【怖い話】人間が一番怖いと思う恐怖実話|短編「父の秘密」埼玉の小学生の戦慄体験

投稿者:ちいちゃん さん(20代/女性/主婦)
体験場所:埼玉県K市
アパート暮らし
image photo

私が幼稚園に通っていた時に両親は離婚し、小学生の頃から父親と2人で、埼玉県のK市でアパート暮らしをしていました。

裕福とは言えない家庭だったけど、人並みの生活は出来ていました。

私が小学6年生の時、クラブ活動が終わり、この日は1人で下校しました。

いつもは途中まで一緒に帰る友達が居るのですが、この日のその友達はクラブ活動後に集まりがあったため、私は1人で下校することになりました。

クラブ活動後だったこともあり、この日の下校時刻はいつもより遅い夕方17時。冬ということもあって夕方の17時はもう真っ暗でした。

小学校から自宅まで徒歩25分。

田舎町ということもあって、街灯が少なく真っ暗な中を1人で歩いて帰るのが怖かった私は、早歩きで家に向かいました。

歩き始めて5分程が経過した頃、後ろに30代くらいの男性がいることに気が付きました。

明るい時間であればそれほど気にしないのですが、外が真っ暗だったこともあり、私は怖くて心臓がドキドキしました。

(連れ去られたらどうしよう…)

という被害妄想を抱きながら、私はさっきよりも早歩きで家に向かいます。

気のせいなのか、後ろに居る男性も少し早歩きになったようでした。

田舎町の17時は基本的に人が居ません。

みんな家でゆったりしている時間です。

だから、もし何かあっても誰も私のことを見ていないし助けてくれる人も居ません。

そして私に気づく人もきっと居ないのです。

そう思えば思う程怖さが増し、自然と小走りになってきました。

学校を出てから20分が経過し、もうすぐ家に着くというところで、信号待ちをしている時に辺りを見回すと、さっきまで後ろに居た男性は居なくなっていました。

(私の考えすぎだったか…)

そう思い、私は小走りをやめていつものペースで歩いて帰りました。

家が見えてきたところで、ふと後ろを振り返ると、さっきの男性がまた私の後ろを歩いてました。

鳥肌が立ちました。

怖くなって家までダッシュし、鍵っ子だった私は急いで玄関の鍵を開けて家の中に入りました。

アパートの2階に住んでいた私は、部屋のカーテンを少し開けて外を見ました。

すると、さっきの男性が外からこの部屋を見ていました。

恐怖のあまりカーテンを閉めることができず、男性がその場から居なくなるまでずっと見ていました。

その2時間後、父親が仕事から帰ってきました。

本当は今日あったことを父親に話したかったのですが、(心配をかけたくない…)という気持ちから、父親には話しませんでした。

それから1ヶ月程が経過しても、特に変わったことも怖い思いをすることもありませんでした。

でも、2ヶ月が経とうとしていた日曜日の朝8時、家のインターホンが鳴りました。

父親が仕事に行く準備をしていたので、私が玄関越しに「はーい!どちら様ですか?」と聞くと「市役所です。」と言うので、玄関を開けました。

すると2人のスーツを着た男性が立っていて、1人の男性が玄関の扉が閉まらないようにすぐに玄関に足を引っかけたんです。

ドアに足を挟む
image photo

そして「お父さんと難しい話をしたいんだけど、お父さん居る?」と言われ、私は父親に声をかけに行きました。

男性2人を見た父親が小さな声で「お前は奥の部屋に居なさい」と私に言いました。

子どもなりに普段とは違う父親の雰囲気を察し、私は父親の言うことを聞くふりをして、話し声が聞こえる玄関近くの部屋に居ました。

私がその部屋に居るのを父親は気づいたのか、男性2人に「外で話しませんか?」と言って外に行き、私には聞こえない場所で1時間も話をしていました。

やっと家の中に入ってきた父親に「市役所の人なんだって?」と聞くと、「大したことないから大丈夫だよ」とだけ言います。

それから3日経ち、いつものように朝起きると、一緒に寝ていた父親が居ませんでした。

普段は私が学校に行った後に出勤する父親ですが、私は「仕事に行ったのかな?」と思い、それほど気にはしませんでした。

そして置いてあった朝食を食べて私も学校に向かいました。

学校から帰ってきて、3時間経っても父親はまだ帰って来ませんでした。

21時になっても父親は帰ってこず、私は冷蔵庫にある物を食べてその日は寝ました。

翌朝、父親はまだ帰ってきていませんでした。

この日は土曜日。

朝7時に、父の兄の奥さんから家に電話が入りました。

「大丈夫?今から迎えに行くからね」とだけ言われ、30分後におばさんはやってきました。

すると「学校の物と着る物とかまとめて!」と言われ、何が何だか分からないまま、私はおばさんに言われた通り荷物をまとめました。

荷物をまとめ終わると「今日はウチに泊るからね!」と言われ、おばさんの家に車で向いました。

家に着くと父親のお兄さんから、

「お父さんはもう帰ってこないんだ。だから今日からは、ここから学校に行きなさい。」

「お父さんは、借金があったみたいでな…」

と言われたのです。

そう。父親は私を置いて1人で夜逃げ、もしくは借金取りに連れて行かれたんです。

きっとあの日、学校帰りの私の後を付けていた男性と、市役所を名乗って家に来た男性2人は借金取りだったのです。

それ以来、父親とは15年以上会っていませんが、体が不自由になった父親は施設で生活をしているという話を風の噂で聞きました。

これが、私が体験した怖い話です。

父親が突然消える恐怖は、小学生には耐え難いものがありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました