【怖い話】実話怪談|短編「臨海学校の寒い夏」岡山県の心霊体験談

投稿者:tantanたぬき さん(30代/女性/家事手伝い/岡山県在住)
体験場所:岡山県T市の某宿泊施設

これは私が小学生の時、臨海学校で体験したお話です。

1泊2日の臨海学校は、岡山県T市の海岸沿いの施設で行われ、日中はボート漕ぎをしたり夜には催しがあったりで、楽しい時間を過ごしました。

ただ、その臨海学校では『ある噂話』が生徒達の間で囁かれていました。

それは、宿泊する施設には、各部屋の窓から見渡せる広いグラウンドがあるのですが、その隅にあるトーテムポールの横に、夜中、女の霊が現れるというのです。

トーテムポールに現われる女の霊
image photo

私は幼い頃から、世間一般で言う『良くないもの』を、ボンヤリとですが見てしまう体質です。そのせいなのか噂を聞いていたからなのか、実際に日中、件のトーテムポールの近くを通った時、私は嫌な感じを覚えました。ハッキリとはしませんが、それは何となく湿った感じの気持ち悪い違和感でした。

夜になり、食事や入浴、夜の催しも終えて、各グループで大部屋に戻り就寝となりました。

ですが、クラスメートとのお泊りでテンションが上がっていたせいか、部屋を暗くした後も友達と色んな話をしていました。恋愛話や今日あった出来事、夏場という事で怖い話もしました。そのうち一人また一人と寝静まっていき、いつの間にか全員が寝てると言う感じで就寝したんです。

夜中、私はふと目が覚めました。

部屋には時計が無く、今何時なのかも分からないまま私は暫くボーッとしていました。

ふと気が付くと、寝る前には閉めたはずのカーテンが一部開いてユラユラと揺れていました。

(冷房を付けてるから窓は閉めたはずなのになぁ~。)

ボーっとした頭でそう考えながら窓に近付くと、校庭に何か見えました。

少し遠くて見えにくいのですが、それは黒いモヤをまとったような髪の長い女です。

それがユックリと、私たちがいる宿舎の方に向かって、一歩、一歩、と近付いて来るのが分かりました。

どうも全身が濡れているようで、その女が歩いた後は足跡の形で地面が黒く濡れていました。

近付いて来る女
image photo

その瞬間、私はトーテムポールの横に立つ女の霊の噂を思い出して一気に目が覚めました。

背筋に冷たいものが走り私は一思いにカーテンを閉め、頭から布団に潜り込みました。

(絶対に見たらダメなやつだ!)

そう直感で思いガクガクと震えていました。

どのくらい時間が経ったのでしょう…

少しずつ落ち着きを取り戻してきた私は、

(早く寝てしまおう。私は何も見ていない。大丈夫大丈夫…)

そう自分に言い聞かせながら目を閉じました。

無理にでも寝ようと頭の中で猛スピードで羊の数を数えていると、隣で寝ていた友達がバサッと寝返りを打ったのが分かりました。しかも息苦しそうに唸っている声も聞こえます。

私は薄っすらと目を開き、布団の隙間から外を覗き見ると、先ほど校庭で見た髪の長い女が友達の横に座っていました。

友人の横に座る女
image photo

ゾワッと全身に鳥肌が立ちます。

近くで見ても女の顔は黒いモヤをまとっていてハッキリ見えません。

あまりの恐怖に私はギュッと目を閉じ、

(私は見てない。何も知らない。私は無関係です。何も見てない。)

と、頭の中で繰り返しました。

すると、フッと女の気配がそこから離れたように感じました。

(よかった~)と、ホッと安堵の溜息をつくと、

『ペタリ…ペタリ…』

と、今度は部屋の中をユックリと歩く女の足音が聞こえ、再び私の体は硬直しました。

(こっちには来ないでそのまま部屋から出て行ってください。お願いします。)

と心の中で願った瞬間、布団の中に誰かの手が入ってきて私の手を優しく握られました。

入ってきた手
image photo

濡れたような少しふやけたような氷のように冷たい手。それは決して離れることないような、力ではない異様な強さを感じました。

極度の恐怖と緊張と諦めの中、私は気を失いました。

翌朝、目が覚めると私の手を握っていたものは消えていました。
部屋にはクラスメイトだけの穏やかな朝で、昨晩の体験は夢かと思いました。

ただ、私と隣の友達の布団、それに畳の所々が濡れていて、ほんのりと海水のような磯の匂いがしていたのを今もハッキリと覚えています。

あれはやっぱりみんなが噂していた幽霊だったのか…正直、私自身、今も判然としていません。

因みに隣で寝ていた友達は、臨海学校の翌日から1週間程体調を崩していました。

後になって聞いたのですが、その友達はあの日、夢の中でずっと、髪の長い女に『寒いです。』『寒いんです。』と、言われ続けたと話していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました