【怖い話】実話怪談|短編「お通夜の後…」新潟県の心霊体験談

投稿者:ふわり さん(20代/女性/会社員/新潟県在住)
体験場所:新潟県三条市

それは、当時私は9歳、まだ小学生の頃、98歳の誕生日を迎えた母方のひいおばあちゃんが亡くなってしまった時のお話です。

家族からとても好かれていた愛嬌のある可愛いひいおばあちゃんでした。

バタバタとした雰囲気の中、無事お通夜を終え、そのまま親戚一同式会場で食事をすることになりました。

遺体は棺桶に入ったまま、みんなの目線に入るように、蝋燭の沢山飾ってあるスペースに置いてありました。

親戚一同悲しい気持ちを慰め合うように和気藹々と食事を終え、それぞれの自宅に帰りました。

黒い服を脱ぎ、いつも通りお風呂に入りパジャマに着替え、家族でお茶を飲みながらその日の話をしていたその時です。

「えっ、、、大丈夫、、?!?、どうしよう、、、大丈夫なの?!?!」

母が急に涙を流しながら狼狽えて大きな声を出し始めたんです。

突然狼狽える母
image photo

父も私も何が起こったか分からずパニック状態でした。

「どうしたんだ恵子(母)!!」

そう言って父が肩を叩くと、顔面蒼白の母がこう言いました。

「ひいおばあちゃんの声が聞こえるの!!!熱い、痛い!!助けて恵子ちゃん(母)!!って、何度も言ってるの!!どうしよう怖い!!」

幼かった私は、母親のこんなにも戸惑っている姿を見て、ただひたすらに震えていました。

母の状態は一向に落ち着かず、パニックは10分以上も続き、流石にそれを演技とも思えなかった父は、

「大丈夫か??ひいばあちゃんは痛がってるんだな、何が痛いのか分からないけど式場に確認とって、俺もう一度親戚たちと一緒に遺体の確認に行ってくるよ、、」

そう言って、父は腰の抜けている母と私を置いて、先程まで一緒にいた親戚たちをもう一度迎えに行き、遺体のある式会場へと車を走らせました。

当時、私は子供ながらに、よく分からないけど怯えている母を落ち着かせなければいけないと思い、震えている母の背中をひたすら撫でていました。

そして20分ほど過ぎた頃、母がまた泣きながら叫び始めました。

「ねえ、、まって!!また声が聞こえるやだ怖いどうしよう!!!」

母「また声が…」
image photo

パニックになっている母と二人きり。頼れる父もおらず、もう私はメンタルが限界でした。

「怖いどうしよう、、、もう大丈夫だよありがとう、ありがとうって何回もひいおばあちゃんがお礼を言ってる、、、うっ」

私にはその母の姿が、本当に誰かの声を聞いているようにしか見えませんでした。

その直後です。

『プルルルル、、、プルルルル、、、』

携帯電話が鳴りました。父からでした。

「さっき式場の人に事情を説明して、遺体の確認をさせてもらったんだ。そうしたらひいばあちゃん、上にも下にも大きいドライアイスで挟まれていたから、まさかこれが痛かったのかなと思って、親戚みんなで全部どかしてみたんだよ。これがいいことか悪いことか分からないけど。どうせ明日埋葬だから、会場のスタッフにお願いしてドライアイスは出したままの状態にしているよ。」

ひいおばあちゃんを挟むドライアイス
image photo

すると母が言いました。

「そうなの?!ありがとう、あなたから連絡が来る数秒前に、私また声が聞こえたのよ、、」

と、母は必死にひいおばあちゃんが感謝しているという気持ちを、父に説明していました。

これは本当にあった実話です。

亡くなった方の魂が生きている人間にテレパシーを送るなんてことは、にわかには信じられないことですが、あの経験をした私たち家族は、どうしてもこの不可解な一日の出来事を忘れられません。

現実でないような、不思議な思い出です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました