【怖い話】心霊実話|長編「俳優の幽霊」東京都の恐怖怪談

投稿者:kazu さん(40代/男性/自営業/兵庫県在住)
体験場所:東京都新宿区 Kホテル
東京都:俳優の幽霊

この話は、私の友人が実際に体験した話です。

今から10年ぐらい前、友人のA君は仕事の関係で東京に住んでいました。

仕事も順調で、充実した東京での生活を送っていたA君はある時、Bさんという女性と知り合い、交際する事になったんです。

Bさんは結構な美人で、年齢は30歳、飲食店で働く明るい女性でした。

休日はデートを重ね、二人の仲は急速に縮まっていきました。

交際から一ヶ月が経った頃でした。

二人は夜に食事をした後、ホテルに宿泊することにしたんです。

そのホテルは東京の新宿にある「Kホテル」というところでした。

夜の9時頃にチェックインをして、ボーイに案内されたのは20階の部屋でした。

窓の外を見ると目の前には美しい東京の夜景が広がっており、二人はそんな綺麗な光景を一緒に見られたことに感動したそうです。

まずは少しくつろごうとテレビを点け、少し小腹の空いたA君はルームサービスでお寿司を頼みました。部屋に届けられたお寿司を食べながらお酒を飲み、二人で楽しい時間を過ごしていました。

しかし、チェックインから一時間ぐらいした頃から、部屋に異変が起こり始めました。

突然『プチッ』とテレビの電源が落ちたんです。

「あれ?何これ…」

A君は不思議に思いながらもう一度電源を入れると、テレビは普通に点いたのですが、また1分ぐらいしたら『プチッ』と電源が落ちるのです。

テレビの音と一緒に部屋にも急に沈黙が走ります。

「…あれ、おっかしいな。故障かな?」

なんだか気味が悪くなりましたが、狼狽える様子をBさんに見せないように、A君は出来るだけ明るく振舞っていると、『プツッ』と、今度はテレビが勝手に点くのです。

「何だろ・・・これ・・・」

部屋にはどことなく重苦しい雰囲気が立ち込めてきます。

さっきまでの楽しい気分は嘘みたいに消え失せ、どことなく気まずさすら漂う雰囲気に耐え切れず、

「ちょっと、風呂、入ってくる…」

A君はそう言って浴室へ向かいました。

すると、

「ぅわーーーー!!!」

突然A君の叫び声が聞こえ、驚いてすぐに浴室に向かったBさんも、その光景を目にして言葉を失いました。

浴槽には、真っ黒なお湯がたゆたっていたそうです。

真っ黒なお湯から立ち上がる湯気をしばらく呆然と見つめ、ハッと我に返ったA君がフロントに電話をかけると、直ぐにスタッフが駆け付けました。

浴槽の中を見たスタッフも、その強烈なお湯の色に顔をしかめ暫く訝しんでいましたが、やがて気を取り直してお湯を流し、黙々と隈なく浴槽を掃除し、再び新しいお湯を張ってくれました。

さっきまで訳の分からない真っ黒いお湯が張っていた浴槽に、身を投じるのは若干気が引けましたが、これまでのモヤモヤした嫌な気分を払拭する為にも、A君は思い切ってお湯に浸かりました。

浸かってみると当然お湯は温かく、A君も少しは心が晴れるような気持ちでユッタリしていると、

『パチンッ』

今度は急に風呂場の電気が消えたんです。

ビクッとしたA君は直ぐに湯舟から上がり、外に出てスイッチを押すのですが、全く電気が付きません。

パチンパチンと何度スイッチを押しても浴室の電気は反応せず、何となく慌ただしい様子が気になったBさんが浴室に来た途端、パッと電気が点いたのです。

「なんか、この部屋、おかしくない…?」

足元からスーッと寒気を感じた二人は、早いとこ眠ってしまおうとベッドに入りました。

ですが、二人が寝静まった深夜12時頃のことです。

何かが動く気配を感じてA君は目を覚ましました。

「んん…なんだ…?」

ゆっくりと目を開けると、ベッドの前のカーテンがバサバサとはためいているのが分かります。

「なんで窓が開いてんだよ…」

と一瞬思ったのですが、寝る前に窓は開けていませんでしたし、Bさんが開けたとも考えずらいです。

徐々に意識がはっきりしてきたA君は、先ほどまでの一連の怪現象を思い出して再び怖くなり、ギュッと目を固く閉じました。

(早く寝よう、寝よう、寝よう…)

そう思えば思う程、意識は更にハッキリしてきて、カーテンがバサバサとはためく音も一層強くなってきたように感じます。

気になってどうしても眠れないA君は、怖くて隣で寝ているBさんを起こし、

「ねえ、あのカーテン、バサバサと勝手に動いてるよ…」

怯えるようにそう伝え、二人で暫くカーテンを見つめていました。

まるで風が吹いているかの様に動いているカーテンは、徐々にその動きを強めていきます。

「もしかしたら、本当に窓が開いているのかもしれない…」

そう思ってA君は、意を決してベッドから降り、カーテンに近付いていきます。

バサバサとたなびくカーテンの隙間から、その奥の窓を見ると…

やっぱり窓はきっちりと閉まっていて、鍵までされていました。

もちろん部屋の中は無風です。
それなのにカーテンはベッドの方に向かい勢いよく舞っているのです。

「じゃあ、なんで…」

A君がそう思った次の瞬間…

カーテンの奥に閉まる窓の外を、人が落ちていったんです。

「え!?」

大人の男性らしき人物が、落下して行く姿をA君は確かに目にしました。

「上から人が落ちて来た。自殺だ。どうしよう。」

そう言ってパニックになるA君。

いつの間にかカーテンの揺れは治まっていました。

とりあえず早くホテルの人に伝えようと、A君は急いで1階のフロントに行きました。

「今さっき、人が上から落ちて来たみたいで、飛び降り自殺だと思うんだけど…」

フロントにそう伝えると、スタッフも慌てた様子で急いでホテルの外へ確認に向かいました。

A君もどうしていいか分からず、何となく流されるようにスタッフに付いて外へ出ました。

慌ただしく何名かのスタッフがA君の部屋の真下に当たる場所を確認しています。

ですが、飛び降りた人物はもとより、辺りにはそんな形跡は一切見当たりませんでした。

「お客様…目の錯覚じゃないですか?もしかしたら…夢とかでは?」

(いや…そんなバカな…俺は確かに見た…)

そう思ったのですが、確かに外には何の形跡もありません。スタッフにそう言われるのも当然かと思い、A君は黙ってトボトボと部屋に戻りました。

翌日、朝早にA君はBさんと一緒にホテルを出たそうです。

週が明けてA君は、ホテルでの奇妙な一連の体験を会社の同僚に話してみました。

すると1人の同僚が『Kホテル』という名前を聞いて、あることに思い至りこう言ったのだそうです。

「Kホテルって、確か俳優のOが飛び降り自殺したホテルだよな。ほら、あの刑事ドラマとかに出ていた2枚目俳優が…もしかしたら、Aが部屋の窓から見た男って、その俳優なんじゃないか?」

「今も飛び降りを繰り返してるってこと…?」

予想外の話にA君は思わず口からそうこぼれ、すぐにネットで検索してみました。

すると、1983年のことでした。
俳優のOさんが『Kホテル』の最上階から飛び降りて自殺したという事実を知ったんです。

「やっぱり、窓の外を落ちていったあの男性は、俳優のOさんだったのかもしれない…」

と話してくれたA君の、真っ青になった顔は、今も忘れられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました