【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「就活メンター」就活中の恐怖体験談

投稿者:らごろう さん(20代・男性・エンジニア・東京都在住)
体験場所:東京都S区の某ビル

これは私が就職活動をしていた時のことです。
私は就職活動の開始が遅かったたため、挽回すべく躍起になって就職先探しをしていました。

そんな時友人から、
「就職をアドバイスしてくれるメンターという人がいるから、そういうのも利用してみたら?」
と言われて、早速利用してみることにしました。

メンターに応募
image photo

メールを送ると一時間も経たないうちに連絡が来ました。

「○○時××分に、東京都◆◆区のビルに来ていただけませんか。
面接対策のためのノウハウを無料で教えます」
メールにはそのような内容が記載されていました。
(実際はもっとかしこまった文章でしたが)

私は少し不審に思いましたが、その後、メールに記載されていた電話番号にかけてみると、感じのいい女性が対応してくれたので安心して行ってみることにしました。

指定された場所につくと、10階はあるであろうビルが正面に立っていました。

私は恐る恐るビルの中に入っていくと、そこにはジャニーズに居てもおかしくないほどの容姿端麗な男性がいて、満面の笑みで迎えられました。

容姿端麗メンター
image photo

「お待ちしておりました。光川(仮名)さんですね。初めまして。就職メンターの春日(仮名)と申します。どうぞこちらへ」

案内されるがまま付いて行くと、お洒落なオフィスの窓際の席に案内され、そこで春日という男が、
「えっと、就職活動でお悩みだとか」
と、気さくに聞いてきたので

「はい、そうです。初めてなのでどこから手を付けたらいいかわからず。あと、自分が何をしたいかも不明瞭で…」

「なるほど、そうなんですか。因みに今、不明瞭だと言いましたか?」
「はい、言いましたけど…?」

「でしたら、とっておきの会社があるんですよ」

そう言うと、春日はスマホを取り出し操作し始めました。
すると近くにあったプリンターが作動し、とある会社の概要が記載された書類が出てきたんです。

面接先が書かれた書類
image photo

「こちらのA社は、やりたいことがない人にとっては最高の会社なんですよ」
「はぁ…。そうなんですか」
「えぇ!きっと気に入ると思いますよ!」

正直、面接とは関係のない会社の仲介で終わってしまいましたが、それでも『内定』という甘い二文字に踊らされ、不審には思ったものの、とりあえずA社を受けてみることにしました。
 
面接当日、私はそこで衝撃の体験をすることになります。
なんと面接官の簡単な質問にいくつか答えただけで

「君はもしかしたら、履歴書に書いてあるスキルを活用したいと思っているようだけど、今確信した。そのスキルは実践では使い物にならないよ。君は営業をやるべきだ」
「え!?営業ですか!?」
「あぁ、君は間違えなく営業向きだ。どうだろう、君は特別優秀だから二次・三次をとばして、一気に最終面接まで行ってみようか?」

突然の説得に(営業向きであることをしつこく主張してくる)、私は呆然と立ち尽くしてしまいました。

面接官の主張
image photo

「あの…。少しお時間をいただいても良いですか?」
「う~ん。まぁいいよ。わかった。だけど、うちは結構人気の企業だから、早めに決断してくれると嬉しいな。こちらも採用できる人数には限りがあるから」

確かに、人気企業であることを証明するように、面接会場である本社は、表参道にある某オフィスでした。

私は最終面接を受けるか否か迷ってしまいました。
その迷いを断ち切るために、紹介された会社の口コミや評判をインターネットで調べてみました。

口コミや評判をネット調査
image photo

すると、某大手口コミサイトでのその会社の評価は、星5中で星3という評価がなされていました。
そして私はそこで、更なる驚愕の事実を知ることになるのです。

驚愕の事実を知る
image photo

なんと、そこの評価サイトのレビューの中に、春日のフルネームと全く同じ名前のアカウントで星5の評価をするレビューを見つけたのです。
しかも、そのレビューに対するコメントも全てが星5、逆に星5以外のコメントがありません。
他にも星5のレビューはあれど、やっぱりそのレビューに対しコメントを書いている人は極端に少ないんです。つまり共感者がいない星5のレビューばかり。

逆に星1のレビューも多く存在しており、しかもその内容の多くは…
「メンターに騙された。」でした。

メンターに騙された
image photo

私はその後、メンターとの連絡を絶ち、自分の力だけで就職活動を再開させました。
ですが、これから出る社会の暗部を垣間見たようで、未来に向かい就活する気持ちは重くなり、深い溜息が洩れました。
他人を盲信して生きるのは危険です。
皆さんも気を付けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました