【怖い話】実話怪談|短編「藤沢の海の不気味な光景」神奈川県の不思議体験談

投稿者:ニック さん(40代/男性/自営業/神奈川県在住)
体験場所:神奈川県藤沢市の海岸

若いころ、私はドライブが好きでした。
湘南に住んでいたため、ドライブコースとして人気の国道134号線をよく走っていました。

134号線
image photo

この道路は海沿いに伸びており、海岸の向かいにはおしゃれなお店が並んでいます。
また、真っすぐに伸びている道路区間も多く、ドライブにはもってこいでした。

しかし、日中は観光客の車で混むために、私はあえて深夜に出かけることも多々あり、そんな時は、自分と同じように車好きの友人と予定を合わせ、深夜ドライブを一緒に楽しんでいました。

普段はドライブを楽しむだけなのですが、その日は友人の一人が、
「砂浜に降りてみようよ」
と言うので、藤沢市の海岸沿いに車を停め、砂浜に降りました。

深夜の砂浜
image photo

深夜の砂浜、波の音が静かに聞こえてきます。

当然のことながら海水浴客などはおらず、普段の賑わいとは全く異なる状況です。
ここが海だと実感できるのは波の音と砂浜の感触だけで、周りは真っ暗で何も見えません。

遠くには転々と建物の灯りが視え、徐々に暗闇にも目が慣れてきます。
すると薄っすらと暗い海の上に、水平線が見えるようになりました。

海は荒れておらず、非常に穏やかです。
それがとても心地よくて、私も友人たちも誰も声を発さずその余韻を楽しんでいました。

さらに目が慣れてくると、海の沖の方の海面に何かが見えてきました。
「あれは何だろう?」と思って、更に海辺に近づいてみると、それは海面の上に水平方向に長く伸びているのが分かります。

海面に伸びる何か
image photo

さらに波打ち際のぎりぎりまで近づいて、その正体が分かりました。

無数の人間が海に立ち、海の向こうを向く形で、水平方向にきれいに整列しているのです。

無数の人間
image photo

足膝程度まで海中に浸かり立っている無数の人間。
遠目であったためか、整列している人たちの身長はみな同じくらいに見えます。

と言うか、岸から遠く離れたあの辺って、人が立てる程度の水深なのだろうか…
そもそもあれらが人であることが分かっても、全く状況は理解できません。

(海に整列する無数の人間…)
気味の悪いおかしな光景に暫し呆然としてしまった私はハッとして、

「…あそこに人がいるの、見える?」
と、一緒にいた友人に聞きました。

「見える…」
一言だけ返事が返ってきます。

更に、よく耳を澄ましていると、波音にかき消されるかどうかの感じで、あの整列した人たちが声を発しているのが聞こえます。
ブツブツ何かを呟いているような感じ。

ブツブツ何かを呟いている
image photo

何を言っているのかは分かりませんが、さすがに怖くなりました。

(もし、あの人たちが振り向いて、私たちを認識したらどうしよう…)
そんな思いが私の頭をよぎりました。

おそらく友人達も同じ思いだったのでしょう。
「…戻ろう」
友人の一人がそう言うと、みな無言で車に戻りました。

後日、この日のことを友人たちと話すと、
「海で整列していた人たちはみな杖のようなものを持っていた」
「みな同じ服を着用していた」
「彼らが乗ってきた車などは周辺には見当たらなかった」

など、冷静にあの日について思い出されるのですが、結局、あれが何だったのかは判然とせず。

最終的に『何かの修行に来ていた人たち』という結論にまとめ、無理に自分たちを納得させたのですが、どことなく、誰もが意図的に「幽霊」という言葉を避けていたのも確かだったと思います。

結局あれは何だったのでしょう?
深夜のあの異様な光景、藤沢の海の沖に整列する無数の人間。
今思い出しても、何となく寒気を感じる奇妙な光景でした。

もし、あの藤沢の海のあの光景をご存じの方がいたら、一体あれが何なのか教えて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました