【怖い話】実話怪談|短編「深夜の倉庫作業」茨城県の心霊体験談

投稿者:えんがわ さん(20代/男性/学生/茨木県在住)
体験場所:茨城県M市 アルバイト先の倉庫

それは大学2年の夏、私がとある会社の倉庫で商品の梱包作業のアルバイトをしていた時に実際に体験したお話です。

深夜の倉庫
image photo

私は大学2年の夏休みに、倉庫で梱包作業のアルバイトをしていました。

とにかくお金が欲しかったので、少し自宅から遠くても、車で30分かけ毎日朝9時に出勤し、これから発送されていく商品の梱包作業を黙々とこなし、夜21時に退勤するといった過酷な生活を送っていました。

ですが、その会社はいい意味でラフな職場だったため、長時間働いても苦ではなく、私は非常に気に入っていました。

ある日の退勤間際のことでした。

その会社の社長から
「君、これから一度家に帰って書類をとってきたいんだけれども、君が帰っちゃったら鍵とかセキュリティーとか面倒くさいんだよね笑。だから僕が帰ってくるまでの間、すこしそのまま仕事していてくれませんか?」
と言われました。

その分の給料も支払われるとのことでしたし、社長の家が歩いて10分ほどの場所にあり、すぐ帰ってくることも分かっていたので快く引き受けました。

社長が会社を出て数分後のことでした。
会社には当然私1人しかいないはずですが、突然倉庫の奥の方で『ガタガタッ』と物音がしました。

退勤間際だったこともあり、作業スペース以外の在庫保管スペースなどはすでに消灯しており、物音のする方向を手元の懐中電灯で照らしてみたものの何も見えませんでした。

懐中電灯で照らす
image photo

(あのあたりは確か無造作に箱が積み上がってたはずだから、きっとそれが崩れた音だろう)と私は一人納得し、そのまま梱包作業に戻りました。

その数分後のこと。
倉庫の電動シャッターがいきなり『ガガガガガガ』と大きな音をたてながら開き始めたのです。

社長が出てから20分ほど経っていたため、社長が帰ってきて、事務所の入り口からではなく倉庫のシャッターから入ってきたのかなと思いました。

しかし、よくよく考えてみると、そのシャッターのスイッチは建物の内側1ヶ所にしかないため、当然外から開けることはできず、さらに事務所の入り口からシャッターのスイッチまでは、今私のいる梱包作業スペースを通らなければたどり着けないはずです。

真っ暗な倉庫、開くはずのないシャッター、突然寒気がし私は怖くなりました。

恐る恐るシャッターの方向を懐中電灯で照らしてみましたが、そこには半開きのシャッターがあるだけで人影は見えません。
当然シャッターのスイッチ周りにも人影はありませんでした。

半開きのシャッター
image photo

どうも開いたままのシャッターは気味が悪いので、とりあえずシャッターを閉めた私は、とても作業に戻れる気分ではなく、事務所に走って移動し、気を紛らすために大音量でラジオをかけ社長の帰りを待ちました。

その後、数分で社長が帰ってくるなりすぐに私は退勤しました。
帰り道の車の中でもさっきの出来事が頭から離れませんでした。

そういえば、以前同僚から、
「この倉庫、次の日来たらモノの配置変わってたり、施錠したはずのドアの鍵が開いていたりすることあるんだよねー」
という話を聞いていたのを思い出しました。

その時は、
「そんなわけあるかよ笑、どうせ誰か締め忘れたとかそんなんだろ」
と、聞き流していましたが、まさか本当に私自身がそんな不可解な現象を体験するとは思ってもいませんでした。

それ以来、夜遅くまで倉庫にいることが怖くなり、夕方までのシフトに変更してもらい、そのまま半年間アルバイトを続けました。

その会社を辞める際に社長に聞いた話ですが、その倉庫があった場所は10年ほど前廃業した精肉店があった場所で、数々の牛や豚が捌かれていたそうです。

それもあってなのか、数々の怪奇現象が起こっていることを社長も知っていたので、あの日、消灯された会社に1人で入ることが怖いから私を残して家に帰ったとのことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました