【怖い話】実話怪談|短編「捻れた時間」広島県の不思議体験談

投稿者:らて さん(25歳/女性/会社員/栃木県在住)
体験場所:広島県S市の某貸し宿

これは私が小学生の時に実際に起きた話です。

当時、私は広島県のS市に住んでおり、私が通っていた小学校では、毎年、農業体験会という泊まり込みの学校行事がありました。

昼はS市の農家の方々のサポートを受けながら農業のお手伝いをして、夜は潰れた旅館(旅館として潰れてはいるものの、貸し宿として運営)で夕食、入浴、宿泊をするという流れの2泊3日の行事でした。

宿泊先の旅館
image photo

それまで1度もお泊まりをしたことがなかった私は、とても楽しみでウキウキしてその日を迎えました。

私が宿泊した部屋は、女の子5人組の和室でした(雑魚寝形式)。

お昼に農業体験を終え、夕食の前に布団の準備をするよう担任の先生に指示され、みんなで準備をしました(準備がてら枕投げとかもして、とても楽しかったです)。

その後、夕食・入浴をすませ、宿泊する部屋に戻ると、ある一人の子が(仮にAさんとします)、「きゃー」と悲鳴をあげました。

見るとAさんの敷布団と掛布団との間に、黒くて長い女の人の髪の毛の束が置いてありました。

髪の毛の束
image photo

私たちの部屋には髪が長い人はおらず、少し不気味に思ったものの、ほかの部屋の誰かのイタズラか、もしくは前に布団を使った人の髪の毛が残ってしまっていたのだろうと考えることにしました。

そして2日目の夜、私たちは昨日と同じように夕食・入浴を済ませ、宿泊部屋に移動しました。
そして就寝時間を迎えた後、Aさんに異変が起きたのです。

私は就寝時間後もなかなか寝られず、隣にいたBさんと話をしていました。
すると、私の斜め前で寝ていたAさんが突然立ち上がり、部屋から出て行きました。

宿泊部屋にも一応トイレはあったのですが、とても古くて汚かったので、共用トイレの方へ行ったのだろうと私たちは思っていました。

ですが、1時間経っても2時間経ってもAさんは帰って来ません。

不安になった私とBさんは、部屋にいる他の子達も起こして、先生にも知らせ、みんなで旅館内を探すことになりました。
ですが、どこを探してもAさんは見つかりませんでした。

30分位で全ての部屋を捜索し終え、1度宿泊部屋に戻ると…
Aさんが戻ってたんです。

戻っていた友人
image photo

部屋に一人佇むAさんの姿は、どこか呆然としており、まるで放心状態でした。

ですが私たちの姿を認識し、我に返ったAさんは唐突に、
「もう帰って来れないかと思った~!!!」
と、青ざめた顔をしながら号泣し出したんです。

事情を聞いてみると、やっぱりAさんは共用トイレに行ったそうなのです。
それで用を足し、個室から出ると、トイレの出口が2ヶ所に増えていたと言うんです。

共用トイレの入口は一つです。
中に入ると左手に個室が並び、右手に洗面台と鏡があります。

入口から見て正面の突き当りには、小さな窓があるだけです。
ですがAさんが個室から出ると、その小さな窓があったはずの場所に、もう1つ扉があったそうなんです。

もう一つの扉
image photo

しかもAさんはあろうことか、その突然現れたもう1つの扉に手を掛け、そちらから外に出たんだそうです。

しかし、その先に広がっていたのは真っ暗な闇。

扉の先に広がる闇
image photo

「やっぱりこっちは違う」

そう感じたAさんは、引き返そうとしたのですが時すでに遅し…
扉は勝手に閉まっており、真っ暗闇の中ではもはや扉があった場所も分かりません。

パニックに陥ったAさんは、がむしゃらに壁を這いながら扉のノブを探しました。
すると暗闇を彷徨うこと10分。
ようやくドアノブが見つかり開けてみると、先程のトイレに戻ったんだそうです。

凄まじい不安から解放されたAさんは、無我夢中で宿泊部屋まで戻りました。

ですが、部屋には誰もおらず・・・自分は未だに異空間から出られていないんだと思い放心していたところに、私たちが戻ってきたのでした。

震える声で、涙ながらにそんなことを話すAさんが、嘘をついているとも思えません。
そこにいる誰もが凍り付いていました。

しかも、Aさんの体験上では約10分程度の出来事だったようですが、私とBさんがみんなを起こして、先生と一緒にAさんの捜索を始めたのは、Aさんがトイレに立ってから約2時間後のことです。

このありえない程の大幅な体感時間のズレにも、私たちは得体の知れない不気味さを感じたんです。

次の日の朝、農家さんの1人から聞いた話によると、なんでもこの旅館には霊の通り道、いわゆる霊道が通っていると言われているそうです。
旅館が潰れてしまったのも、それが原因なんだとか…

旅館の霊道
image photo

もしかしたらAさんが開けてしまった扉は、霊道の入り口だったのでしょうか?
その扉を境に「あの世」と「この世」に分かれ、時間の流れまで変化するのでしょうか?

それに宿泊初日に布団に挟まっていた長くて黒い髪の束って、もしかしたら、扉の向こうから現われた誰かのものだったんでしょうか…

どちらにせよ、Aさんは無事に戻れて良かったですが、もし戻れなかったら…
そんなことを考えると、今でも少し、背筋が寒くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました