【怖い話】心霊実話|短編「展望台の声」広島県の恐怖怪談

投稿者:モッピー さん(20代/女性/主婦/熊本県在住)
体験場所:広島県にあるとある展望台
【怖い話】心霊実話|短編「展望台の声」広島県の恐怖怪談

これは、去年まで住んでいた広島県で体験した話です。

その日は休日で天気も良かった事もあり、主人と海までドライブに行こうという事になりました。

当時、広島市内に住んでいた私たちは、そこから約1~2時間ほど車を走らせて目的の場所に到着しました。

そこには大きなグランドホテルがあり、すぐ上には山の中へと続く広い道があります。
ホテルの近くに車を停めれば海はすぐそこなのですが、その山の中の道を進むと展望台があるという事が分かったので、せっかくだからと山の方へ向けて車を走らせました。

山道を進む途中、路駐する何台かの車とすれ違ったので、結構人出の多い名所なのだろうと思い私たちはワクワクしました。

無事に駐車場に辿り着くと、狭い駐車場はすでに満車。なるほど路駐が多かったのはこういうことかと、私たちも元来た道を引き返し、邪魔にならないように路駐して、そこから展望台まで歩いて行く事にしました。

15分ほど歩いてようやく展望台に到着。山の中にそびえ立つ展望台は、決して大きな造りではありませんでしたが、周りには小さな子供を連れた家族連れも大勢いて賑わっていました。

展望台の先には更に道が続き、道順に沿って階段を降りると、目の前には綺麗な海が広がります。そこには多くのカップルやアロハ教室を開いている外国人の方々の姿もあり、展望台よりも更に賑わっていました。

そのまま海沿いをしばらく進むと、驚くことに、最初に到着したホテルに出たんです。

「初めからこっちに車を停めればよかったね」と言って、主人と笑いながら引き返していたその時、

「〇△×◇△〇△〇×…」

右の耳元からぼそぼそと何かを話す男の低い声が聞こえたのです。

「えっ!?」

突然聞こえてきた声に驚いて、反射的にそちらを振り向いたのですが誰もいません。

実は元々霊感体質だった私は、以前にも不思議な体験や怖い思いをしたことがあります。
ですから今回もその類の現象だったら嫌だなと思い、(気のせいだ。周囲には会話をしている人が大勢いるのだから、きっとそのせいだろう。)と、無理に自分に言い聞かせ、展望台を後にしたのです。

ですが、帰りの車内でもずっとさっきの事が気になってしまい、もしかして何か曰くがある展望台なのかと早速スマホで検索してみたのです。

すると、かなり少ない数ながらも、そこを心霊スポットと噂する情報もチラホラあり、不思議な体験をした人や、影のようなものを見かけたという体験談もありました。
更には、かつてその展望台で自殺をした人がいるという情報もあります。

(嫌だな…)と思いつつ、結局、声のことは忘れるしか方法がないのだから、検索したことを少し後悔しながら私たちは帰路に就きました。

その晩は少し不安でしたが、私も主人の身にも何も起こらなくてホッとしていたんです。

それから1週間後…

展望台で聞いた声のことは忘れかけていたその日の夜、隣で眠っていた主人が金縛りにあったと突然飛び起きたのです。

しかも金縛りで体が動かない間、ずっとお腹の辺りに女が乗っていたと言うのです。

私はすぐに展望台でのことを思い出したのですが、(あの時聞こえた声は間違いなく男性のもの。主人の言う女とは関係ない。きっと主人は疲れていたのだろう)と、自身に言い聞かせるようにそう考えたのです。

その数日後のことです…

夕方、家でテレビを見ながらくつろいでいると、ベランダの外を黒い影がフッと移動するのが横目に見えました。

それは明らかに鳥よりも大きな影です。

間違いなく怪異であることを直感した私は、とにかくそれに気付いたことを気付かれてはいけないと、テレビから目を逸らすことなく、冷や汗を掻きながらもその場をやり過ごしました。

ですが、その日の深夜のこと。

この日、主人は釣りに出かけており、1人で眠っていた私は、ただならぬ気配に目を覚ましました。

金縛りなのか、身体は全く動きません。

しかも左側からは、ぼそぼそと誰かが呟くような声が聞こえてきます。

私は恐る恐る横目で声のする方を確認すると、ベットの横に髪の長い女が座っていたんです。

女の口元は寝ている私の耳にくっ付くくらいの位置に迫り、その目は私の顔を見下ろすようにジッと見つめ、ぼそぼそと何かを呟いているんです。

その声は間違いなく展望台で聞いた声と同じでした。

私が男性だと思ってい声の主は、声の低いこの女の声だったのです。

主人の上に乗ってきたという女も、きっとこの女なのでしょう。

あの展望台で声に反応してしまった私を、ずっと彼女は探し、ようやく見つけたということなのでしょう。

ですが、このまま何も抵抗しないわけにはいきません。

昔、母からこのような怖い目に遭ったときの対処法を教わりました。
それは、「来るな」と自分をガードするイメージで強く念じること。

私は直ぐに目を閉じて「来るな」と何度も何度も心の中で念じ続けました。

その甲斐あってか、いつの間にか女の声は聞こえなくなり、恐る恐る目を開けてみると、女の姿も消えていました。

その後、女が姿を現す事はなく、特に変わった事も起きていません。

そして、これはあくまで私の想像なのですが、彼女から感じたこの世に執着するような重たい念。もしかしたら彼女は、あの展望台で、無念にも自殺してしまった人なんじゃないかと私は思うんです…

コメント

タイトルとURLをコピーしました