【怖い話】実話怪談|短編「覗く子供」千葉県の心霊体験談

投稿者:カナミヅキさん 20代/女性/イラストレーター/千葉県在住
体験場所:千葉県T市の某ショッピングモール内レストラン

今となっては懐かしく、けれど思い出すたびゾッとする、そんな私の実体験です。

あれは私が大学生の頃でした。
当時私は千葉県T市にある某有名ショッピングモール内にあるイタリアンレストランで、キッチンのアルバイトをしていました。

こじんまりとした店でしたが、地元のお客さんで賑わうレストランでした。

地元客で賑わうレストラン
image photo

とある平日、忙しいランチ時間を過ぎ、私一人でキッチンを任されていた時のことです。

レストランはランチ時間を過ぎればディナー時間までは混雑することもなく、店内は非常に落ち着いており、私は暇な時間を過ごしていました。

仕込みも終え、暇を持て余していた私が唯一時間を潰すことができるのは、キッチン内に設置された店内モニターでした。

飲食店のキッチンや裏方での勤務経験がある方はご存知かと思いますが、店舗によっては、キッチンでもホールの様子が分かるように店内モニターが設置されているんです。

ホール業務の方々が忙しい時には私達キッチンスタッフがすぐに補佐できるように、また、有事の際の証拠映像の撮影もかねて設置されているものです。

そんな店内モニターで、顔見知りのお客さんや、小さなお子さんを連れたお母さんがドリンクバー前に立っているのをぼんやりと眺めていた時、ふとあるものが目に入りました。

店は、ショッピングモールの通路とガラス張りで仕切られており、そのガラスの中央部にはフィルム装飾が施されているため、ショッピングモールの通路を歩く人々の姿は、店内からは頭部がほんの僅かに見える程度です。

その通路側の一人席に、通路に背を向ける形で50代の常連の女性(Aさん)が座っているのですが、その背後のガラスの上部から、Aさんを覗き込んでいる人がいるんです。

覗き込む誰か
image photo

(子供・・・かな?)
と思いました。

ランチやディナーの時間は非常に混雑するため、お客様にはご案内をお待ち頂くこともあり、そのため、並ばられるお客様のために、ショッピングモールの通路には、店に面して椅子を並べてあるんです。

お昼が過ぎた今のような時間帯に、お客さんがそこに座ることはまずないのですが、たまに買い物に疲れたご老人が座って休憩をしていたり、知らない子供が椅子の上に立って店内を覗き込んだりということは良くあったので、それほど気にしてはいませんでした。

ですが、しばらくモニターを眺めているうちに、ふと通路に並べた椅子の数が気になりました。

椅子の数は、レストランの入り口からスタートして、8個です。
Aさんが座っているのは通路側の一番奥の席で、わざわざ椅子を動かしでもしない限り子供が覗くことはできません。

それに、もう一つ疑問がありました。

私は最初(子供かな?)と思いはしたものの、断定できない理由がありました。
判別が出来なかったんです。

それは、真っ黒い服を着ていて、フードも被っているのでしょうか、顔も確認できません。
全体的に真っ黒で何も見えないのです。
真っ黒な何かが、Aさんを覗き込んでいたんです。

嫌な予感がしました。
冷や汗というものを初めてかき、初めて息が震えました。

その時、ホール業務から後輩のBちゃんが戻ってきました。
(…モニター越しだから真っ黒に見えているだけかもしれない。)
そんな切実な願いを抱き、私はBちゃんを手招きしました。

「Bちゃん、ちょっとちょっと」
「どうしたんですか?」

Bちゃんは明るく素直でいい子です。
そんな子に『そうかもしれないもの』を見せる事はとても心苦しかったのですが、声の震えを必死に抑え、私はモニターを指差しました。

「あの、黒い人。ずっとAさんのところにいるんだけど、何か知ってる?」

その瞬間、Bちゃんの表情が凍り付きました。
Bちゃんは徐々に瞳に涙を浮かべ、慌てて謝る私の手を無言で掴み、ホールの全貌が伺えるレジカウンターまで引っ張り出しました。

…Aさんの後ろには、誰もいませんでした。

誰もいない
image photo

子供も、真っ黒な何かも。
ショッピングモール内を歩く人の頭が見えるだけです。

ぞわぞわっと身震いし、嫌なものに取り憑かれたかのように、私とBちゃんはこっそりとキッチンへ戻りました。
そして恐る恐るもう一度、目の錯覚であってほしいと願いながら、ゆっくりとモニターを見上げました。

Aさんの後ろには、真っ黒な何かが、いました。

真っ黒い何か
image photo

「何で怖いもの見せるんですか!」
半泣きするBちゃんに、

「ごめんね、でもモニターの故障かもしれない。だって、いないんだから」
と自分にも言い聞かせるように必死に説明します。

実際にAさんの後ろには何もいなかったのだから、モニターの故障も十分考えられます。
私はBちゃんをそう説得し、モニターから目を逸らしたんです。

本当にそうだったら、どれほど良かったでしょう。

それから暫くして、Aさんがお会計を済ませ退店しました。
一応、再びBちゃんと一緒にモニターを見てみました。

「え!?」

誰も映っていない
image photo

そこには何も映っていませんでした。
ショッピングモール内を歩く人の頭が見えるだけの、いつも通りの一人席の映像でした。

「Aさんが、連れて行っちゃった・・・?」

その後ショッピングモール改装と同時にレストランは潰れてしまい、今ではAさんに会うことも、あのモニターを見ることも出来ません。

あれは一体なんだったのでしょうか?
Aさんとあの黒い影は、その後どうなったのでしょうか?

今となっては何も分かりませんが、
「もう二度と見たくない」
それだけは確かな、私の実体験です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました