【怖い話】実話怪談|短編「念願の幽霊」神川県の心霊体験談

投稿者:ロッコ さん(39歳/男性/会社員/山口県在住)
体験場所:神奈川県K市 N駅近く

私が大学生の頃の話なので、今から約17年位前に体験したことです。

私は昔から怪談や心霊写真といった所謂オカルトに興味をを持っていました。
特に霊感というものもありませんでしたし、地元の山口県にある心霊スポットに夜中友達連中と肝試しに行っても、特に何も感じることはありませんでした。

地元で肝試し
image photo

大学生になり、地元を離れて神奈川県のK市で一人暮らしをするようになると、いつの間にか私の部屋は友人達のたまり場となっていました。

そんなある夏の日。
特に仲の良かった友人(仮にAとBとしますが)と、私の部屋で相変わらずまったりと3人でドリームキャストのテニスゲームをしていました。
時刻は夜中12時を過ぎ、コンビニで買い出しをするために3人で家を出ました。

コンビニへ向かう3人
image photo

するとAが、
「そう言えば、N駅から10分くらい歩いた所に廃病院があるんだ」
と言いました。
当然のごとく食いつく私、その足で行ってみようと即決しました。

というのも、私以外の2人も超がつくほどのオカルト好き。
特にAに関しては霊感があるようで、よく2人で歩いていても何もないのに横に避けるので「何してんの?」と聞くと、「ああ生身とちゃうんかいな」なんて関西弁で話したりするんです。
怪談話でよく聞くようなシチュエーションを実際に実行する奴いるんだなと思ったりもしたのですが、A自体がとても僕と馬が合う奴だったので、避ける度に「どこにいるの?」などと聞いたりしていたものです。

Bはオカルト好きというよりも「怖いけど見たい…」とうような感覚で、僕らに同行する奴でした。

この3人で関東近郊の、徒歩や自転車でいける範囲内の心霊スポットにはよく行っていたのですが、少なくとも私は特に不可思議な体験をしたことはありませんでした。
もしかしたら、Aは感じていても口に出さなかっただけなのかもしれませんが…

心霊スポット巡り
image photo

少し話はズレますが、私のオカルトの目標は、いつか自然に幽霊と話をして、あの世があるのかを確かめることです。
「人が死んだらどうなるのか?」
それを話してくれる幽霊を探すことを目標に、心霊スポットに足を運んでいました。

話を戻して、結局夜中の1時前くらいに目的地の廃病院にたどり着きました。
全く灯りがないその廃墟は、中規模病院くらいの大きさです。

廃病院
image photo

何年か前に既にその建物は取り壊されたと聞きました。ですが私たちが訪れた当時は、建物もそれほど朽ちてはおらず、まだ使えそうな建物という雰囲気でした。
現在であれば警備会社などが入って、敷地に入ればブザーが鳴ったりするのでしょうが、当時はそんなものを廃墟に設置するような時代ではありませんでした。

それまでいくつもの心霊スポットに行っていたので、スポット自体に恐怖を覚えることはほぼなかったのですが、この廃病院に関しては、入る前から少し怖さを感じました。
その原因は、Aが入る前に立ち止まったからです。
僕以上に物怖じしないAは、毎回先陣をきって入っていくタイプだったのですが、この廃病院では入口付近で既に足が進まなくなっていました。

「ここは今までと次元が違う…」
とかなんとか、Aがブツブツ言い始めたのを鮮明に覚えています。

ビビる友人A
image photo

そんなこと初めてだったので、3人で気合を入れ直し、1階だけ周って残りは後日、明るい時に探検しようと話がまとまりました。

怪談話ってクライマックスで幽霊が出てくるじゃないですか。
しかし、私の体験ではすぐに出てきます。

入口のガラスがない部分から入ってすぐの場所が恐らく待合室だったのですが、そこに入院患者が着る青のボーダー柄の服を着たおじさんが、一人で座っていました。

老人の幽霊
image photo

「マジ?」
初めて見えた幽霊に興奮してしまった私を尻目に、まずBが一目散に逃走。
Aも僕の手を引っ張って出ようとするのですが、「幽霊と話がしたい!」というオカルト目標を達成したくて何とか粘ろうとする私。

ただ興奮のせいか恐怖のせいか声が出ません。
実際に生々しい幽霊を目にすると声が出せないんです。

その後の私達はBを追いかけてダッシュ。
N駅までノンストップで駆けて行きました。

ダッシュで逃げる
image photo

もしかしたら実際の人間だったのかと思うほど、患者服のおじさんは鮮明でした。
ですがそれ以降、昼間に2度程その廃病院を訪れてみたのですが、おじさんはもう出てきてくれませんでした。

「一体あのおじさんは何だったのか…」
と不気味に思う反面、
「惜しいことをした…」
と、今でも思い出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました