【怖い話】都市伝説|短編「〇〇さんの怪談」高知県で噂される恐怖譚

スポンサーリンク
投稿者:さとこ さん(30代/女性/医療事務/高知県在住)
体験場所:高知県K市の某小学校

私が通っていた高知県K市の小学校では、昔から『ナナシさん』という学校の七不思議みたいな都市伝説めいた話がありました。

ナナシさんは記号の『〇』を二個連ねて『〇〇さん』と表記され、それは昔この学校で亡くなった女の子の名前らしいのですが、ずっと〇〇さんって伏せ字のまま伝えられているんです。
だから友達はみんな『名無しさん』とか『まるまるさん』って呼んでいました。

本名は分かりません。
先生に聞いても分からないと言っていました。
ただ学校に通っている子はみんな〇〇さんの話を知っていたし、すごく恐れる存在だったのです。

○○さん
image photo

〇〇さんが現れるのは夕方の外が少し薄暗くなってきた頃で、目的は探し物を見つけることなんです。

どうやら〇〇さんは亡くなる前に何か学校に大切なものを落としたらしく、それを探すために、夕暮れ頃になると姿を現すのだそうです。

どうして亡くなってしまったのかなんていう詳しい事情は知りませんが、探し物をしている〇〇さんに話しかけてはいけないし、話しかけられてもいけないと伝えられていました。

スポンサーリンク

その日の夕方、私がそのドンピシャの時間帯に忘れものを取りに行ったのには理由がありました。

翌日に学校で歌の発表会が控えていたのに、机の中に楽譜を忘れてきてしまったからなんです。

長らくピアノを習っていたこともあり、私は発表会でピアノを弾く重要なポジションに選ばれていました。
それなのに学校にその楽譜を忘れるという失態を犯してしまって、それで止むに止まれず夕方の学校に楽譜を取りに戻ったのです。

辺りはもう薄暗く、遠くの運動場から人の声は聞こえるものの、下駄箱はシンッとして人っ子一人おらず、何とも言えない雰囲気がありました。

静かな校内
image photo

私の教室は3階にあったので、いつものように下駄箱で上履きに履き替えて、いそいそと自分の教室に小走りで向かいました。

誰もいない学校の階段を早足でぺたぺた上がっていると、怖い話が頭の中にジワリと浮かんできます。
中でも『〇〇さん』の話が特に今の自分の状況と重なって思い浮かんでしまい、どんどん恐怖感は募っていきました。

多分2階を通り過ぎる時だったでしょうか。
階段から近い教室で、誰かが話しているような声が聞こえました。

私はその声にすごく安心して、足取りを落とすことができました。
全く誰もいない教室は怖すぎますが、誰かいると思うとすごく心強く思え、ちょっと安心したのです。

3階まで辿りつき、一呼吸おいてから自分の教室に入りました。
使い慣れた教室が普段と違う静寂に包まれて、なんだかぞっとしたのを覚えています。

私は周囲に人の気配がないことに何だかまた怖くなってしまい、急いで窓際の自分の机の中を探しました。
奥の方に入っていた楽譜はすぐに見つかって、それを掴んで一目散に引き返しました。

階段を早足で駆け降り、2階まで降りたところでようやく安心しました。
だってその階からは相変わらず人の声が聞こえていたからです。
夕方にまだ居残っている子がいてくれて、私は心底ほっとしました。

2階は下級生のフロアだったこともあり、興味が湧いた私は、ちょっとだけ覗いてみようと思いました。

それがいけなかったんですよね。

話し声が聞こえる教室に向かう途中、一つ手前の教室で、ぞっとする光景が目に入ったんです。

それは教卓のところで四つん這いになって何かを探す女の子の姿でした。

何かを探す女の子
image photo

見てしまった瞬間、全身が一気に冷や水を被ったかのように震え上がりました。

ただの生徒だとは思えません。
だってその子の髪の毛は地べたにつくほど長くて、その動きはこの世のものとは思えないくらいガクガクしている奇妙なものでした。

正直あの瞬間のことはあまり覚えてないのですが、多分私はすぐに「ギャー」と叫んで、一目散に逃げたと思います。
とにかく怖くて、無我夢中で家に帰りつきました。

部屋に閉じこもって、せっかく取りに行った楽譜の練習もせず、そのまま布団にくるまって現実逃避するかのように眠ってしまいました。

その翌日、私は二度目の衝撃を受けました。
なぜならその日の朝の会で、昨日の夕方に居残っていた下級生2人が、誤って階段から転げ落ちて重症を負ったという話を聞いたからです。

下級生二人が重傷
image photo

その子たちに何があったのか、どうしてそうなったのか、正しい事実は知りません。
あまりに怖すぎたし幼かったこともあり、私にはそれ以上詮索することができませんでした。

ただ私はどうしてもあの日見た光景が脳裏にこびりついています。
話し声が聞こえていた2階の教室、その隣の部屋で、何かを探していたあの女の子。

もしかして下級生の子たちも、私と同じく〇〇さんに遭遇してしまったのではないかと…
そして声をかけて、またはかけられてしまったのではないかと思わずにはいられないのです。

ひょっとしたら私が叫び声を上げて逃げてしまったことと、その後で下級生たちの痛ましい事故があったことは無関係じゃないかもしれない。

そう思ったら申し訳なくて申し訳なくて…

ただ、一目散に逃げた自分の行動に後悔はありませんでした。

あのまま逃げずに〇〇さんと対面していたらと思うと…
思い出す度、今でも背筋が凍り付きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました