【怖い話】実話怪談|短編「平和の誓い」埼玉県の心霊体験談

投稿者:しもとっぷ さん(20代・男性・無職)
体験場所:埼玉県T市 某キャンプ場
キャンプ場
image photo

私がまだ10歳ぐらいの時、所属していたのクラブで、夏休みにキャンプ行事がありました。

2泊3日と当時の私には長い旅でしたが、とても楽しみにしていたのを覚えています。

全部で20人ぐらい参加している小学生達は、好きなように5チームに分かれ、チームが出来たら大学生のボランティアさんにチームリーダーになってもらいます。

市役所の職員さん2名が責任者として行事を取り仕切っていました。

小学生達が主体となり、食品の買い出し準備から行事等を行ったりと、非常に良い経験にもなったのですが…

当日は、バスに揺られて、埼玉県T市のキャンプ場に昼前には到着しました。

そこで炊事したりテントを立て終わったら川で遊んだり、とても楽しかったです。

そして夜になると始まるのが、定番と言ってもいい「怪談話」です。

しかも、ただ話を聞くだけではなく、話を聞いた上で各チーム毎にミッションに挑みます。

そのミッションとは『電気ランタン一つで夜の山に入り、その先にある戦争で亡くなった人の地縛霊が出るという井戸まで行き、各自が献花をして、平和への誓いを立てて来る』というものでした。

今思えば、きっと用意周到に準備されていて、危険は無いように行われていたのだと思います。

ミッションに挑む前に、どうしてその井戸に地縛霊が取り憑いたのか、怪談話として大学生のボランティアさんが話してくれました。

内容は怪談話というより、戦争の悲惨さです。

「終戦後も、当時の子供達にはさして意味は無く、とある幼い兄と妹の兄妹は、ひもじくて、家もない日々を送っていたんだ。

でもそんな二人に『百姓の跡取りが欲しい。君たちが来てくれないか?』という話が舞い込み、二人はそれに付いていった。

そう、今でこそキャンプ場としてレジャー施設になっているここへ連れてこられた。

でも、そこで待っていたのは決して嬉しい話などではなく、逃げられない奴隷のような生活だった。

それはあまりにも酷すぎて、具体的なことは今のみんなには話せない。

でも、だからこそ、もう酷い争いは引き起こさないことを、まだ成仏できないその兄妹の地縛霊の前で、誓いを立てて来て欲しい。」

…という話でした。

一同、怖いというより、考えさせられる内容でした。

その後に続くミッションは、一つ目のチームが電気ランタンを持って井戸に行き、帰ってきたら、二つ目のチームがランタンを受け取り出発すると言う具合です。

どのチームも順調にミッションをクリアし、そして遂に私がいた最後のチームに順番が回ってきました。

怖さはありましたが、私達なりに覚悟を決めて、帰ってきたチームから電気ランタンを受け取って出発しました。

道中は何も怖いことや驚くこともなく、それがかえって真夏の夜を薄気味悪くしていました。

無事に井戸へたどり着き、私は、

「もう二度と、平和な日本を、酷い争いに晒しません」

と誓いを立てて、私達は何事もなくキャンプ地へと戻ってきました。

ですが様子が変なんです。

みんなテントではなく、キャンプ場の管理室に集まっているのです。

どうやら、このミッションの前に話をしてくれた大学生のボランティアさんの、体調が優れないとのことです。

私も心配で遠巻きに見ていたのですが、その大学生はかすかな声で、

「ゴメンナサイ。サカラワナイカラ、ユルシテクダサイ。ゴメンナサイ。」

と呟いていたのです。

見たこともないような青白い顔色で、血の気もありませんでした。

大学生
image photo

市役所の職員さん1名が付きっきりになりながら、そんなに待たない内に救急車が到着して、そのボランティアさんは搬送されました。

翌日、急遽市役所の職員さんから、

「申し訳ありませんが、2泊3日のキャンプは、今日の昼で中止します」
との連絡が。

たった一泊二日でキャンプは終わりました。

当時は訳が分からないまま、漠然と指示に従い帰宅したのですが、後々になって一体あの大学生の口から洩れた言葉は何だったのか、気になってしまいます。

「ゴメンナサイ。サカラワナイカラ、ユルシテクダサイ。ゴメンナサイ。」

あれから15年たった今でも、真相を知る人は私の周りにはいません。

私はオカルトを信じない人間なので、きっと発作的な持病のようなものだったと思っているのですが…みなさんはどう思いますか?

真夏の夜のキャンプ場で、終戦後の悲痛な兄弟の話をまるで怪談のように語り、取り憑かれたかのように体調を崩した大学生ボランティアの話でした。

拙文にお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました