【怖い話】実話怪談|短編「幽霊の行先」兵庫県の心霊体験談

投稿者:NTM さん(19歳/女性/学生/兵庫県在住)
体験場所:兵庫県神戸市

私の中学校時代の友人A子の話なのですが、彼女は俗に言う「パリピ」グループの一人で、いつも明るい人でした。

色々あって真逆の性格の私とA子は仲良くなったのですが、ある日二人でいつものようにご飯を食べている時に、思い切ったかのように彼女が話し出しました。

その内容は、『A子は視える人』、だと言うのです。

視える人
image photo

A子のタイプ的に、幽霊なんて信じない人だと思っていたので、こんなことを言われ私は戸惑いました。

「どうせ他の人に言っても、冗談だとからかわれそうで相談できなかった。でも○○(私)なら真剣に聞いてくれると思って…」
と困り顔で頼まれたので、私は仕方なくそのままA子の話を聞くことにしました。

彼女の家は5歳上の兄と両親の四人暮らしでした。

視えるのはA子と母親。
父親は視えない人で、男女の遺伝とかも関係するのか兄も視えないそうでした。

そのため兄は怖いもの知らずといった感じで、平気で友人と心霊スポットに行ったりするらしく、A子はそれがとても嫌だったそうです。
というのも、兄は視えない割には憑かれやすい人だそうで、心霊スポットに行く度に、何かしらを連れて帰ってくるというのです。

私がA子からこの話を聞く1ヶ月前、A子の兄は近所で有名な森の中にある心霊スポットに行ったらしく、その時も、一人連れて帰ってきたそうなのです。
それは、背の高い黒い影のような女の人で、兄の後ろにピッタリとくっついていたと…

兄に着いてきた黒い影
image photo

兄は視えない人なので、それを全く気にする素振りもなく、A子も母親も視えるというだけで、それを祓うといった力はないため、仕方なく放っておくことにしました。

今までも、そうして放っておくと、何時の間にか兄に憑いてきた何かは兄の周りの他の人のところへ行って、消えてくれていたのだそうです。

ですが、今回憑いて来た女は、一週間経っても一向に消える気配がありません。
それどころか、最初は兄の真後ろにピッタリとくっついていた女が、段々と兄から離れ、家のどこかで佇むようになり、気付くと廊下やお風呂場でジーッと留まっていたりすることが増えたそうです。

特に何をする様子でもないものの、視える彼女と母親にとっては、家の中でふと女を見かける度に嫌な気持ちになるそうです。

さらに数日が経っても、その女は兄から離れず家にいました。

それは相変わらず、ふとした時に家のどこかに佇んでいるのですが、少し違ってきたのは、以前よりそれは、A子のことをジッと見つめていることが増えたそうです。

特にA子が洗面台で髪を乾かしている時が多いらしく、後ろの廊下から、首を横にひねってジッとA子を見つめている女が鏡ごしに視えるそうです。

鏡越しに見える霊
image photo

A子もそろそろ限界で、兄に「なんとかしなさいよ!」と怒るものの、視えない兄にはどうすることもできません。

そのまま放置すること1ヶ月。
A子はこの状況を抱え込むのが限界となり、私にその話をしてきたのでした。

とはいえ私には霊感などないですし、そもそも正直そういった類の話は信じてもいないため、ただ彼女の話を「ふーん」と聞くしかできませんでした。

それから更に一週間後、またA子とご飯を食べに行く機会がありました。
彼女はいつも通りの様子で楽しくご飯を食べ終えたところで、前回とは違い明るい様子でその話を切り出しました。

以前、私に話してからの一週間の間も、やはり女は相変わらず家のどこかに現われては静かに佇み、たまに首を捻ってA子を見つめていたそうです。

ですが、元々幽霊を視ることが多いA子は、流石にだんだんと慣れてきたそうで、女がいても気にならくなってきたある時…ふいに女がいなくなったそうです。

「お兄ちゃんの友達のところにやっと回って行ったんだと思うよ。いつもそうだから。」
と、食後のジュースを飲みながらスッキリした顔でA子は言いました。

「よかったじゃん」
幽霊の真偽はどうであれ、まあA子がスッキリしたのならと、私も安心して家に帰りました。

その直後、彼女から急に電話がかかってきました。

普段友達と電話をするということが滅多にないので、私は緊張して電話に出ました。

すると慌てた様子のA子が、
「今晩泊めてほしい」
と頼んできました。

なにぶん人見知りな私は友人を家に泊めるなど滅多にないのですが、尋常ではないA子の様子に断ることもできず、「おいで」と返答してから急いで部屋を片付けました。

家のチャイムが鳴って迎え入れた彼女は、さっきご飯を食べに行った時の服装のままでスマホと財布だけ持っていて、信じられないぐらい息が上がっていました。

とりあえず部屋に入れ、飲み物を手渡すとA子は一気にそれを飲み干し、ゆっくりと話し出しました。

さっき私と分かれた直後、両親から帰りが遅くなるという連絡が来て、次いで兄からも遊んでるから遅くなるとの連絡が来たそうです。
A子はまあいいやと、そのまま誰もいない家に帰ったのですが、玄関前で何か嫌な感じがしたそうです。

恐る恐る玄関の扉を開けた彼女は、家の中の廊下を見た瞬間、急いでドアを閉め私に連絡したそうです。

家の中の暗い廊下の先には、消えたはずのあの女が、あらぬ方向に首を曲げA子を見つめていたそうです…

消えたはずの女の霊
image photo

翌日、A子は家に帰り、その後どうなったのかは知りません。
それ以降A子からその話をしてくることはありませんでしたし、私からも聞くことはありませんでした。

ですが、ちょっと引っかかる事があります。
A子が言っていた「周りの誰か他の人のところへ行く」という言葉。

もしかしたら、A子から私のところに来ることもあったのかもしれませんよね。
というか、A子が私にこの話をしなくなった理由って・・・
そう考えてしまった私は、少し怯えて中学校生活を過ごしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました