【怖い話】実話怪談|短編「母の霊感」愛媛県の心霊体験談

投稿者:あおい さん(37歳/女性/在宅ライター/京都府在住)
体験場所:愛媛県M市 某所

これは私が幽霊の存在や霊感を信じるきっかけになった、愛媛県M市での体験談です。

私の母は昔から自分には霊感があると言って、家族で転居先の物件を内覧している時に誰かがいると騒いだり、職場に霊が出るという理由で転職を繰り返したりと、実生活で度々トラブルを起こしていました。

「霊に憑かれて体調が悪くなった」
「女の生首が床から生えているのを見た」
「事務所が入っているあのビルはいわくつきに違いない」

などと訴えては頻繁に仕事を辞める母に、微塵も霊感のない私は同情するよりも半ば呆れていたと思います。

そんな日々を送るうち、いつしか母は、とあるお祓い師の下に通うようになっていました。誰かの紹介がなければ会うことが出来ないというそのお祓い師は、知る人ぞ知る人物とのことでした。

知る人ぞ知るお祓い師
image photo

お祓いの料金は相談者にゆだねられているとのことでしたが、信用できなかった私はある時、仕事の休みを取って母のお祓いについて行くことにしました。

そのお祓い師の住居は、愛媛県M市、のどかな田園地帯にある一軒家でした。看板や目印が何もないので、見た目は完全に何の変哲もない民家です。

広い敷地内に車を停め、長い廊下を進んで立派な神棚のあるお座敷に通されました。

室内は日当たりが良く、大きな窓からはきれいに手入れされた中庭を見渡すことができます。その座敷は座っているだけで心が落ち着いていく不思議な空間でした。

初めて会ったお祓い師の方は、物腰がやわらかく、とても優しい声をした女性でした。

母はその頃、学校給食の調理場で働き始めたばかりで、何をしても治らない原因不明の腰痛について相談する予定でした。

ですが、二人は他愛のない世間話をするばかりでなかなか本題に入りません。

(母はお祓いというよりお喋りをしたくてここに来ているのだろうか?)と、拍子抜けしながらお茶を飲んでいると、それまで笑みを浮かべていた女性の雰囲気が一変しました。

女性は視線をまっすぐ玄関の方向に向け、数珠を手に立ち上がりました。その表情からは完全に笑顔が消えていて、氷のように冷たい表情に母も私も言葉を失いました。

シンと静まりかえった空気の中で、その時、私の耳には男の人が遠くから何かを叫んでいる声が届きました。

お祓いは完全予約制なので、相談中に他の人が訪ねて来ることはありません。

(配達員の方が来られたのかな?でもそれならどうして女性は1歩も動かないのだろう?)

そんな事を考えていた次の瞬間、突然右側からものすごい衝撃音がしました。

それはまるで部屋の壁の向こう側に、ずらっと人が並んでいて、端から1人ずつ『ドン!』『ドン!』『ドン!』『ドン!』と、尋常ではない勢いで体当たりをしているような音でした。

壁の向こうの音
image photo

それは壁が壊れてしまうのではないかと思うほど激しく、私はなぜかその音に強烈な悪意のようなものを感じました。

呆然としているうち、その衝撃音は止み、私と母は黙って顔を見合わせました。

そのあと私たちはすぐに神棚に手を合わせ、女性にお経を読んでもらってお祓いが終わりました。

後で聞いた話ですが、母と女性には、玄関の方から男の叫ぶ声がハッキリと聴こえたそうです。その男は翌日訪れる予定の相談者に憑いた霊で、自分が祓われるのを阻止しようと、家の中に乗り込んで来ようとしていたとのことです。

目に見えない何かがあれほどすさまじい音を出せることに、私は恐怖を感じ、(もしもあの音の正体が家の中に入ってきていたら…)、と思うと、背筋が凍る思いがしました。

「驚いたでしょう、ごめんなさいね」

と、何でもないことのように笑っていた女性が印象的でした。

それから母は嘘のように腰痛から解放されました。いつも青い顔をして、階段を這うように登っていた姿が信じられないほどの回復ぶりでした。

母には見えなかったらしいのですが、お祓い師の女性には、母に悟られないように腰にしがみついている女の霊がハッキリと見えていたそうです。

母の腰にしがみつく女
image photo

まさかと思って調べてみると、母が働く調理場で過去に亡くなった女性がいたことを知りました。

それまでどこか半信半疑だった私は、今では母の話にきちんと耳を傾けるようにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました