【怖い話】実話怪談|短編「見えない客」京都府の心霊体験談

投稿者:あい さん(30代/女性/飲食店スタッフ/京都府在住)
体験場所:京都府 祇園

これは私が京都の祇園でアルバイトをしていた時に体験した話です。

今から3年くらい前、私は京都の祇園四条駅のほど近くにあるキャバクラでアルバイトをしていました。

お店は繁華街から少し離れた静かな通りにあり、所属している女の子も10人程度のこじんまりとした店舗でした。

京都祇園
image photo

来店するお客さんは地元の人と観光客が半々くらいで、客層は30代から60代のビジネスマンがほとんどだったように思います。

お店は週末こそ賑やかでしたが、世の中が不景気という事もあり、店内がいつもお客さんで一杯というわけではありませんでした。

予約のお客さんがいない時は、お店の代表が店の前に立ち、通りを歩きながら飲み屋を探している男性に声を掛けて呼び込みをするのが日常でした。

お店の入り口には防犯カメラがあり、バックヤードのモニターで代表が声掛けしている様子を見ることが出来ます。

また、代表は常にトランシーバーを携帯していて、バックヤードにあるスタッフ用のトランシーバーといつでも交信できるようになっていました。

私は新入りでお店の中で一番下っ端だったので、バックヤードでお喋りしている時にトランシーバーから声がしたら、すぐに応答しなければなりませんでした。

うちのお店は待機の時間も満額で時給がもらえたので、お客さんがいなくて暇な日は「今日はこのまま誰も来店しなかったらいいのに」と思いながらモニターを眺めたりしていました。

ある週末、私は一人でバックヤードの椅子に座っていました。
店内にいたお客さん達も一気に引いて、そろそろお店を閉めようかという時間帯でした。

いつもは必ず他に誰か一緒にいるのですが、女の子の何人かはお客さんとアフターに行ったり早上がりしたりで、その日はたまたま私一人だけが遅くまで店に残っていたのです。

私はその日来店してくれたお客さんにお礼のメッセージを送りながら、店外にいる代表がトランシーバーで「もう上がっていいよ」と言ってくれるのを待っていました。

あれは1時を過ぎた頃でしょうか。
早く着替えて帰りたいなぁと思っていると、誰もいない静かな店内に突然お客さんの入店を告げるチャイムが響きました。

(え?こんな時間に新規のお客さんを入れたの?)

と不審に思いながら、防犯カメラのモニターを見ると、手を後ろに組んで通りを眺めている代表が映っています。

普段はお客さんが入店したら、代表がこちらまで聴こえる声で「いらっしゃいませ!」とご挨拶してお席まで案内するはずです。

それに、たとえ誤作動でチャイムが鳴ったとしても、入り口に立っている代表にも絶対に聞こえるはずで、何かしらアクションを起こすはずです。

ですが、モニターに映る彼には何も聴こえていないかのように振り向きもしません。

私にしかチャイムが聴こえていないなんて絶対に有り得ないのに。

得体のしれない気味の悪さを感じながら、私は本当に誰も入ってきていないのか確認するため、バックヤードを仕切るカーテンから顔を出し店内を覗き込みました。

店内を覗き込む
image photo

間接照明に照らされた店内を見回すと、そこには確かに誰もいませんでした。

(なんや。やっぱり誰もおらへん。)

と、ホッと胸を撫で下ろした私は、再びバックヤードに戻ろうと思ったその時でした。

閉まったままの店の入口から、ゆっくりと何かがこちらに向かって移動してくる気配を感じました。

見えない何か
image photo

テーブルとテーブルの間を這うように動き回る気配、目には見えないその「何か」が明らかに私の方に近づいて来てるのが分かるのです。

その異様な圧と肌を突き刺すような空気の変化を感じた直後、私は悲鳴を上げながらバックヤードの通用口から飛び出し、急いで外にいる代表を呼びに行ったんです。

その日、私は怖くてお店には戻れず、そのまま家に帰らせてもらいました。

あの異様な気配は一体何だったのか?
ただの私の勘違いだったのか…

後日、気になった私は、先輩の女の子から話を聞いたのですが、何年か前に店の近所で車が暴走し、何人もの人が巻き添えになって亡くなった大きな事故があったそうです。

店の近所で暴走事故
image photo

それが原因かどうかは正直分からないそうですが、その事故以来うちのお店では、誰も入店していないのにチャイムが鳴ったり、無人の店内でしょっちゅう物音や人の気配がするようになったとのことでした。
霊感のある女の子なんかは体調を崩したりもしていたそうです。

その後、私が同じような体験をすることはありませんでしたが、思い返してみると、以前お客さんから、

「このお店、いるよ」
と言われたことがありました。

その時は冗談半分でからかわれているだけだろうと全く信じていなかったのですが…

今思えば、本当にあのお客さんにも、何か見えていたのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました