【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「知らない男」埼玉県の恐怖怪談

投稿者:もっちー さん(20代/女性/主婦)
体験場所:JR高崎線
【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「知らない男」埼玉県の恐怖怪談

これは数年前に私が実際に体験した話です。

あの日は普通自動車免許の試験当日でした。

合格率を上げるために、試験前に鴻巣市にあるウルトラ教室を受けようと、私は朝5時台の始発に合わせて最寄りの熊谷駅へと向かいました。

駅のホームに着いてから電車が来るまでの間、私はベンチに座りながらアプリを使って試験勉強をしたり、友達とLINEでメッセージのやりとりをしていたんです。

10分程が経過した頃、反対側の下り方面の始発電車が到着。

(こっちもそろそろ来るかな。)

と思い、荷物をまとめて電車に乗る準備をしていると、

「可愛いね」

と言いながら、30代後半ぐらいの男性が私に近付いてきました。

(朝から気持ち悪いな…)

と思いながら私はそれを無視し、乗車位置の白線に向かったのですが、その男性も私の後を無言で付いて来るんです。

気味悪く思いながらも、そのまま白線の前に着くと、

「お姉さん可愛いね」

とまた話しかけてきました。

私はこれから受ける運転免許試験の前に、気持ちを乱したくありませんでした。
ですが、あまりに男が気味悪かったので、万が一を考え、何かあったら助けてくれそうな3人組のサラリーマンが並んでいた乗車位置へと私は移動しました。

すると、男はいつの間にか居なくなっていて、私は心の底からホッとしました。

電車が到着し、3人組のサラリーマンに続いて私も乗車。

3人組のサラリーマンは私の目の前に座りました。
なんだか心強く感じます。

「電車が発車します」

というアナウンスが鳴り電車が走り出しました。

鴻巣駅までは片道20分程。
私は再びアプリを開き勉強を再開しました。

すると、左の方から車内を歩いてくる人が視界の端に入りました。
走行中に車内を歩く人は珍しかったけど、(すいてる座席を探してるのかな?)と思う程度で、特に気にもなりませんでした。

ですが、それから直ぐのこと。

(ん?何か視線を感じる…)

そう思った私はスマホの画面から視線を上げ、何気なく周囲を見回しました。

すると、私の同列シート右側3m程先に、さっきの薄気味悪い男が座っていたんです。
しかも、粘り気のある不快な目でこちらをジッと見ていました。

さっき車内を歩いていたのはこの男だったのです。
もしかして私を探していたのかと思うと、何だか吐き気が込み上げてきました。

熊谷駅で声を掛けられただけですが、私はこの男が怖くて堪りませんでした。

鴻巣駅まで残り10分程。

(何も起きませんように…何もされませんように…)

私は心の中で何度もそう唱えました。

何事もなく無事に鴻巣駅に到着。
10分がこんなにも長く、恐怖に感じたのは人生で初めてでした。

(もしかして…知り合いなのかな?)

そう感じてしまうほど男は車内での間、ずっと私のことを見ていました。

運良く目の前に座っていた3人組のサラリーマンも同じ鴻巣駅で下車。
私は怖くて男の方を振り返ることも出来ないまま、3人組のサラリーマンに付いて電車を降り、そのままさり気なく3人の後ろに身を潜めながら改札をくぐりました。

そこからウルトラ教室までは3分程。
私は改札を出た直後、ダッシュで目的地へ向かいました。

駅の階段を急いで下りていると、

『カタカタカタカタ…』

後ろから、私が下りるスピードと同じくらいの早さの足音が聞こえました。

(まさかね…)

そう思いながら足を止め、私は恐る恐る後ろを振り返りました。

すると、10段ほど上の階段に、あの男がニヤつきながら立っていたのです。

血の気が引きました。
あまりの恐怖にとにかく私はなりふり構わず全力で走りました。

無事とは言えないかもしれませんが、そのまま何とかウルトラ教室の前に到着。
またしても人生で初めてとも思えるほどの、怖くて長い3分を経験しました。

朝からこんなに猛ダッシュをする大人なんてきっと居ないだろうと思いながら、息切れしたまま受講の手続きをしました。

手続きが終わり教室に入る際、駅の方に再び目を向けると、駅の階段の下にまだあの男が仁王立ちで立っていて、目が合った私に手を振ってきたのです。

本当に怖くて鳥肌が立ちました。

周りには知らない人しかいないし、何かされたわけでもないから誰かに訴えることも出来ませんでした。

その後、運転免許試験には無事に合格し、免許を取得できた嬉しさからか、朝の出来事はもう大分忘れかけていました。

ウルトラ教室の受講から運転免許試験、そして各種手続き等を澄ませ、約8時間振りに鴻巣駅に戻って下り電車に乗り込みました。

そして無事に熊谷駅に到着した時、ふっと朝の出来事を思い出したんです。

「あれは何だったんだろ?」

朝のことがまるで現実とは思えず、もしかして夢でも見ていたのかと思いながら私は駐輪場に向かいました。

そこに居たんです。
あの薄気味悪いニヤつき顔の男が。

忘れかけていた朝の出来事が一瞬にして蘇り、あの強い恐怖が現実味を帯びて再び思い出されました。

自転車を取りに行くことも出来ないし、他にどうすることも出来ません。

私は踵を返しダッシュで駅の改札に戻り、駅員さんに事情を説明。そして同棲中だった彼に連絡をし、迎えに来てもらうことに。

たまたま仕事が休みだった彼が、10分程して車で迎えに来てくれました。

彼と一緒に再び駐輪場に向かい、私の自転車を持って車に運びました。
私が彼と居るところをどこかで見ているのか、既にあの男の姿は駐輪場にはありませんでした。

咄嗟の判断とは言え、駐輪場で引き返して本当に良かったと今でも思います。

「もしあの時引き返さなかったら…」

そんなことを思うと、今も背筋がゾッとします。

あの日以来、私は1人で電車に乗ることはなくなりました。
主に車で移動しています。

あの日、運転免許が取れて本当に良かった…

コメント

タイトルとURLをコピーしました