【怖い話】人間が一番怖いと思う実話|短編「思わぬ人に出会うということ。」栃木県・千葉県の恐怖体験談

投稿者:枝毛星さん 42歳/男性/会社員/千葉県在住
体験場所:栃木県日光東照宮~千葉の自宅

先日、彼女と栃木県日光市の東照宮へ旅行に行った時のことです。

ちょうど記念写真に絶好の場所があったので、私たちは誰かに写真を撮ってもらおうと、そこにいた女性に声をかけました。

その女性は青いワンピースが印象的な女性でした。

青いワンピースの女性
image photo

どうやら一人でいらっしゃっている様子だったので声も掛けやすく、私たちは何の気なしにその女性に声をかけ、写真を撮ってもらうことにしたのです。

私はスマホを差し出し「ここ押してください」とお願いしました。
するとその女性は何も言わず、無言のままスマホを受け取りました。

普通ですと、その後「はいチーズ」などといった掛け声をかけシャッターを切ると思うのですが、その女性は何も言わずに、ただ私たちの方にカメラを向けたまま静止しています。

『パシャリ』

突然シャッターが切られました。
本当に今撮ったのかどうなのか分からない程に突然で、私たちは一瞬たじろぎました。

(この人、なんか…おかしいよね?)
などと彼女とコソコソ言っておりましたが、人様に撮ってもらっている以上、文句も言うことなく、ただそっとスマホを返してもらったんです。

確認すると写真は意外と良い出来だったので、私たちは「ありがとうございます」と軽く頭を下げ、そそくさとその場を後にしました。

なんとなく薄気味悪い印象の女性でしたが、楽しく彼女と旅を続けるうちに、そんなことはすっかり忘れていました。

それからしばらくして、私は千葉でいつも通りの生活を続けていたある日のこと。

その日、出かけようとマンションのロビーを通り出入口に向かうと、オートロックの扉の前に一人の女性が佇んでいました。
その女性は何を言うわけでもなく、こちらを見ているだけでした。

(ロックが解除できないのかな?)
と思った私は、

「開けましょうか?」
と声をかけました。

しかし、その女性は何も言いません。

(あ!?)
そこで私は気付きました。
(あの時の女性だ…)

あの時の女性
image photo

女性はあの時と同じ青いワンピース姿で、あの時と同じように私の声かけに一切反応を示しません。

その顔は私に向けられているようでしたが、視線は明らかに虚空を見つめています。
そんな状態でただそこに佇んでるんです。

(何なんだよ、こいつは…)

気味が悪くなった私は、足早に出入り口に向かいその女性の横を通り過ぎようとしました。
そのすれ違いざまです、

「…みつけた」

見つけた
image photo

私に聞こえるか聞こえないかの小さくか細い声でそう言ったのです。

一気に粟粒のような鳥肌が立ちました。

すぐにロックを解除し、慌てて外へ飛び出した私は駅までの道を走りました。

(「見つけた」って、どういうことだよ…)
そんなことを思いながらも、小一時間ほどで用事を済ませ、恐る恐るマンションに戻ってみると…

女はいない
image photo

女の姿はなくなっていました。
それ以来、幸いその女の姿を見かけてはいません…

…ですが、見つけて終わりってことがあるんでしょうか?
そもそも「見つけた」ってどういう事なんでしょうか?
私を探していたという事なんでしょうか?
なぜ私を探していたんでしょうか?

私を見つけて何をしようとしているのか…
あの日以来、どこかからあの女に見られている気がして落ち着きません。

思わぬところで思わぬ人に遭遇したりすることはありますが…
本当に思わぬ人に遭遇する時って、きっと自分は探されてるんですよ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました