【怖い話】実話怪談|長編「廃病院の処方」愛媛県の心霊体験談

投稿者:ポムポム さん(31歳/男性/介護職/愛媛県在住)
体験場所:愛媛県S市

当時、愛媛県S市に住んでいた私が、高校3年生の7月頃に体験した話です。

「学校の近くに数十年前に潰れた廃病院があるから、肝試しに行かないか?」
と友人から誘われました。

もちろん怖いもの見たさで興味はありましたが、私も含め他に誘われた友人達も廃病院は流石に怖く、せめて昼間にということで肝試しを決行することになりました。

その日、私を含めた6人で午後の学校を抜け出し、30分程自転車を走らせ雑木林の中にひっそりと佇む廃病院に向かいました。

実際にその廃病院に到着して私たちは固唾を飲みました。

ガラスは割れ、空き缶やゴミ袋、不法投棄物などが散乱していて、壁にはヤンキーちっくな落書き。

その姿は正に私たちが想像した通りの廃病院でした。

雑木林の中の廃病院
image photo

2階建てだったので3人づつに分かれ探索することになり、AとBとCは2階へ、DとEと私が1階を調べることになりました。

床板が腐っていたり危険な箇所もあり、気を付けながら散策していると、ふと診察室のプレートが掛かっている部屋が目に入り、ガラガラっとおもむろに扉を開けた次の瞬間、

(ここはダメだ・・・)

直感的にそう感じました。

何故なら他の部屋はガラスが割れていたり落書きがあったりで荒れ放題なのですが、その部屋だけ異様に奇麗なのです。

異様に綺麗な診察室
image photo

確かに部屋の中は埃を被っているのですが、埃には足跡も無く、荒らされた形跡も人の入った形跡も全くなかったのです。

私は直ぐに扉を閉め、その部屋を後にしました。

引き続きCとDと他の1階の部屋を散策していると、2階組のBから電話が掛かってきました。

「Aが居ないんだけど、そっち行ってない?」

もちろんこちらは誰も、1階2階に分かれて以来Aの姿は見ていませんん。

仕方がないので一度みんなで集まりAを探すことになりました。

5人で1階2階と隈なく探したのですが、どこにもAの姿はありません。

あと探していない場所は先ほどの診察室です。

なぜかそこだけは誰も手を付けていませんでした。

私は意を決して船頭を切り診察室へ向かい、恐る恐る部屋の扉を開け中を覗きました。

異様に綺麗な部屋。廃病院らしからぬその異質な光景に友人達も恐怖しているようでした。

その時です。ふと奥の方から誰かの声が聞こえてきます。

Aが居るのかと思い部屋の奥に進むと、そこには、こちらに背を向けたAが丸椅子に座り、向こう側にあるカーテンで仕切られた診察スペースの方に目を向けていました。

「何してんだ!?」

と呼ぶとAは振り返り、

「何って…あれ?何でこんなところにいるんだっけ?」

とAはとぼけたことを言い出しました。

何があったのか詳しく聞くと、

「2階を散策していたら、BとCが先に1階に降りていくのが見えたから、置いて行かれると思って階段を駆け下りたんだ。そしたら診察室の扉が半開きだったから中を覗いた所までは覚えてるけど…」

…そのあとが思い出せないとのことでした。

それを聞いた私たちは皆、猛烈に気味が悪くなり、肝試しは終了。

急いでその廃病院を後にして家に帰りました。

廃病院から逃走
image photo

その次の日です。

私が学校に行くと、いつも30分前には登校しているAが来ていません。

遅れているのかと思いましたが朝のホームルームの時間になっても現れず。

先生に聞いてみると

「Aは体調不良で休んでいる」

とのことでした。

昨日のこともあって心配ではありましたが、

「きっと明日には来るだろう」

と、私たちは思っていました。

ですが、2日経っても3日経ってAは登校してきませんでした。

メールを送っても返事は無く、流石にこれはおかしいと思い、肝試しに行ったメンバーでAの自宅までお見舞いに行くことにしました。

その日、学校終わりにAの家に行くと、お母さんが出てきて、

「気分が悪いからAは病院に行ったのよ」

と言われたので、病院の場所を聞き、念のため様子を見に行くことにしました。

その病院の受付の人がちょうど私の知り合いだったので、Aのことを聞いてみると、

「A君?今日は来てないけど?」

と言います。

じゃあどこに行ったんだ?となった時、Cが言いました。

「あの病院に行ったんじゃないか?体調不良になったのも、あの病院に行った翌日だし…あの時も様子が変だったし…」

そんなはずはと思いながら、私たちは自転車を走らせ例の廃病院に行くと、入り口にAの自転車が止まっていました。

私たちを言い知れぬ不安が襲いました。

緊張した面持ちで廃病院の中に入り、誰が言ったわけでもないのに皆まっすぐに診察室へ向かっていました。

扉越しに診察室の中を覗くと、3日前に私たち入り込んだにも関わらず埃には足跡が無く、この前と同じように部屋全体に均一に埃が積もっています。

恐る恐る扉を開けると、この前と同じようなAの話し声が奥から聞こえてきました。

中に進むと、丸椅子に座ったAが誰も居ないはずの向かいの椅子に向かって何かを話しています。

「A!何やってんだ!!!」

と大声で呼ぶと、振り返ったAが涙を流しながら笑っているんです。

泣きながら笑っている友人
image photo

やばいと思い、みんなでAを引っ張り部屋から連れ出しました。

その時、ふと奥を見ると診察スペースのカーテン越しに確かに誰かが立っているのが見えたんです。

診察スペースの人影
image photo

もう半狂乱で私たちはAを連れて廃病院を出て、自転車に飛び乗り一目散に逃げ帰りました。

落ち着いてからAに事情を聴くと、3日前のあの日、病院から帰って来ると、ポケットの中から妙なものが出てきたと言います。

それは、その廃病院が廃業する前に使っていたのであろう『処方薬を入れる袋』だったそうです。

気味が悪くなったAは、家のゴミ箱に捨てるのも嫌だったので、自転車を走らせ近所のコンビニのゴミ箱に捨ててきたそうです。

その翌日から、体調が悪くなったと…

学校を休んでいつもの病院に行こうと家を出るのですが、どうしても何故かあの診察室に呼ばれている気がして行ってしまったのだと…

あまりのことに私たちは言葉も出ず、ただただAの話に耳を傾けていました…

もちろん誰もAの話を疑うことはありません。

みんなあの診察室で、カーテン越しに立つ誰かの姿を見ていたから…

その後、Aにも私達にもおかしな現象は起きず、皆無事に高校を卒業しました。

因みに、卒業後は進学なり就職なりで、みんな各地に散り散りになりましたが、Aだけは地元に残ったままでした。

そんなAに先日聞いた話によると、例の廃病院は既に取り壊されたそうです。

ですが、その跡地は未だに買い手のつかない売り地となっていると言うことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました