【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「荷台の手」滋賀県の恐怖体験談

投稿者:マカロンプーちゃん(40代/女性/会社員)
体験場所:滋賀県K市 某ラーメン店
滋賀県:荷台の手

私が高校2年生の頃、滋賀県K市のラーメン屋さんでアルバイトをしていた時の話です。

その頃私は学校が終わると、ほぼ毎日、デパートの中に店を構えていたラーメン屋さんで、レジ打ちや接客のアルバイトをしていました。

店の前には、デパートを利用するお客さんが休憩できるような椅子を置いたスペースがあり、毎日色々な人に利用されていました。

バイトを始めてから1年半ほど経った時のことです。

バイト仲間と店長が唐突に妙なことを聞いてきたんです。

「マカロンプーちゃんさ、年上の知り合いとかいる?」

私は変なことを聞くなと思いながらも「いない」と答えました。

すると店長もバイト仲間も「…そうか。」と、首を傾げるだけだったのですが、私の方がよっぽど首を傾げたくなるほど、その質問の意図が理解できませんでした。

それから数週間程して、またバイト仲間と店長から、

「マカロンプーちゃんさ、トイレまで行って帰って来てくれない?」

と、また訳の分からない要求をされ、さすがに今度はその理由を聞いたのですが、二人とも何も答えてくれず、

「とにかく実験だからさ、往復するだけ。お願い。」

と頼まれ、私は言われるがまま訳も分からずトイレに向かったんです。

トイレに到着し、もちろん特に用もないので直ぐに踵を返して戻ってくると、バイト仲間も店長も眉をひそめて困った顔をしています。

「もしかしたら君、年上の男性に付きまとわれてるかもしれない。」

そう言われ、私は更に混乱して一体どうゆう意味なのか二人に尋ねたんです。

すると、二人は店の外にいる男性を、さり気なく目配せして私に知らせてきました。

そこには全く知らない男性がいました。

何となく気味が悪くなって、二人に詳しい話を聴いてみると、

「いつも同じ時間になると、あの男性が店の前の椅子に座って君のことをずっと見ているんだ。しかも君がトイレや休憩で店を出ると、君の後を付けるようにあの男性も動き出すみたい。」

と、下手な怪談話よりもよっぽど怖いことを言うんです。

もう一度さりげなく男性の顔を確認してみましたが、やっぱり知らない人です。

その顔を見てると、急に背筋がゾワッと寒くなるのを感じました。

それからは、私もその男性に注意しながら仕事をしていたのですが、確かに男性は常に私のことを見ていて、店を出た時も、さり気なく後ろを確認すると、やっぱり私の後を付けて来ていることが分かりました。

トイレに行けばトイレ前の少し離れたところに立っているし、休憩時間に雑貨屋に行けば、その雑貨屋が見える場所に男がいて、店に戻るとまた店の前の椅子に座ってこちらを見ているんです。

数日の間、バイト仲間にも男の動きを観察してもらうと、私が雑貨屋から店に戻って仕事を始めると、男は雑貨屋に戻り、私が買った雑誌や雑貨を買い漁っていることも分かりました。

それは一日の中の一時的なものではなく、男は私が帰る閉店までの間、その行為を続けているのです。

余りにも気味の悪いストーカー行為に、私は為す術なく恐怖を感じていました。

すると、危険を察してくれた店長が、警備員にその男のことを相談してくれて、警備員から男に声を掛けてもらったんです。

1回目の声掛けは「失礼ですが、何をされてるのですか?」等といった簡単なものでしたが、その日、男は直ぐに店から姿を消しました。

ですが、ホッとするのも束の間、男は翌日にはまた現われ、いつものように私に対するストーカー行為は続きました。

見かねた店長が、警備員に詳細を説明して、男性に厳しく注意してもらい、それでもストーカー行為を辞めない場合は、こちらは警察に届けを出す意思があることを伝えるようにお願いしました。

そして警備員による2回目の声掛け。

厳しく注意を受けた男性は、その日も直ぐに店から姿を消したんです。

警察に届けるとまで言われ、さすがに男も諦めただろうと、その日、私は安心して閉店まで働くことが出来ました。

その帰りのことです。

店が終わって家に帰ろうと、私は暗い駐輪場に自転車を取りに向かったんです。

自転車のハンドルに手をかけ、ステップを外そうといつも通り自転車を前に押しました。

ですが全く自転車が動きません。

「あれ?どうして…?」

何度押してもグッと後ろに引き戻されてしまうので(どこか引っ掛かってるのかな?)と思い、後ろを振り向くと…

両手で自転車の荷台を掴む、例のストーカー男がいたんです…

私は恐怖で声も出ず、ただひたすら自転車のステップを外そうと前に押すのですが、

「なんで?なんで?」

と、男は荷台を掴んだまま、小声でそう呟いています。

余りにしつこい男に、さすがに私も恐怖以上の怒りを感じ、振り向くと同時に、

「なんなんですか?離してください!」

と強く伝えました。

すると、男は更に怒気を含んだ声でこう言いました。

「なんで、なんで警察呼ぶとか言ったの?何考えてるの?」

余りに一方的な男の言葉に、私は再び恐怖を感じ、

「怖いからとにかく離してよ!」

ときつく言うと、男は更に大きな声で、

「お前に手は出してないだろ!見てるだけで警察呼ぶとかふざけてんのか!!」

と、私には関係ない事のような自己中心的な言葉を言い放ったんです。

その大声で、近くにいた警備員が慌てて駆け寄って来たのですが、男はその姿を見て逃げるように去って行きました。

それからは、警察の方が店の周りを巡回してくれるようになり、男の姿を見かけることはなくなりました。

ですが、またいつどこであの男が現れるか…

こちらが気付いていないだけで、どこかからまた見られているのかもしれないと思うと、怖くてバイトを辞めるまでは不安で仕方ありませんでした。

「お前に手は出してないだろ!見てるだけで警察呼ぶとかふざけてんのか!!」

見てるだけなら相手には関係ないと言う男の倫理観に、人間の持つ狂気を垣間見た出来事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました