【怖い話】心霊実話|短編「蠅取り紙」長野県の恐怖怪談

投稿者:かる さん(50代/男性/会社員/神奈川県在住)
体験場所:長野県軽井沢町の某コテージ
長野県:蠅取り紙

これは私が学生時代の頃、アルバイト先にいた社員のAさんから聞いた話です。

Aさんは大学生の時、テニスサークルに所属していました。

大学三年生のある時、サークルで仲が良かった友人3人と一緒に、合計4人で軽井沢のコテージを借りて旅行に行ったのだそうです。

車1台に4人で乗り込み、軽井沢に向かう車中はワイワイ楽しく、あっという間に現地に到着しました。

チェックイン出来るのは15時以降という事だったので、昼前に到着した4人はテニスコートを借り、少し汗を流してからコテージへと向かったそうです。

受付を済ませ、4人用コテージの中に入ってみると、広い部屋の両サイドに二段ベッドが設置してあり、真ん中には大きなテーブルが置いてあります。

「お!いい部屋じゃん!」

荷物を下ろし、4人ははしゃぎながらそれぞれのベッドを決め、改めて部屋の中を見回すと、少し高めの天井に、何枚かの蝿取り紙がぶら下がっているのに気が付きました。

だらしなくぶら下がったそれは、なんとなく綺麗な部屋には似つかわしくないと感じましたが、高原の夜は蚊や蠅も多いのだろうと、別段気にすることもありませんでした。

一通り部屋も見終わり、ちょっとゆっくりしようとした時、友人のB君がどことなくソワソワして、居心地悪そうにしていることに気が付いたそうです。

「どうかした?」

そう声を掛けるとB君は、

「うーん…なんかこの部屋、ちょっと変な感じがしないか?」

と、B君本人も何が変なのかは分からないような感じで、ただどことなく落ち着かな様子なのです。

ですが、Aさんも他の2人も特に違和感は感じず、

「いや、別に?」

と答えると、

「そう、だよな…」

と、B君は何か納得いかないような歯切れの悪い返事をします。

…部屋に一瞬、妙な沈黙が走りました。

ですが結局、原因も何も分からないような感覚を気にしても仕方がないと言うことで、気を取り直して4人はお酒を飲みながら色々な話をしたり、ゲームをしたりして、とても楽しい時間を過ごしました。

夜も更けてきた頃、Aさんは立ち上がり、

「ちょっとトイレ行ってくるわ」

そう言って外に出ました。

このコテージに一点だけ難があるとすれば、部屋にトイレが付いていない事でした。

トイレは外の共同トイレを使う必要があり、そこはコテージから少し離れた場所にあります。

一人でトイレに向かったAさんは用を足して、数分後にコテージに戻りました。

そして玄関を開けた瞬間、Aさんは妙な違和感を感じました。

さっきまでみんなでワイワイ騒いでいたはずの部屋が、水を打ったように静かになっているんです。

「…どうした?もう寝たのか?」

と声を掛けながらAさんが部屋に入ると、残っていた3人は皆、怯えた表情をして天井を見上げています。

「…どうしたの?」

と、妙な雰囲気を気味悪く思いながら聞くと、

「うえ…上を見てみろ…」

そう言った友人が指差す方を見上げると、来た時にはぶら下がっていたはずの数枚の蠅取り紙が、全部天井にべたーっと張り付いているんです。

窓は少し開けていたものの、蠅取り紙が天井に張り付くほどの強い風は吹いていません。

そもそも、それぞれの紙は一定の方向ではなく、全部バラバラの方向を向いて張り付いており、風による現象とは考えにくい状態です。

「なに…これ?一体いつからこうなってたんだ?」

とAさんが聞くと、

「分からない…Aが出て行ってから、ふと天井を見上げたら、もうこうなってたんだ…」

誰かがそう答える間も、天井を見上げたままの4人はみんな、到着した時にBが言っていた言葉を思い出していました。

「この部屋、変な感じしない?」

なんだか4人とも急に気味が悪くなり、

「もう…寝ようぜ」

と、誰からともなく、それぞれベットに潜り込んでいきました。

翌朝、何となく昨晩の気持ち悪さを引きずっていた4人は、早々にコテージを出て家路に付いたのだそうです。

それから数日後。

また4人で集まって話していると、話題は当然先日の旅行の話になります。

気味の悪い体験ももはや過去のことですので「あの時は少し怖かったよなぁ」程度のことで、すでに笑い話として話していると、

「そう言えば、旅行の写真持ってきたよ!」

と、使い捨てカメラを持っていって、勝手にパシャパシャと写真を撮っていた友人が言いました。

「お!いいじゃん!早く見せて!」

と、みんなで写真を見ながら旅行のことを思い出して笑っていると、

「あれ?これ、すごくいい感じじゃない?」

と、一枚の写真を指差して友人が言いました。

「お、ホントだ!いいじゃん!」

みんな口々にそう言いながら見ている写真には、4人がカメラを意識することなく自然な感じで会話している情景が写されていたそうです。

「写真、撮られてるの誰も気づいてない感じだよね。」

と一人が言うと、Aさんはあることに気が付いて背筋が凍りました。

「でも、これ・・・誰が撮ったの?」

「え?・・・」

みんな笑った顔のまま、どんどん血の気が引いて行くのが分かりました。

写真には4人全員が自然な表情で写ってます。
使い捨てカメラなのでタイマー機能などもありません。

一瞬であのコテージで体験した不穏な空気が4人を包み込みました。

後日、みんなで写真を持参してお祓いに行ったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました