【怖い話|実話】短編「家の土地」心霊怪談(兵庫県)

スポンサーリンク
投稿者:NOMURA さん(20代/男性/文具メーカー会社員)
体験場所:兵庫県三田市

これは、私がまだ小さい頃に体験した話になります。

とは言っても私は当時まだ4歳くらいの幼少だったため記憶になく、実際は私が大きくなってから母親から聞いた話になります。

当時私が暮らしていたのは、兵庫県三田市にある田舎町でした。
本当に田舎で、コンビニまで歩いて1時間はかかるようなところで、デパートに行くには車に乗って1時間ほど運転しなくてはいけません。
両親はそんな田舎生活を楽しんでいたようなのですが、ただ一つだけ、その土地に関して気になる部分があったそうなのです。

当時はバブルの時代だったこともあり、あちこちの土地が開拓され、家が建てられ売られていました。
私の両親が家を購入した土地も、その例にもれず、盆地の土地を開拓して作られた場所だったそうなのですが、その盆地にはもともと墓地があり、それを壊して無理やり平地にして家を建て、開拓されたのだと噂されていました。

墓と土地
image photo

とは言え、家を購入する際にハウスメーカーからそんな話を聞いたわけでも無く、あくまでも噂話だったそうなのですが、それでも両親の感覚上、どうにも夜になると町の雰囲気が変わり、外には出たくない嫌な感じが漂うということで、夜の外出は控えていたそうなのです。
ですが、そこだけ気にしなければ雰囲気のとても良い町なので、両親も変に気に留めることなく暮らしていたそうです。

そんな頃、ある異変が起きました。

私は子供の頃、かなりやんちゃな性格だったようで、しょっちゅう悪さをしては両親に怒られていました。怒られる際には、父親の部屋にある押し入れに放り込まれ、反省するまで出さないというお仕置きを受けていたそうです。

押し入れの中はものすごく暗くて、子供の私にとっては非常に怖かったのでしょう。押し入れに入れられては「ごめんなさい」と泣いて、反省した様子で出てくるので、両親も「これはいいお仕置き方法だ」と、私が悪さする度に必ず押し入れに入れていたのだそうです。

押し入れ仕置き
image photo

ある日のこと、いたずらして壁に絵を書いてしまった私を母親が怒り、いつも通り私を押し入れに入れたのだそうです。

いつものように泣き叫ぶ私。

ただその時は、いつも以上に私の怖がり方に鬼気迫るものがあったようで、

「だして!!!おねがい!!!はやく!!!」

と、驚く程に泣き喚いていたそうなのです。
その日、押し入れから出てきた私はげっそりして、青白い顔をしていたそうです。

母親は不思議に思ったものの、「毎回入れられているから、押し入れを相当怖がっているのだろう」と、そこまで気にしなかったようです。

あくる日、またしても私がいたずらをしてしまい、母親が押し入れに入れようと私を捕まえた瞬間でした。

「やめて!!!押し入れだけはやめて!!!!」

そう言って拒否する私の反応が異常だったそうで、いつまでも泣き喚いて抵抗したそうなのです。

異常な拒否反応
image photo

あまりに怖がる私の様子を見て、さすがに母親も心配になり、

「どうしたの?」

と、なかなか泣き止まない私を、落ち着くまで待って話を聞いてみると、

「押し入れに、人がいる。」

そう私が言ったのだそうです。

それを聞いた瞬間、母親は血の気が引いて、急いで押し入れを開いて中を確認しました。

でも、中を覗いても、どう見ても普通の押し入れで、人がいるような気配は感じません。

「誰がいたの?その人は押し入れにどうやって入ったの?」

などと母親が聞いても、私は何も答えなかったようです。

気味が悪くなった母親が父親に相談すると、父親は父親で妙な事を言い出しました。

「実は、あの押し入れの近くで寝ていると、たまに気味の悪い声が聞こえる時があるんだ。最初ネズミか何かかだと思っていたんだけど、どうも違う。小声すぎて言葉は聞き取れないし、気にしないようにして寝ていたんだけど…」

そんなこともあって、両親は急いで心霊関係に強いお寺に連絡を取り、家を見てもらえるように依頼しました。
田舎の町には、そういったお寺も多かったそうで、そこまで探すのには苦労しなかったようです。

お寺の住職に見てもらったところ、

「この家からすぐ引っ越した方がよい。ここの土地は呪われている…」

そう言った後、住職は続けて、

「この押し入れには女性の霊がいる。志半ばで首を切り落とされ、その生首だけが今も押し入れに入れられているようだ。ずっと、あなたたちを睨んでいますよ。」

押し入れの生首
image photo

「気味の悪い声を聞いたと言っておれらましたけど、恐らくこの女性の怨念です。首がないので大きな声が出せず、小声でしゃべっていますが、”呪ってやる”という言葉をずっと口にしていますよ」

そう言われ、住職から応急処置として簡単なお祓いをしてもらいましたが、あまり効果は期待できないとのことだったそうです。

そんなこともあって、両親はすぐに別の家を探して引っ越しました。

以来、押し入れに対する私の過剰な反応もピタリと止んだそうです。

その女性の生首って、一体なんだったのでしょう?
家が建つ前にあったと噂される墓場と関係があるのでしょうか?
それとも更に昔から残る怨念とかなのでしょうか?

切り落とされた首って…現代のこととは思えないですしね…

バブルの時代、無理やり土地を開拓して建てられた家は多いと聞きます。
もしかしたら、それは多くの怒りや恨みの上に建てられているのかもしれません。

あなたが今住んでいるその土地には、以前なにがあったのか、一度調べてみては如何ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました