を一緒に体験することがあるんですね。
今でもそのママ友とは仲良しで一緒にいる事が多いです。

また心霊体験をした時には、ご報告させて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました