【怖い話】実話怪談|短編「病棟夜勤で一番怖いこと」北海道の心霊体験談

投稿者:かなこ さん(20代/女性/主婦/北海道在住)
体験場所:北海道札幌市の某病院
病棟夜勤
image photo

これは先日、初めて親子水入らずで旅行に行った時に、私の母から聞いた話です。

母は私を産む前からずっと、北海道札幌市近郊の大きな病院から個人クリニックまで、看護師として様々な病院に勤めていました。しかし、私が生まれてからは、子育てのために正社員を辞め、パートとして働いていたそうです。

医療系とはまったく無縁の私は、今まで母から仕事の話を聞くタイミングが無かったので、せっかくの旅行ということもあり、色々な話を聞くことにしました。

母は嬉しそうに、外来でこんな事例があった時は驚いたとか、看護師の人間関係の難しさなどを話してくれましたが、時間ももう夜中の0時を過ぎた頃、こう口にしたのです。

「病院の怖い話、聞きたい?」

病院の怖い話、聞きたい?
image photo

母は笑いながらそう言ってビールを一口飲みました。
母はあまり冗談を言うような人ではなかったので、私は珍しいと思い興味本位で話を聞くことにしました。

病院というのはやはり怖い話には事欠かないようでして、どんな看護師でも1つくらいは怖い体験談を持っているそうなのですが、母も若い頃に一度だけ怖い体験をしたと話し始めました。

当時、20代の母は免許とりたての新人看護師でした。
今よりもずっと昔の病院ですから、どこか薄暗い雰囲気が漂う古い内装だったそうで、母はもちろん、同期全員が夜勤を気味悪がり嫌がっていました。

しかし、シフトというのはどんなに嫌でも回ってくるもので、その夜は仕方なく母も夜勤に就いたそうです。
夜勤の人数体制は医師1人に看護師3~4名といった感じだったそうです。

その夜のこと、ナースコールが響き渡りました。
母は、医師と看護師もう一人とコールがあった病室へ向かい処置を施したのですが、その患者さんは間もなく息を引き取ってしまいました。

医師の確認を取り、母はもう一人の看護師と共に患者の遺体を別室に運びました。

それからご遺体の処置に入るそうなのですが、患者というのは息を引き取る際、ドラマのようにきれいに目を閉じて死ぬわけではないようで、どんな人でも大体は目が半開きになっているそうなのです。

そのままにしていては眼球が乾いてしまうので、濡れたガーゼなどを乗せ、時間ごとにそれを取り換えて保管するそうです。

瞼に濡れたガーゼをかぶせる
image photo

母ともう一人の看護師でその処置を行い、鼻の穴に綿を詰めたりと、とりあえずの処置を終え、一度ナースステーションへと戻りました。

「私、ご遺体のガーゼ変えるの、ほんと怖いんだよねぇ」
と同期の看護師が言うと、続けて先輩看護師が言いました。

「あー、それ分かるわ。ガーゼめくった時に患者さんと目が合ったらと思うと怖くて怖くて…私も新人の時は慣れるまで時間かかったもんだよ~」

(確かに…)と母は思いましたが、運悪く先ほどのご遺体のガーゼ交換は母に任されていたそうで、ガーゼが乾くタイミングを見計らって、母は他の看護師に見送られながら個室へと向かったそうです。

ご遺体しかいない部屋。
電気をつけてもどこか薄暗い雰囲気に、母は息を飲んだそうです。

暗い部屋
image photo

しかしガーゼを交換しないことにはナースステーションへ戻れない。こんなことならもう一人ついてきてもらえばよかった…と思ったそうですが、仕事中にそんな弱音は吐いてられないと、意を決してベッドに横たわるご遺体に近付きました。

「し、失礼します…」
目が合ったらと思うと怖くて怖くて、という先ほどの先輩看護師の言葉が頭の中で再生されます。

ガーゼをめくったところを薄目で確認。
母はホッと胸を撫でおろしました。
ご遺体の目はほとんど閉まっているに等しく、目が合うはずもないような状態だったそうです。
続いて反対の目のガーゼも剥がしてトレイに載せました。

(まったく、夜勤の時に怖い話をするものじゃないな。)
そう思いながら母は後ろを向き、新しい濡れたガーゼを手にして、再びご遺体に向き合いました。

と……見ているのです。
そのご遺体が、母を。

遺体の目が開いている
image photo

さっきまでほとんど閉まっていたはずの目が開き、じっと母を見ているのです。
瞳孔が開ききった真っ黒い穴のような目を突然向けられた母は、

「…え?」
反射的にそうつぶやき、すぐに目をぎゅっと固くつむったそうです。
(どうして・・・なんで目が開いてるの・・・)
余りの恐怖に混乱した母はそのまま身動きできませんでした。

・・・そうして、何分経ったことか。
覚悟を決め、ゆっくりと目を開けた母の視界に映ったものは、最初に見たのと同じ、ほとんど目を閉じたご遺体だったそうです。

それでも怖くて怖くて堪らない母は、乱雑に濡れたガーゼを両目に被せると走ってナースステーションへ戻りました。

「目、が。目が、開いて…こっち、見てました」
母は先輩看護師にそう震えながら言いましたが、全員に笑い飛ばされてしまったそうです。

それ以来、母は病棟夜勤が怖くなってしまったようで、夜勤のない外来クリニックに転職したそうなのです。
その後、私を妊娠した時に完全にパートへ移行したそうなのですが…。

母はこの話をした後、にやりと笑って、「嘘じゃないよ」、と言いました。

「深夜にこんな話を聞くんじゃなかった…」
そう感じた私は、その夜、一睡も出来ずに次の日の朝を迎えました。

みなさんも、くれぐれも病院に入院される時はお気をつけ下さい。
病院は怖い話に事欠かない場所だそうですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました