【怖い話】実話怪談|短編「ひどく寒がる祖母」群馬県の心霊体験談

投稿者:四ノ宮 さん(30代・女性・主婦・群馬県在住)
体験場所:群馬県A市の某墓地
祖母の墓
image photo

私がまだ学生だった時の話です。

私の祖母は、群馬県のA市で、私が産まれてからずっと一緒に暮らしていました。
私のことをすごく可愛がってくれ、とても良いおばあちゃんでした。
その祖母が、心不全のため他界しました。

納骨も終わり、やっと落ち着いてきたある日の事です。
私が夕方、家に帰ると、誰かがお風呂に入っていました。

家には普段、母しかいないので、きっと母が入っているものだと思っていました。
(こんな時間にお風呂に入るなんて珍しいな)とは思いましたが、その時はあまり深く考えませんでした。

私は自室に入り、夕飯まで勉強をしていました。
ふとトイレに行きたくなった私は、部屋を出てトイレに向かいました。
すると、廊下でばったり母に会ったのですが、なぜか母は驚いた顔をしています。

「え?りか?(私)、今お風呂に入ってなかった?」
話を聞けば、母も誰かがお風呂に入っている音を聞いたらしいのです。
それに母もお風呂には入っていないと…

私は怖くなって、母と恐る恐るお風呂場のドアを開けました。
すると、お風呂場の床は濡れ、浴槽の蓋があいていました…
気味が悪いとは思いながらも、母も私も、それ以上原因を突き止めることもできず・・・

その日の夜の事です。
眠っていた私は突然金縛りに遭いました。
霊感なんてものは持っていなかった私は、産まれて初めての経験に全身が粟立ち震えが止まりませんでした。

すると、布団の中から、すすり泣く声が聞こえて来たんです。
「りか…さむい…さむい…」
私を呼ぶ声。
耳を澄ませば、それは死んだ祖母の声です。

(え?おばあちゃん?…寒いって、どういうこと?)
私は恐怖に震えながらも考えました…
結局、気が付けば朝で、布団は寝汗でびっしょりでした。

次の日、祖母のあの声が気になった私は、母にそのことを話しました。
母は母で、金縛りなどには遭っていなかったものの、朝方もまたお風呂場で水の音を聞いたと言っていました。
何かが引っかかった私と母は、祖母のお墓に様子を見に行くことにしました。

お墓に着き、どうして祖母が寒いと言っていたのか、その理由を知ることになりました。

祖母の墓は、墓石がズレ、そこに水が溜まっていました。
そして祖母の遺骨が、その水の中に浮いていたんです。

水面に浮く祖母の骨
image photo

10日ほど前、私の住む地域に大雨が降りました。
風も強く、多くのものが吹き飛ばされ、大変な被害が出るものでした。
きっとその日、祖母の墓石もズレてしまったのでしょう。
その隙間に雨水が溜まり、祖母の骨が浮いてしまっていたのです…
祖母は寒くなって、私たちに知らせようと、お風呂場を濡らしたのだと思います。

住職に相談し、骨を全て回収し、乾かし、お墓の水を全て抜きました。
お墓には祖母以外の骨もあったのですが、なぜか浮いていたのは祖母のものだけでした。

お墓を綺麗にし、骨も拝んでもらった後、再度墓に戻しました。
祖母の好きだった花も生け、安らかに眠ってもらえるようにお祈りしました。

その後、家のお風呂場から音がすることはなくなりました。
きっと祖母も安心して眠れたのだと思います。

そうそう、母に聞いたのですが、生前まだ祖母が若い頃、祖母は競泳の選手だったそうです。
「もしかしたら泳ぎたくなったおばあちゃんが、骨壺から抜け出しちゃったのかもね」
と、母は笑って言っていました。
「きっと、泳いだ後に戻れなくなって助けを求めに来たんだよ」
・・・と。

本当にそんなことがあるのかどうかは解りません。
けれど祖母が亡くなって10年以上経ちますが、今でも親戚の集まりがあると、みんなでその話をします。
ちょっぴり怖い体験でしたが、親戚みんなが祖母を思い返すひとつのエピソードとなって、今は語り継がれています。

その後、お墓に水が溜まることはありませんが、今でも私は祖母に会いに欠かさずにお墓参りに行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました