【怖い話】実話怪談|短編「9月の音」和歌山県の心霊体験談

投稿者:こぶ さん(30代/女性/主婦/和歌山県在住)
体験場所:和歌山県岩出市の自宅

もう随分前の話になります。

30年近く前のお話ですが、よろしければお付き合い下さい。

これは、当時私が住んでいた和歌山県岩出市の自宅での出来事です。

現在は結婚して家を出たので住んでいません。

両親と3歳上の兄、私を含む4人家族でした。

家庭内も良くあるとっても仲良し…とまではいきませんが、喧嘩もありましたが程々に幸せな家庭でした。

私が小学校3年生の頃に父が新築で一軒家を購入し、この街に引っ越してきました。

それまではマンション暮らしで決して広いとは言えない住まいでしたが、新しい家は、ごくごく一般的とは言え4LDK2階建の一軒家で、何より兄も私も自分の部屋をそれぞれ貰える事をとても嬉しく思っていました。

新築一戸建て
image photo

引っ越しは学校の新学期に合わせてくれていたので、住み始めたのは3月からでした。

引っ越し作業も1ヶ月ほどすれば随分と片付き、新しい生活は希望で満ち溢れていました。

ですが…これから毎年9月が何かと苦労の多い月になってくる事は、この時、誰も思いもしていませんでした。

新学期も始まり学校にも慣れ、楽しい生活が始まりました。

そんな暮らしの中で、春が過ぎ、夏がやってくる頃から、私は家の中で『ある音』を耳にするようになりました。

その音というのは、みなさんジッポライターを開け閉めする音はお聞きになった事はありますか?

『カチンッカチンッ』と金属の歯切れのいい音です。

ジッポライター1
image photo

その音を、夜のトイレでよく耳にするようになったんです。

父はその頃には禁煙していましたが若い頃はタバコを吸っていたので、家にライターがある事は私が小さい頃から当然の事でした。

なのでその音は(父がライターをいじって遊んでいるんだな~)と思っていました。

『カチンッカチンッ』

はじめは耳にすると(あー鳴ってるな~)と気にはなりましたが、月にすると約半分、2日に一回は聞いていたので、そのうち気になる事も無くなりました。

そして時が流れ9月のこと…

夜、家の電話が鳴り、母が緊迫した様子で受け答えしているので、私は子供ながらに何か大変な事が起きたと感じていました。

それは病院からの電話でした。

父がバイクに轢かれて左足を複雑骨折し、手術になるとの電話でした。

バイク事故
image photo

母と兄と私の3人は急いで病院に向かいました。

幸い命には別状無く、現在も朝の寝起きでは足に痛みが残っていますが、リハビリの甲斐もあり、生活に大きな不自由は無く暮らしています。

そんな家庭内での大きな事件がひと段落し、あの『カチンッカチンッ』の音すら気にする事無く時が流れました。

そして春が過ぎ、再び暑くなり始めた頃、

『カチンッカチンッ』

またジッポライターの音が聞こえ始めたんです。

ジッポライター2
image photo

(そういえば久しぶりに聞いたな~)

その年、それを初めて聞いたのはトイレではなく階段でした。

(トイレ以外で聞いたのは初めてかもな~)と感じた事を覚えています。

それからまたトイレ、階段と、よくこの音を耳にする様になりました。

今思えば、何故家族に話さなかったのか不思議なのですが、当時はそんな気は微塵もありませんでした。

そしてその年も9月に入り、母方のおばちゃんが倒れ入院したんです。

脳梗塞で緊急手術となったものの、予後が悪く2週間でこの世を去ってしまいました。

お婆さんの葬式
image photo

それまでいつも元気なおばちゃんで、亡くなる予兆も無かったので、おばちゃんの死を受け入れるまで時間がかかったものでした。

今思えばですが、この後『カチンッカチンッ』という音を、また聞かなくなっていました。

おばちゃんの知り合いの方が、巡り巡った噂で亡くなった事を聞きつけて、我が家を訪ねて来てくれたのが半年後くらいの事でした。

この方、霊感を持たれている方でした。

お茶をお出しし、色々思い出話に花を咲かせた後、この方は母だけを誘い外に連れ出して行きました。

後に母から聞くと、その人にこんなことを告げられたそうです。

「家の中に、片手にジッポライターを持った男性の姿がある。」

ジッポライターを持った男がいる
image photo

私は一気に身の毛がよだつ感覚を覚えました。

(あの音は・・・)

母もそれを聞いた時、全身の血の気が失せる思いだったそうです。

母もその音を聞いていたのです。

その事がきっかけとなり、家族内で初めてその音について話し合いました。

家族全員、場所は違えど、家の中でその音を耳にしていたのでした。

その後、すぐに家をお祓いして頂いたおかげか、その音を聞くことはなくなりました。

家をお祓い
image photo

ですが、原因は何も分からないままでした。

ジッポ―ライターの男は私達家族に災いをもたらす為に、年に一度あの家を訪れていたのでしょうか?

だとしたら、私たち一家とは一体なんの因果があって…

そしてなぜ9月なのか…

その答えは今も全く分からないままです。

だから、今でも9月が近づくと不安が込み上げてきます。

(またあの音を耳にするかもしれない…)

今私は結婚して家を出ましたが、またあの家で音が聞こえ、家族の身に何か起こったらと思うと、正直お祓いしてもらった後も、ずっと9月が怖いままなんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました