【怖い話】実話怪談|短編「人形のいる家」高知県の心霊体験談

投稿者:まやか さん(30代/女性/医療事務/高知県在住)
体験場所:高知県高知市の親戚の家

私がまだ幼かった頃の話です。

当時、私たち家族は祖父の妹である叔祖母と仲がよく、私が小学生の頃からよく母と妹と一緒に、高知県高知市にある叔祖母の家に遊びに行っていました。

その広い家は装飾品なども豪華で、いつもとてもキレイにしており、叔祖母もとても上品な人でした。
私はその家の庭で妹と一緒に遊ぶのがとても大好きで、喜んで遊びに行っていました。

でも、正直この家で一人きりにはなりたくないと思っていました。
なぜなら、叔祖母の家でただ一か所だけ、当時の私にはとても不気味に感じる場所があったからです。
それは、綺麗なお人形がいっぱい飾ってある棚でした。
確か、きれいな顔のフランス人形たちだったと思います。

フランス人形
image photo

昔から人形にはあまり馴染みがなかった私は、その人形たちを「キレイ」と思うどころか、日当たりのせいもあってか少し陰って薄暗く見えるその人形の飾り棚を、とても薄気味悪く思っていたんです。

その後、私も家族も色々と忙しい時期が続き、しばらく叔祖母の家に行けずにいました。

私が中学生の頃でしょうか。
久しぶりに叔祖母の家にお呼ばれされたんです。

その日は、妹が部活かなにかで行けなくて、母と私だけで遊びに行きました。
お茶菓子を出してもらい、しばらく3人でおしゃべりていました。

叔祖母の娘さんは東京で一人暮らしをしていているのですが、話の途中、その娘が集めていた漫画を引き取って欲しいと言われたので、私は喜んでその漫画がある棚をせっせと物色し始めました。

私が必死で物色していたからでしょうか、母と叔祖母は、
「ちょっと買い物してくる。」
と言って、近くのショッピングセンターに出かけていきました。

その日、遂に私は叔祖母の家で、初めて一人きりになったんです。

小学生の頃は、絶対にこの家で一人きりになるのは嫌だと思っていました。
ですが、少し大人になったからか、実際そうなってみると全く怖いと思いません。
漫画に夢中になっていたからかもしれません。

でも、漫画を物色している途中、私は変な物音を聞いたんです。

『カサカサカサ』
向こうで何かが動く物音です。

(こんな綺麗な家にもネズミがいるのかな?)
私はそんな風に思う程度で、しばらくその音を無視していました。

すると今度は、
『カタカタカタ』
明らかにネズミとは違う何かが動く音がします。
不思議に思った私は、その音が鳴る方へ向かいました。

そこにあったのは、昔あれほど怖がっていたお人形の飾り棚でした。

人形の飾り棚
image photo

相変わらず不気味な人形たちは、少し古くなったせいもあってか、以前より一層おどろおどろしい雰囲気が増していました。

(やっぱり…ここはなんか嫌だな。)
そう思って目を伏せると、私の足元に、飾り棚から落ちたのであろうお人形さんが一体転がっていました。

(さっきの音はコレが落ちた音かも…)
そう思って人形を拾い上げた次の瞬間、私の背筋に戦慄が走りました。

青い目のお人形の首が、
『カタ』『カタ』『カタ』、
と3回動いてこっちを向き、

『ねえ、私のこと好きだった?』
そう電子音みたいな高い声で話しかけてきたんです。

ねえ、私のこと好きだった?
image photo

あまりのことに、私は声にならない引き攣った悲鳴をあげました。

そのまま腰を抜かした私は、その人形を放り投げ、座り込んだまま後ずさりすると、放り出された人形は匍匐前進でカサカサと近付いて来ようとしています。

匍匐前進で迫る人形
image photo

その瞬間、私の意識は恐怖で停止しました。

どのくらい時間が経ったのか、次に気付いた時はソファーの上でした。
どうやら買い物から帰ってきた母と叔祖母が私を運んでくれたみたいです。
私は漫画を握りしめたまま床で眠っていたみたいです。

母と叔祖母に今体験したことを話したら、
「夢を見たのよ。」
と、母に笑い飛ばされてしまいました。

正直、夢とは思えないくらいリアルな感覚がありましたが、私自身もはなはだ現実だとは思えない体験でした。
「ああ、夢だったのか…」
私もそう思うことにして、母の言葉で無理やり自分を納得させました。

しかし、帰り際に見た叔祖母の優れない表情に、なんとなく私も不安を覚えたまま帰路についたんです。

それからしばらくして、叔祖母から電話がありました。
「夢で見た人形の特徴を教えて欲しい。」

私はしどろもどろ答えた後、なぜそんな事を聞くのか叔祖母に尋ねました。
すると、どうやら叔祖母が離婚した旦那さんには連れ子がいたそうなのですが、その子が気に入って棚に飾っていた人形と、私が夢に見た人形の特徴が同じらしいのです。

当時、幼かった私は知りませんでしたが、後から母に、叔祖母とその連れ子の仲があまり良くなかったという話を聞きました。

大叔母と連れ子の娘
image photo

「ねえ、私のこと好きだった?」

あの人形の言葉って、誰に向けられた言葉だったのでしょう…

私にとってかなり怖かった体験です。
ですが、私よりも叔祖母の方がよっぽど恐怖したことでしょう。
だって、あの日以来、連れ子が大事にしていたあの人形が、行方不明になったそうで…

叔祖母はそれからすぐに引っ越しました。
よほどあの家にいるのが恐ろしかったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました