【怖い話】実話怪談|短編「噂の病室」静岡県の心霊体験談

投稿者:寒がり さん(20代/女性/看護師/静岡県在住)
体験場所:静岡県S市の某病院

私の大学時代の同期で、看護師をしているA子が体験した話です。

A子は静岡県S市のとある病院で、血液内科病棟に勤務していました。

入社した時からその病棟に配属されており、その頃は既に看護師歴4年となっていました。

看護師が夜勤で働く際は、婦長の代わりに病棟の代表となるリーダー業務を行う看護師が、その日の勤務者の中から一人選ばれます。

A子は1年前からそのリーダー業務を任されるようになっており、その日も、A子を含める3人の看護師のリーダーとして夜勤に就いていました。

8月の終わりの頃で、お盆の時期に具合の悪かった人が連れ立つように数人亡くなっていたこともあり、その日の受け持ち患者は十人程と少なかったそうです。

そんな理由もあって、病棟は消灯時間を過ぎた頃には静かになっており、いつもは重病者でいっぱいの個室も数室空いていたそうです。

その空き部屋の一つに、A子が入社する前から『幽霊が出る』と長年言われ続けている病室がありました。

幽霊が出る病室がある
image photo

A子は見たことありませんが、病棟に長く勤めている先輩看護師達は誰もが軒並み、その病室で怪現象に遭遇したことがあると言っており、数年前には霊感があると言っていた患者が「この個室だけはすごく嫌な感じがするから近寄りたくない」と漏らしていたそうです。

それでも、人生の中で一度も心霊体験をしたことがないA子は、あまり幽霊を信じるタイプではなかったため、空き部屋となっているその病室のことを気に留めることもなく、夜勤業務をこなしていました。

その夜中3時ごろ。

一緒に夜勤をしていた看護師一人は休憩中で、もう一人の看護師は受け持ち患者の点滴が漏れてしまい針の差し替えに付きっ切りになっていました。

A子は一人ナースステーションで自分の業務を進めていたのですが、突然ナースコールが鳴り、A子はどの病室で鳴ったのか確認しに廊下に出ました。

すると、空き部屋になっているはずの例の個室のコールランプが点灯していたのです。

コールランプ
image photo

(あれ?なんであの部屋から…?)

A子は不思議に思いましたが、特にそれ以上詮索することなく、ピッチ(ナースコールを受信する携帯電話)で、コール点灯を解除しました。

そのままナースステーションに戻ろうとした矢先、A子を呼ぶように再びその個室のナースコールが鳴り響きました。

(え!?何で!?ありえない…)

とA子は咄嗟に思うと同時に、ようやくその病室が幽霊部屋と呼ばれていることを思い出しました。

しかし二度もナースコールが鳴ったからには、なぜ鳴ったのかを確認しなければいけません。

さすがのA子も、誰もいない病室から鳴り響くナースコールと、幽霊の噂に怖気付きましたが、幽霊が怖いから病室の確認をしないなどとは口が裂けても言えません。それに怖いからと言って他の看護師を呼ぶなんてこともA子のプライドが許さず、結局、A子は一人で病室へ向かう事にしました。

一旦ナースステーションに戻って夜間巡視用の懐中電灯を持ち、その病室に向かったそうです。

時々、認知症の患者さんが徘徊し、自分の部屋と間違えて他の部屋に入ってしまうことがあるから、そういう類のことだといいな、とA子は思っていました。

使っていない病室は、当然電気を消してドアも閉めてあります。

A子はドアを少しだけ開け、懐中電灯だけをドアの隙間からそっと差込んでみました。

隙間から中を照らす
image photo

中からは物音一つしません。

もし認知症の方が中に入っていたとしたら、と考えると、部屋全体を確認しないわけにはいきません。

A子は手探りで部屋の電気を点けると、思い切ってドアを全開に開きました。

入り口から部屋を見回す限り、特に何もおかしな点はありません。

ホッとしたのと同時に、明るい部屋を前にしたA子はさっきまでの恐怖感が逆に可笑しくなり、他の二人の看護師達に後で笑い話として話そうと思いました。

とりあえず、ベットと窓の間の死角となっているスペースを確認するため、A子は病室の中に入りました。

ベッドの前を横切り、窓際まで行きましたが誰もいません。

A子はそれこそ笑いが込み上げてきて、とりあえず部屋から出ようとドアの方を向いた、その時です。

懐中電灯を持っていない方の手首を明らかに何かに引っ張られたそうです。

手首を引っ張られる
image photo

「え!?なに!?」

ベッドの枕元に立っている誰かに、引き寄せられるように手首を引かれた感覚だったそうです。

それと同時に、またナースコールが鳴り響きました。

ゾワゾワッとまた全身から恐怖心が湧き上がってきたA子は、電気も消さず逃げるように部屋を出てナースステーションの方へ走りました。

するとちょうど、点滴の差し替えをしていた看護師がナースコールの音を聞き、廊下をこちらに向かって歩いて来るところで鉢合わせました。

その看護師は、例の病室から出てきて顔面蒼白になっているA子を見て、

「手首、引っ張られた?」と聞いてきました。

この病室では沢山の看護師が怪現象を体験したと言っているわけですが、実は誰もが一様に、

「手首を引っ張られて、ベッドの方に引き寄せられた」

と、体験談を語っているらしいのです。

今はA子も結婚退職をして、その病院を辞めています。

でもきっと、その病室では今も、来た人を引き止めるように、何かが手首を引っ張っているのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました