【怖い話】実話怪談|短編「壁を登る女」東京都の心霊体験談

投稿者:トーフ さん(29歳/女性/主婦)
体験場所:東京都T区 某病院

これは私が東京都T区のとある病院で看護師として勤務していた時の話です。

この病院は比較的大きな総合病院で、患者数も多く、その分重症患者も多く対応しているため、毎日お亡くなりになる方も複数人いる病院でした。

病院
image photo

それぞれの病棟には『監察室』という病室が設けられているのですが、そこは病状が悪化し死期が迫っている患者様に入っていただき、いつでもすぐに対応できるようにナースステーションに1番近い病室となっていました。

その日、私は病状の悪化により余命が数日の患者様Aさんの担当をしていました。

Aさんの死期が本格的に迫ってきたことを感じ、監察室への移動を決めました。

Aさんを監察室へお連れすると、部屋に入るなり、

「この部屋はカリカリ音がうるさいから嫌だ」

と、Aさんは言いました。

しかし私にはナースステーションから聞こえる電子音以外、特に何の音も聞こえません。

ナースステーションの音が気になるのかと思い、ステーション内の電子音を少し下げることを提案し、Aさんにはなんとか納得して監察室へ入っていただきました。

しかし、その後もAさんから何度もナースコールがあり、

「カリカリという音がどんどん大きくなっていく」

「下からどんどん登って来るように近づいてくる」

「カリカリカリカリうるさくて寝ていられない」

と、繰り返し訴えられました。

しかし他の看護師に確認したらもらっても、結局そのような音は誰の耳にも聞こえませんでした。

看護師間で話し合いましたが、Aさんの病状を考えると、監察室からの移動は不可能という結果になり、医師に相談して軽い精神安定剤を使用することになりました。

精神安定剤の使用でAさんは少し落ち着きを取り戻し、ナースコールも減って、Aさんもゆっくり休めているようでした。

ある日の夜も深まった午前2時頃。

見回りの為、Aさんの部屋を訪れると、Aさんが目を覚まし、苦しそうに肩ではぁはぁと息をしていました。

「Aさん、息苦しいですか?苦しいのが少し楽になるお薬使いましょうか?」

と問う私に、Aさんは、天井の一点をじーっと見つめながら、

「来た。枕元に来た。壁を登って、とうとう俺のところまで来てしまった。俺の顔の横にいる。」

と言うのです。

深夜ということもあり、とても怖く感じましたが、お亡くなりになる前には意識が混沌とし始める方も多く、「幻覚や幻聴が見えているのかな」、と、その場では何とか平静を装いました。

その後Aさんは、意識が徐々になくなり、ゆっくり呼吸が減っていき、ご家族に見守られながらお亡くなりになりました。

Aさんの死後の処置に追われ、Aさんの言っていた『壁を登る音』についても、すっかり忘れていた私ですが、全ての処置が終わり、霊安室へAさんを届けに行った帰りの事、ちょうど私の病棟の下の階で働いている同期とエレベーターで一緒になりました。

同期も同じ夜勤中に患者様を看取って、霊安室へご家族の忘れ物を届けに行った帰り道でした。

その同期が「とても嫌な体験をした。」と話しはじめたのです。

「今日看取った患者さんが霊感のある人だったみたいでさ、監察室に入ってから、『壁を女の人が登ってくる!登ってくる!』って言ってすごく嫌がるの。

私まで怖くなっちゃって。

しかもその人が近づいてくるっていうたんびにどんどん病状も悪くなっていって、壁を登る女の人っていうのが、本当に死を運んで来てるみたいで怖かったよ。」

と言うのです。

壁を登る女
image photo

Aさんが言っていた事とあまりに似通っている話に、私が青くなっていると、更にその同期が言うんです。

「私のところの患者さん、亡くなる直前まで意識があって、亡くなる前に、

『私の死は決まったから、今度は上に移動するみたいだ。上の人も今日連れて行かれるのね。』

って言ってたんだけど、あなたのところの患者さんって、もしかしてうちの患者さんのちょうど真上の監察室?」

と聞かれました。

それを聞き、(Aさんが言っていた事は本当だったのだ…)、と、鳥肌が止まりませんでした。

「この部屋はカリカリ音がうるさいからいやだ」

一体Aさんには何が見えていたのでしょう…

壁を登り死を運んでくる女、そんなものがあの病院の中を這いずり回っているのかと想像すると、今でも背筋が凍ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました