【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「地球の裏側にある国で…」海外の恐怖体験談

投稿者:さなえる さん(30代/女性/会社員/東京都)
体験場所:ボリビア ラパス

南米にあるボリビアという国をご存じでしょうか?

日本の3倍以上の面積をもつ内陸国です。

「セロ・リコ(富をもたらす山)」と呼ばれる鉱山に代表されるように、天然資源が豊富で、錫や銀を中心とした鉱業を主要産業として発展してきました。

しかし19世紀後半にチリとの太平洋をめぐる戦争に敗北し、湾岸部を全て失って以来、チリから多くを搾取される関係となりました。

国力が衰え、今では世界の最貧国の一つにまで凋落してしまいました。

町には物乞いをする人、お金を恵んで欲しいと擦り寄ってくる人の姿が見られます。

国のほとんどの地域は標高3000mを超え、空は青く、雲に手が届くような美しい景色が広がります。

しかし、ひとたび日が沈めば人通りはほとんどなくなり、どことなく危険な雰囲気が漂います。

ボリビア(ラパス)
image photo

私は二十代だった頃、南米の一人旅の道すがらボリビアに立ち寄りました。

お世辞にも美味しいとは言えない食事に、標高4000mの薄い酸素、町の商店に並ぶガラクタの数々に、私はもはやうんざりしていました。

この国を予定より早く抜け出したいという一心で、朝5時に空港に向かうタクシーに乗りました。

「スペイン語を話す日本人なんて乗せたことがないね」

などと言う、腕の太い黒人の運転手の話に耳を傾けながら、夜明けを待つ赤黒く染まった空をぼうっと眺め、次に訪れるアルゼンチンへ思いを馳せていました。

『ブッブーッ』『ブー』

にわかにクラクションの音が聞こえ始めました。

その音は、段々とこちらに近付いて来るように聞こえていましたが、実際のところは私たちのタクシーが音の鳴る方へ向かっていたようです。

運転手はスピードを落としながら、窓を開けて走りました。

「車、多いですね」と話しかけると「前を見てごらん」と運転手が言います。

運転手が指差す方向には、私が今乗っている車とよく似たタクシーが一台、交差点のど真ん中に停車し、それを避けるように車は混み合い、もはや列をなしていませんでした。

「何が起こっているんですか?」

「今からね…」

タクシーの運転手はちらりと私を見て、片手をハンドルから離し、あきれたような表情で続けました。

「子供が捨てられるよ。」

「え!?」

運転手が言うことが全く理解できない私は、(そんなことあるはずがない、聞き間違いだろう)という思いと、(まさかそんな事本当に……)という思いが、同時に胸を打ちました。

渋滞はさらにひどくなり、クラクションの音は絶え間なくあたり一面に鳴り響いていました。

すると突然、

「ギャー!ンギャーー!!」

威嚇する猫にも似た泣き声が耳をつんざきました。

運転手が指差す方向に再び目を向けると、停車したタクシーから小さな生き物がドンと勢いよく道路に突き落とされました。

車から突き落とされた…
image photo

柔らかそうな細く薄い髪を耳の上で二つに結び、夜の闇には不釣り合いなショッキングピンクのセーターと、足首までの長さのズボンを身にまとったそれは、まぎれもなく人間の子供でした。

その子がけたたましいほどの声を上げて泣くのです。

「ンギャーー!ンワ―――!」

運転手は言いました。

「あの子は何が起こっているか知っているから泣くんだよ。」

タクシーは幼子を突き落とした腕を車内にしまうと、瞬く間に走り去っていきました。

それと同時に渋滞は嘘のように解消されました。

一呼吸おいて、運転手は言いました。

「あれは母親だよ」

私は鼓動を弱めるように、半分だけ息を吸って聞きました。

「どうして誰も助けないのですか?」

「役所の人が見つけるだろう」

「貧しいからと言って、どうして母親は子供を捨てるのですか?」

「貧しいからじゃないよ、子供を好きじゃないんだろう」

「あの子はどうなるのですか?」

「わからない、時が来れば学校に行くようになるさ」

(こんなことが実際の世界であるなんて……)

鼓動が急速に高まった私の手足は、その衝撃と感情を受け止めきれずに震えていました。

運転手は続けました。

「今の時間帯はサツがいねーだろ。ラッキータイムなんだよ」

ラッキータイムなんだよ
image photo

これは21世紀、地球の裏側にある国で、本当にあったお話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました