【怖い話】実話怪談|短編「杖のおじいちゃん」静岡県の心霊体験談

投稿者:あー さん(30代/女性/主婦/静岡県在住)
体験場所:静岡県静岡市

これは、静岡県静岡市に住んでいた私が中学生の時、私の友人に実際に起こった体験談です。

私の友人のSさんはとても明るく、人柄の良い女の子でした。

挨拶もきちんとするので、近所の評判もとても良かったです。

近所でも評判の女の子
image photo

それは、夏の終わりを感じる涼しい日のことです。

部活帰りの夕方、友だちとも別れ、Sさんは家まであと少しという下り道に差し掛かっていました。

お寺とお墓を通り過ぎると公園が見えて来るその下り道は、普段から人通りは少なく静けさを感じる道でした。

実際にその時も、Sさんの他に歩いている人は見当たりませんでしたが、それが普段と変わらない光景です。

静寂の中、しばらく1人で歩いていると、前方からこちらに向かって歩いて来る人の姿が唐突に目に入ったそうです。

突然現れた人影
image photo

(いつの間にいたのだろうか?)

という気もしたそうですが、よく見ると近所に住む杖をついたおじいちゃんだったので、ホッとしたそうです。

静かな夕方だったからでしょうか、いつもよりコツコツコツコツという杖の音が耳に残ります。

気のせいか、お互いに向きあって歩いているにも関わらず、なかなか距離が縮まらない感じがしたそうです。

ですが、どう見てもやっぱり近所のおじいちゃんだったので、Sさんは微妙な違和感を特に気にかけることもなく、おじいちゃんと行き交わす際に普段通りに挨拶をしました。

おじいちゃんもいつも通り会釈を返してくれたそうです。

近所に住む杖のおじいちゃん
image photo

それから家に帰り、いつも通り夕食の時間になりました。

お母さんが夕食の準備をしてくれていたため、Sさんも手伝いながら学校での出来事など、たわいない会話をしたそうです。

そんな中、特に気にかけてもいなかったのに、ふと、帰り道に会ったおじいちゃんの姿が思い浮かんだそうです。

「そういえば、さっき帰り道で、杖を突いたあの近所のおじいちゃんを久しぶりに見たよ。挨拶をしたら会釈も返してくれて、まだまだ元気そうだったよ。」

と、お母さんに話し終えると、お母さんの動きが止まっていることに気がつきました。

しばらく間が開いた後、お母さんはSさんの方を振り向いて、

「杖のおじいさんって、〇〇のおじいちゃん?」

と聞き返してきました。

「え??そうだよー??」

と、当たり前でしょと言わんばかりにすぐに返答したそうです。

するとお母さんは、

「何言ってるのよあんたー。〇〇のおじいちゃんは1週間前に亡くなって…あんたにも言ったじゃない。」

と言うのでした。

一週間前に亡くなっていた
image photo

言われてみれば、そんな話しを聞いた気がするSさんですが・・・じゃあ今日会ったのは・・・と、一気に背筋が凍る感じがしたそうです。

ですが、後日この話をSさんが私と友人たちに話してくれた時に、友人の1人がSさんを気遣ってくれたのか、こんなことを言いました。

「おじいちゃんは、最期の挨拶に来てくれたのかもしれないね。」

その一言で、Sさんのモヤモヤも解消したようでした。

でも本当に、その近所のおじいちゃんは、Sさんに最期の挨拶をしに来たのでしょうか?

それとも、お墓に向かう途中のおじいちゃんにSさんが出くわしたのでしょうか?

それとも、自分が死んだことに気付かずに近所を散歩をしていたのでしょうか?

どういった理由でおじいちゃんがSさんの前に姿を見せたのか、本当のところは分かりませんが、当時中学生の私たちにはとても怖くて不思議な話であったため、今でも鮮明に覚えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました