【怖い話】実話怪談|短編「彼の匂い」岩手県の心霊体験談

投稿者:ハピコ さん(40代/女性/フリーランス/岩手県在住)
体験場所:岩手県内の友人宅

友人と友人のお姉さんが体験したお話です。

その友人一家は霊感があり、時々怖い体験談を聞かされます。

その中でも私が一番怖かった話です。

友人のお姉さんが当時お付き合いしていた男性がいたのですが、お付き合いを始めた頃はとても良い人だったらしく、友人も友人の家族も男性の事を気に入り、家族ぐるみで楽しく過ごしていたそうです。

家族ぐるみ
image photo

ですが、お付き合いも進み、徐々に彼の本性がチラチラと出てくるようになり、お姉さんを悩ませ始めました。

嫉妬や独占欲、毎日何をしているかチェックするような電話が頻繁にきたり、家に来た時はこっそり下着をチェックするなど…

お姉さんは凄く綺麗でスタイルもよくモテるため、彼の気持ちも理解はできますが、お姉さんからすると鬱陶しい存在になってしまったようです。

彼はお姉さんよりも10歳以上年上で容姿も普通、すべて普通の男性。何故お姉さんと付き合うことになったのか疑問です。

そんな彼だから、お姉さんを離したくない気持ちも分かりますが、その行為はやり過ぎでした。嫌われるのも当然かもしれません。

粘着質な彼の本性を知り、お姉さんが別れを考え始めた頃、彼は自分に対するお姉さんの態度の変化や、関心が薄れてきていることに気づき始めたようでした。

彼が嫌になってきた
image photo

彼と別れようか悩んでいたお姉さんは、妹や家族にも相談していました。

妹の意見も家族の意見も全員一致で「別れたほうが良い」との結論になりました。

そんなある日のこと。

お姉さんが自宅でくつろいでいると、ふっと『彼の匂い』がしたそうです。

彼の匂い
image photo

お姉さんは(気のせいかな?)とも思いましたが、まだ別れていなかった彼の荷物が家にあり、その匂いが風で流れてきたのだろうと考えたそうです。

その後、徐々に匂いがする事が増えてきたそうです。

しかも、その匂いを妹も感じ始めたそうです。

ちなみに妹は、お姉さんとは別で暮らしています。

なのに、どこからともなく漂う匂いを不思議に感じていました。

ある時、お姉さんが匂いについて妹に相談し、姉妹そろって同じ匂いを感じていることに驚きゾッとしたそうです。

驚く二人
image photo

もし仮に、匂いの対象が亡くなった方ならば、幽霊になって出てきたとも思えるのかもしれません。
ですが彼は普通に生きています。

普通にお姉さんのところに遊びに来ては、普段と変わりなく接していたようです。

この匂いの事もあって、彼はますますお姉さんにとって悩みの種となってきたのですが、なかなか別れを切り出せずにいました。

その間も匂いは続き、時には匂いが余りに強すぎて、寝ていたお姉さんが気が付いて起きてしまうようなこともあったそうです。

そんな事が頻繁に起こり疲れてきた頃、思い切って彼に「匂い」について話したそうです。

彼は驚いていたそうですが、本人にも訳がわからず困惑していました。

分からない彼
image photo

その後も同じように『彼の匂い』に悩まされ続け、お姉さんは日に日にやつれてきていました。

お姉さんに比べると頻度は少なかったようですが、やはり妹の方にも匂いは現れ続けていたようです。

そんな中、別れを切り出す決定的な事が起こりました。

その日もお姉さんは怯えながら床に就きました。

すると、やはりいつものように彼の匂いがやってきました。

ですが、今回はそれだけではなかった…

匂いと共に彼が現れました。

お姉さんに馬乗りになり首を絞めてきたのです。

首を絞められる
image photo

翌朝、鏡を見てお姉さんは呆然としました。

「夢ではない…」

首に絞められた痕がはっきりと残っていたのです。

首絞め痕
image photo

すぐに妹のところへ相談に行き絞められた痕を見せ、そのまま彼に連絡し別れを告げたそうです。

ですが…

これでこの現象が終わるかと思い安心した頃、今度は妹のところへ再び匂いがやってきました、それまでに感じた事のない強い匂いが…

妹も怯えて彼に連絡し全てを話しましたが、彼には相変わらず訳が分からなく、意識的に何かを飛ばしている訳でもない事を訴えたそうです。

その後、妹も、夜中に彼に馬乗りになられ、両腕をがっしりと捕まれたそうです。

翌日、私が遊びに行き、その話を聞かされ腕を見せられました。

本当に痕がくっきりと残っていました。

腕の痕
image photo

因みにその後は徐々に匂いが漂う回数も減り、今はなくなったそうですが…

霊感が無い私にはとても信じられない出来事です。

生き霊って本当にあるんですね。しかも生き霊を飛ばしている本人に自覚がないのでは対処のしようもないですし…

「知らないうちに自分も、生き霊としてどこかに現れているのかもしれない…」

そう思うと、背筋がゾクッとしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました